離職票が送られてこない。

離職票とは、失業保険を受ける際に絶対に必要なもので
これがなければ始まらない。
本来は退職日から10日前後を目安に会社側から
送られてくるハズだがもう2週間以上経った現在、音沙汰なし。
業も煮え、面倒だが以前面接を受けた人に名刺を貰ってたので
そこに載ってある電話番号に電話を掛けてみた。
プルルル・・・ハイ〇〇です。

電話は繋がったが、以前面接を受けた人じゃなかった。
話を聞くと役職の人が2月で入れ替わったようだ。
まあそんなのどうでもいい。
以前アルバイトで働いていた者で
離職票が届いてないという主旨を話すと
確認したところ手続きがされておらず
これから早急に手続きして1週間後には届くとの事。


危ないなあほんと。
この離職票はいわば俺にとって未来への切符である。
一昨日、助言を受けてて良かった。

1月分の宅急便の給料が振り込まれた。
neko 1gatu
その額172,141円。
12月分の給料と比べると半分以下にまで目張りしている。
しかし、1月は時給が1500円と下がり稼働日数も12月より5日少なく
さらに毎日、ほぼ定時前に上がっていたので
おそらくこのくらいの額になるだろうなと予想していたので問題ない。
半分以下でも、ほとんど突っ立てただけなので逆に感謝したいくらいだ。

これで今後、見込みがある収入は前々職の有給休暇分のみとなった。
今現在の貯蓄、およそ210万。
有給休暇分を足したらさらに幾分か増えるが、それから先は
ただ出てゆくのみとなる。
垂れ流しはなんとか阻止しないとな。

今のニートライフ、2つの大きな不安を抱え過ごしている。
その内の1つ、自分が今後、失業保険を待期期間無しに受けれるのか
確認したかったので、ハローワーク(職業安定所)に行ってきた。

相談窓口でこれまでの職歴、そして最後の仕事は繁忙期
宅急便の仕事です、期間は2か月と定まってました。
そう話すと待期期間は無い!(たぶん)という有り難い言質を承った。

失業保険を受ける際は、自己都合と会社都合で具合が違ってくる。
自分から進んで仕事を辞めた場合、自己都合となり3ヶ月
待期期間というお預けを食らうんだが、会社都合の場合は
そのお預けがなくなるのだ。

ハローワーク(職業安定所)からは、その繁忙期宅急便の仕事の
離職票を実際に見るまで断定はできないから
まだ送られて来てなかったら催促しなさいとまで背を押された。


ハローワーク(職業安定所)側の予期しなかった応援。
そして昨年立てたイル・スケジュールの読みは間違ってなかったと
心に爽やかな風を感じつつ後にした。

IMG_20190208_184816
繁忙期宅急便の仕事が終了して早10日。
この10日間、ほぼ部屋に引き籠りゲームと酒に溺れている。
寒いので当然エアコンは起きてから寝るまで付けっぱなんだが
乾燥がすごい。

上の画像のLLという表記は湿度が20%を下回ると
表示される。
一桁まで表示してくれと少し思うがとにかく、これ以上ないほど
部屋の空気が乾いてますよってのがこのLLなんだな。

俺はアトピーを患ってるので乾燥すると身体が痒くなる。
ここ最近ゲーム中、あ、痒とちょっとコントローラーを置いて
身体をカリカリしてると敵にやられてしまう場面が増えている。
かといって、エアコンを起動しないと寒さで震え
ロクに操作もできない。

水分を犠牲にして暖かさを獲得してようなものなので
室内サバイバルといった心境だ。

難しい状況に直面している。

失業保険の認定まで、俺は日雇いバイト的な物をして
資産の損失を防ぐつもりでいた。
が、どうも平成24年に、労働の法律が変わったらしく
日雇いバイト的な物ができるのは
満60歳以上 学生 年収500万以上の人
と定まった事をここ数日、色んなWEB上にあるバイトにアタックして
気付いた。

えっ?何この条件・・・と思ったがