俺は今、午前は社員さんに付いて行き卸業者の荷物を
集荷して回る作業。
午後からは受付でのテープ張りとトラックへの
積荷作業に勤しんでいる。

午前の集荷作業は棒立ちタイムを度々挟んでいるが
午後からの受付でのテープ張りは中々手を休める暇が無い。
さらに今日は特務として、重さ15kgある数の子が詰められた段ボールおよそ
200個分のテープ張りと積荷を命じられる。

この命には少し肝を冷やした。
テープ張りはビ~~~!、ビリビリビリビ~~~~!パツンと
伝票の上、そして箱(段ボール、スチロール等)の縁に沿って
張っていくだけなんだが問題は積荷だ。
200個仕上げる頃には全身が軋みを上げていた。

始まったのかもしれないな・・・・。


今日の棒立ち:約45分

今日もえっせと荷物を運んでいると、おや?

何やら市場の隅で小さな人だまりができている。
少し足を止め、様子を窺うと何やら救急車両や警察も居て
その中でおばさんがグッタリ横になってた。

どうもターレーと接触事故があったようだった。
ターレーとはこんな感じの車両で
ターレー
主に卸売り業者や仲買業者がこぞって市場内を乗り回している。
しかしここは市場内。
信号や車線が無いにも関わらず、あるいは無いせいなのか
業者たちは結構なスピードで人や他の車両を掻い潜りながら
走行していているのだ。
体スレスレでビュンビュンと通り過ぎてく様はちと怖いものがある。

業者たちは長年の運転と阿吽の呼吸みたいな感じで
運転してるんだろうが、それでもこうやって事故は起きる。


社員さんと初めて場内を回った際、最初に言われた言葉が
‘ターレーには気を付けろ‘だったと、ふと思い出した。

今日は宅急便休み。

豊洲市場は水曜・日曜は商いを閉めているようで
その日が自然、宅急便も休みとなる。

1年前に新宿で働いた宅急便では365日休み無しで
回してたようだったけど、同じ会社といえど場所によって
労働条件は変わってくるんだな。
社員の人が言ってたが、ここは宅急便の中でもかなり
特殊な部署になるらしい。
なんせトラックも運転しないからな。

1年前と比べてかなり勝手は違うが、まあ悪くはないと思っている。

数日前、親切女性とのメール内でのやり取りで
返信を誤ってからというもの力が入らない。
1kgに満たない荷物を持つのにも、手や腰がプルプルと震え
上手に運べなくなっている。

俺はこのまま親切女性に、理解の足りない、話しててもしょうがない奴と
して見限られてしまうのか・・・。
否!!違う。
答えを導き出し、再度メールを送ればきっと見直してもらえるはず!!。

ということで、親切女性からのメールを書こうと思う。
こういうことだろ、こうなんじゃない?と、この内容をみて思った人は
コメント欄や掲示板に書き込んでくれると非常にありがたい次第だ。


何だろう、私は女子大卒なんだけどそう言うと男性から
モテたいと勘違いされることがあるけど、その勘違いが
男性にとっては命取りになるのかもしれないです。

この話をして、あー分かるってなると
個人的にはうれしいんだけど。(笑)

母校は女子大の中でもそれらしく無いと言われる学校だけど
ある意味分かりやすく優しくしてあげているんだよって
内心叫んでます。

ヒント
女子大と共学の両方に勤めた経験がある先生は
たぶん分かっていると思うよ。
女子大に勤める先生も、可能な限り長く勤めたいと思うのは
そう言うのを分かってるからなのかな?

宅急便の仕事を始めて、もう一週間が経とうとしている。
が、未だ棒立ち時間は減らず俺要る?という疑問は
拭い切れてないのが現状だ。

現在、社員さんと市場を回って業者からの荷を預かる
集荷作業というものを行なっている。
台車を引いて荷を預かっていくんだが、台車が荷物で一杯になると
受付に持って帰らなければいけない。

社員さんからは受付に荷物を落としたらこの辺で待ってて
と言われ、荷物を落としこの辺に戻る。
しかし、10分・・・20分・・・待てども全然社員さんは現れない。
市場内には仕事している業者や客?などたくさんの人が
行きかっている。
ただただ突っ立てると、あの人なにやってんのというような視線
を感じ、近くに店を構える業者からは兄ちゃんヒマそうだなwwという
冷やかしまで受ける始末。

このような場面が1日2,3度あるので初日と変わらず
相変わらずトータル1時間位棒立ち状態だ。
くっ。



昨日、親切女性から送られてきたメールに応えるべく
俺の脳ミソのどこか奥底に、スプーン半掛け分でもいいから
こびり付いてるかもしれない正しい‘答え‘を探すべく頭をフル回転させ
さらにグーグル先生、ヤフー先生の力も存分に借りて返信した。

が、的を得てなかったのだろうかヒントという題が付いた返信がさらに来る。
・・・・・分かんねえ。分かんねえよ。
お手上げだったのでどういうこと?と送ると
大学行ってないから分からないか、もうメールするの疲れた。
休ませて下さいという返信が返ってきた。


終わった。すべてが終わった。
終わり切った・・・・。



今日は宅急便休み。

3日ほど前に親切女性さんからメールがきて
ちょこちょことやり取りをしている。
しかし、やはり本調子じゃないのか
??というような内容もあり、少し返答に困るような
状態になるときがある。

そして今日、大学女性に関しての問い掛け文みたいな
メールが送られてきた。
これが分かれば嬉しい、という言葉も添えて。
大学・・・女性・・・ってどっちも経験値0じゃねーか!
くそう、嬉しく思われたい・・・!!
だがこれは俺にとって高等数学の問題を突き付けられたに等しい!!!


10代20代、ほとんどニート生活を送ってきた俺。
あまり悔やむ事は無かったが、今日ほど省みた日も無い。

宅急便の仕事も3日目に入った。

今日は受付でテープ張りをしてるだけじゃなく
台車を押して社員の人の後ろに付いて行き
集荷作業を手伝った。
といってもやることは変わらずほぼテープ張りだけど。

市場内を散策するのは初めてだったんだが
ほんとデカイとこだ豊洲市場は。
この荷物一旦受付に持ち帰ってと言われても
社員の人が居ないとすぐ右も左も分からなくなる。
案の定迷ってウロウロしてたら、とある店先に置いてある
甲イカがたくさん入った発泡スチロールに台車をぶつけてしまい
ひっちゃらかしてしまった。
しかし、早く荷物を届けたかったので放って立ち去ろうとすると
待てコラェェェーーーー!!!と後ろから怒声が。
店先の店主が気付いたようでえらく怒られ
スンマセンスンマセンと平謝りして甲イカを段ボールに戻す。
ったく、そっちこそこんな狭いとこに置いてんじゃねーよとブチブチ
思いながら・・・。

こんな風に、鮮魚市場という事もあって場内は
海の荒くれ物が多数いるようだ。
下手な事すると魚の餌にされそうな雰囲気である。

今日は宅急便休み。

部屋でゲームしながらゴロゴロしていると
ビローンというメールの着信が。
確認すると!!!
なんと親切女性さんからではないか。

親切女性さんは俺が1年ほど前に勤務していた新聞屋の元同僚で
色々良くしてくれた人である。
今年4月にメールを交わしたきり、特に交流は無かったんだが
一体何だろう?いよいよ次の展示会開くのかなと思って
メールの内容を見てみると、話したい事があるから電話くれと番号が表示されていた。
!!!!!?
で、電話っ!?い、今からっ!?

どうしよう。なんせ話すのは1年振り。
緊張であ、あうあ、あうあとドモリ倒すのは必至だ。
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。

メールを貰ってからおよそ2時間。電話するか迷ってると
もう一通メールが届いた。
読んでみるとやっぱりメールで話したい内容を話すとの事。
それからさらに2時間ほど過ぎ、メールが届く。
にも書いたが、親切女性さんは気を病んでる時期があったようだ。
今は大分前向きになったが、まだ燻ってる部分もあるという。
そんな内容が事細かに記されていた。
が、正直俺には何を言ってるのかよく分からない部分も多々あった。
何回も何回も見直し、これどういう事だろう?と頭を悩ませ考える。
まるで超難解な数学の問題を突き付けられたかのような、有名な
精神学者フロイトでもこの心理を理解できるのか?なんてとこまで
考えは及んでいた。
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。


結局俺なりに思った事を返信したが、的外れだったかもしれない。
最初にメール貰った時、すぐ電話しとけばこんな悩む事もなく
親切女性の生voiceも聞けたのにな。
まったく、チキンな己にゲンコツしたい気分だ。
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

初出勤の緊張と、今や睡眠導入剤にもなってる飲酒を控えたせいか
今日は3時間しか寝れなかった。

朝8時、眠い目で築地に到着。
面接時に指示された事務所に向かい、挨拶をした後
用意されていた制服に着替えた。
デザインは1年前働いた時と変わっておらず
時が遡ったかのような感覚を覚える。

アルバイトは俺の他にも、女性版ウォーリーみたいな女の人や
元サッカー選手の北澤みたいな男性、おっちゃんや青年など
4人くらい居た。
その人らと一緒に、用意された車に乗り込み豊洲市場に向かう。
職場自体は築地じゃなく豊洲なのだ。

青果市場で車が止まったので降りようとすると
制止され車内に引き戻される。
青果市場で仕事をするのはおっちゃんと青年だけのようだ。
再び車が走り出し生鮮市場なる場所に着いた。
ウォーリー、北澤、俺の3人はどうやらこの生鮮市場が
勤務場所らしい。
ゴクリ・・・一体どんな事をするのだろう。
面接では、市場内での作業と聞いていたが具体的に
どのような事をするかは把握できなかった。

作業場に着くと、社員の人が荷物と金の受け渡しをしていて
伝票を張っている。
俺はその伝票が剥がれないように上からテープを張る役目を
命じられた。
ビ~~~!、ビリビリビリビ~~~~!パツンッ。
ビ~~~!、ビリビリビリビ~~~~!パツンッ。
ビ~~~!、ビリビリビリビ~~~~!パツンッ。
ビ~~~!、ビリビリビリビ~~~~!パツンッ。

1時間ほどひたすらテープ張ってると腰が痛くなってきた。
が、ピークが過ぎたのか徐々に荷物が減ってくると
棒立ちの時間も増えてきた。
10分・・・20分・・・午後2時の地点でトータルで1時間位達してた気がする。
さらに契約では午後4時終了のはずなのに、3時ちょい過ぎには
築地に戻り退勤となった。
移動時間も含めると実働4時間くらいだったんじゃ・・・。
帰りの電車の中、ふと思った。

俺、要る?

のどちんこ(口蓋垂)の切除費用を調べると
5万~10万ほど掛かるようだ。
さらに入院までしなければならないという。

どうにか避けられないかと、思いついたのが
酒と煙草を控えるというもの。
この2つは確実に喉に悪い。
長年の喫煙と飲酒でのどちんこが垂れたのでは?

そんなわけで今日は起きてから1本も煙草を吸ってなかった。
チッチッチ・・・正午を過ぎても無喫煙。
チッチッチ・・・昼飯を食べ、午後2時を回った頃から
吸いたい欲が溢れ出してくる。

チッチッチ・・・ガサゴソ。カチッ・・・フゥ~~~。
大丈夫。
酒を控えて半夏厚朴湯を飲んでいれば良くなるハズだ。
過度に己を律することも、これまた心体に悪いからな。

今日は耳鼻科へ行った。
4か月ほど前からのどちんこ(口蓋垂)がのどに奥に当たって
おえっとなる症状が続いているんだが本気でしんどくなってきた。
ひと月前も、別の耳鼻科には行ったがその時はちんこに何か塗られ
うがい薬を処方されて終わった。
が、全然改善する気配なし。
今日の耳鼻科でも同じようなもんだった。
のどちんこが垂れて喉の奥に当たるから嘔吐感があるという見解。

そこまではいいんだが、そこからが腹立った。
それで33年間生きて、それがあなたの身体の造りなんだから
しょうがないんじゃないのハハハというような、鼻で笑うような態度。
あのなあ、4か月前からって言ってるだろうがと少し切れ気味で言うと
じゃあちんこを切るしかないと返される。
のどちんこ切除は、イビキが酷い人などがするらしいが
10日ほどの入院が必要となるらしい。
しかも俺の場合イビキが原因じゃないし・・・。

前回の耳鼻科ではうがい薬だったが、今回は漢方を処方された。
item-med-016
半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)というもので
効能・効果として
不安や緊張を和らげる
神経性胃炎を改善する
むねやけを和らげる
とある。


喉との関連性が今一よく分からん。
耳鼻科に行って精神安定剤を処方されるとは
これいかに。


今日は宅急便アルバイトの書類手続きをしてきた。
何十枚もの書類に色々書いたりやたら手間が掛かった。
たかがバイトなのにな。
しかも最後その書類に印鑑を押すんだが、免許書などに
記載されてるのは旧漢字苗字、けど俺が持ってるのは新漢字の印鑑だったので
それでは駄目らしく途中で判子屋に買いに行かされる始末。
旧漢字と新漢字というのは、例えば渡邊(わたなべ)←これ旧漢字。
渡辺(わたなべ)←これが新漢字になる。
画数が多いせいか分からないが、100円判子とかじゃ売ってないんだな。
買いに行った判子屋も置いてなかったので600円も払って旧漢字の判子を
作成するハメになった。
たかがバイトなのにな。

まあそんなこんなで少し手間はかかったが
12月の頭から働く運びとなったので良しとしよう。
昨日危惧していた交通費も全額出るようだし、車両の運転なども
ないようなのでほっとしている次第だ。
契約期間は12月~1月までの2カ月間。
今しばらくニートを満喫するか。

5日前に面接を受けた宅急便から採用の連絡があった。
明日、書類の手続き等を行うため再度築地に出向く。

予想に反して採用されたのは嬉しいけど勤務形態等、まだまだ不透明なとこがある。
運転免許書を持ってこいと言われたので、まさか自分で車両運転するんじゃない
かという不安や、交通費支給の有無。
それを含めての時給1800円ならちと考えものである。

まあ一番の問題はこの束の間のニート生活
ゲーム三昧の日々が終わってしまうことなんだが・・・。




2日前に電話した派遣会社の登録説明に行ってきた。
場所は立川市という街で、実は13,4年ほど前
住み込みの新聞配達で初めて東京に潜り込んだ地だ。

駅に着くと、伊勢丹やルミネといった複合商業施設があり
中々都会だなあと思うも
13,4年ほど前潜り込んだ時は新聞配達の時間以外
ほとんど寮に閉じこもっていたので、懐かしさや思い入れなどは
微塵も感じない。
あの頃の俺は爬虫類のカマキリの如く、両腕の鎌を立てて
世の中を威嚇し眼前に映るものは全て敵みたいな心模様だったからな。
今も大して変わらないけど、片腕が若干下がってきた気がする。

そんなことを思い出しながら説明会の場所どこだと
メモッた地図を見ながらウロウロする。
駅からそう遠くない場所のはずだが見つからない・・・。
20分くらい練り歩き、やっと発見。
4日前受けた宅急便のバイトの時もそうだったけど、~~ビルとかのテナント系は
探すのがめんどいな。

まだ時間があったので近くのパチンコ屋で一服してから、備えてあるインターホンを鳴らした。
ピンポ~ン。
「はい。」
「あ、今日こちらの派遣の登録説明会に来たnitoと申しますが・・・」
「説明会は11時からとなっています。
時間を過ぎていますのでお引き取り願います。」
「えっ!?電話では11時30分と聞いた記憶があるのですが
伝え違いじゃないんですか?」
「11時からです。当社では30分単位で登録会を行う事はないです。」
「えっへっへ、サーセン。自分の聞き間違いだったんですね。
でもまだ11時17,8分なので中に入れ・・・ガチャッ。」

機械加工の仕事を辞め、早一週間も過ぎようとしている。

その間やったことといえば宅急便の面接くらい。
後はほぼ、暗く狭い家賃2万5千円6畳間の部屋に
立て籠もってる。
しかし、仕事をしていた時と同じくらいの疲労を感じている。

いわずもがな、オンラインゲームの対戦プレイをしていたからだな。
この一週間で40時間くらいやってるかもしれない。
リアルとバーチャルの感覚が、ニート時代のように逆さになりつつある。


まあ今現在もニートといえばニートなんだが・・・。

また派遣が噛んでいる登録制の仕事に応募した。
登録会に出ないといけないらしく、明後日の25日に
隣の隣の市、立川まで足を運ばないといけない。
無題
の宅急便のバイトが不採用だった場合、ここで仕事を
始めるか、あるいは別の場所の宅急便にもう1度アタックするか。
色々悩みは尽きないが26日まではあれこれ考えるのを止めた。


そんな事より今はゲームゲーム。
BFBFと。

今日は丸1日、これから進むべき道について考えた。
そして3つの選択肢を導き出す。

まず1つ、26日まで採否の結果を何もせずただ待つ。
2つめは、待ちつつ日雇い等の仕事をする。
3つめ、今回は不採用だと見切りを付け
次の仕事を探す。


を達成するには2、もしくは3の選択をしないと
厳しい。それも出来るだけ早く。
しかし元来怠け者な性分のこの俺、1になるのが濃厚だ。

面接を受けに行った。
電車を乗り継ぐこと3回、1時間ほど揺られやっと目的地‘築地‘に到着。

築地といえば築地市場が有名だが、これって街の名前だったんだな。
築地にあるから築地市場。ただ単に‘築地市場‘という名称なのかと
今まで思ってたが虚を突かれたなこりゃ。
今は閑散としてるようだが、市場があった場所ということもあり
軒先で海鮮物を販売する店や寿司屋がたくさんあった。

だが今回海の幸グルメにきたのではない。
仕事の面接に来たのだ。
ちょっとツマみたい衝動を抑え、面接場所を探す。
地図ではこの辺のハズだが・・・ん?ここか?
どうやらビルの一室に居を構えてるようで、店の看板らしきものは
何も出てなく分かりにくかった。
しかしポストを見ると、ヤマト運輸築地支店なる張り紙があったので
やはりここだ。

中に入り、面接に来たというと室内で少し待たされ
開始された。
履歴書を出したのに、またスタイルシートという
履歴書と同じようなものを書かされた後
やっと仕事の内容や待遇 の話へ。
まず時給は1800円。
webで記載されてた通りの額で安心した同時に
高時給!と心の中で小躍りするも話が進むに連れ、暗雲が立ち込めてきた。
なんと勤務時間が8時~16時までの7時間勤務だというのだ。
さらに週5日。これがアルバイトが入れるMAXの時間だという。
う~ん、これほどの高時給ならせめて8時間は働きたいし
残業があれば時給2000円を軽く超えるので、きついけどそれもありと
思ってた次第だった。
肩透かしはまだ続き、採用になっても働くのは12月から。
しかもその合否は26日までに電話があれば採用、無ければ不採用という。

経験上こういった、いついつまでに連絡あればうんにゃら~
という形で面接を終えると確実に不採用だったという
過去の苦い記憶が頭を過る。
が、仮に連絡があったとしてもこの条件はあまりウマくない。
つまりどっちに転がっても良くない。


いかんな・・・。

早計に動かず伏せてた甲斐もあり、かなりHOTな求人を見つけた。
なんとか明日、面接の段取りを付けたので
4日間のニート生活も終わりとなる。
もっとダラダラしてたいところだが致し方無いな。

俺は‘アニマックス‘というCATVの番組をよく観ている。

このアニマックス、24時間アニメのみを放送してるんだが
中にはこち亀や名探偵コナン等、ゴミみたいなアニメも
結構な割合で組み込まれている。

まあ他に観たいchも特に無いので、ゲームしてる時以外は
アニマックスを垂れ流していたが、ここ最近如何なものかと思い始めていた。
さして興味も無いアニメ群を呆けのようにダラダラ眺める観賞模様。
これは!というような作品を自分で見つけ、熱を持って観賞したほうが
いいのではと。

とはいうもののピッと電源を点ければ何かしらのアニメが放送されてる
簡易さに負け、相変わらず垂れ流しで観てると‘あかねさす少女‘という
アニメが放送されていた。
ほう、これ観た事ない作品だなとぼんやり眺めていたが
終わりの歌で後頭部を殴られた。

なんだこの歌声は。
透き通るような美声に伸びと張りのある音域。
それでいてほのかに色気も感じる絡みつくような耳障り。
歌姫なんてもんじゃない、もはやセイレーンだ。


この‘あかねさす少女‘、開局20周年を記念して作られた
アニマックスオリジナルアニメらしい。
こんな事もあるのでしばし垂れ流しでいいか・・・。

16日で機械工員の仕事は終わったわけだが
まだスイッチは切れてない。
今日は部屋に引き籠り、1日中ゲームしていたが
俄然ON、労働モードは付けっぱなしのままである。

ここから繁忙期宅急便か何かはまだ分からないが、とにかく1,2ヵ月間の
短期の仕事を入れ、失業給付の早期受給と株の資金200万を用意する。
息が付けるのは、これらの支度が整ったときと思っている。

ここからの行動は本当にシビアになる。
飛行機のパイロットに例えるなら、今まで自動操縦してたフライトが
着陸も間近になり、操縦桿に手を掛けるみたいな感じに。

COW121000831_TP_V
毛生え薬を所望し新宿へ。

最近は個室にも案内されず、受付で
金と薬の受け渡しのみとなっている。
今回も変わらず受付での受け渡しだったが
帰り際、トイレを借りようとしたところ今ちょっとと、使用拒否された。
なんでもヘッドスパ中なのでうんぬんかんぬん。
avv
・・・。

便器に頭を突っ込っこんで洗浄してるとでもいうのか?
よく分からないがはぁ・・・と尿意を我慢し後にした。

今日で機械加工の勤務は終わり。
新人おっちゃんや主任さんに終わりの挨拶をした後
作業服等の管理をしている事務室に行き
作業服どうすればいいですか?
クリーニングして返却したほうがいいですか?
と問うと、余りに汚れすぎてるので捨てるからロッカーに
放っておいてとのこと。
ふうむ。
事務員さんは中々可愛らしい人だったので捨てる際、触るのも
嫌みたいな顔されてたら嫌だなあと、俺が知りえないこれからを
想像しつつ退社した。


そんな杞憂はさておき、約9か月に及ぶ機械加工の仕事を
走破した己を労うべく、ちょっくら寿司でもツマんでくるか。





耳鼻咽喉科に行って人多いからキャンセルしたり
新人おっちゃんに作業教えたり、喫煙所で雑談しつつも
しゃべるのイヤ!しゃべるのメンドイ!なんて思ってる
戯れの間に残り勤務もあと1日となった。

去年の日記を見ると、20日辺りから繁忙期宅急便で
働いている。
数日前からWEBで求人を逐一チェックしているが、おおっ!?
というような高時給の仕事もぼちぼち目につき始めてるので
おそらく20日前後くらいから、さらに求人はHOTなものになるのかも
しれない。
計画では、今の機械加工の仕事を辞めてすぐ次の仕事に移る
算段でいたがここはしばし伏せる時かもしれない。

焦らずとも、気は抜かず。
ここからの数日はシビアなものになると予測している。
目まぐるしい程にな。

今は定時上がり、さらに新人おっちゃんと作業を分担してるので
疲労具合はイージーモードといっていい。

しかし、作業中ずっと一緒に居て、さらにおっちゃんは喫煙するので
休憩時間も喫煙場で一緒。常に傍らに居る。
今までずっと一人で作業し1人で煙草を吸ってたので
おっちゃんの存在に少し戸惑いを感じてる自分がいる。

先週の金曜日から、俺の持ち場に引き継ぎの新人さんが来てて
一緒に作業している。
俺より一回り年上のおっちゃんなんだが
なかなか素直で教えがいがある。

今までハイ、ハイと、頭を垂れ教わる側だったのに
逆に教える側、それも一回り年上の人にとなると
ちょっとした優越感というか、年下ながらエリート上司
みたいな気分に浸れるな。

仕事の帰り、耳鼻咽喉科に寄った。
2週間ほど前にも別の耳鼻咽喉科に行ったんだが
直感通り、治らないので。
むしろ症状が増してるので。

今度の耳鼻咽喉科は華やかな大通りにある所で
以前のガラっとした室内から一変、人で溢れかえっていた。
保険証を定時して椅子に座って30分ほど待つも
この人だかりの様子から、診察まであと何分掛かるのか不安になった。

腰を上げ、受付の人に、あの~140なんですが(診察番号券)
おおよそでいいんであと何分くらい待てば診察してもらえるでしょうか
と聞くと、40~50分待ちとの事。
しばし考え、今日のところはキャンセルして引き返すことにした。
こんな人だかりでそんなに待ってたら、別の耳鼻咽喉病も貰いそうだし
何よりだるいからな。

吐き気を抑えつつ、次期を窺うとするか。


バリ取りには‘ベルトサンダー‘という機具を使っている。
41b8GU89hcL__SY355_
引き金を引くと、前部に設置されたヤスリが
ローラーを伝い高速で回転する。
拳銃でいえば銃身の部分といっていいだろうか。
拳銃は引き金を引けばバンッ!と弾が出るが
ベルトサンダーはウィンッ!とヤスリが回る。

いつもこのベルトサンダーを使用してバリを除いているんだが
バリがあるとこ以外を削ると、ちと厄介な事になる。
少しかする程度なら修復できるんだが
大きく削ってしまうと最悪不良品になってしまうと
指導の際教わっていた。

なのでここ1か月、作業は遅くとも慎重にやっていたため
大きな削りミスはなかったんだが今週に入り

ウィンッ!バリバリッ!あ゛っ

ウィンッウィンッ!バリバリバリッ!!!あ゛っあ゛っあ゛っ

と手元が狂いまくり、保留品という不良品間近のワークを
4個も作り出してる。
やっぱ張りなおす必要があるな。
緊張という名の糸を。

11月に入ってからというもの、定時上がりが続いている。
どうやら11月一杯は定時上がりのようだ。
つまり、俺は11月半ばで辞めるので今後残業なし。

緊張の糸は張り直さなくても良さそうだ。

↑このページのトップヘ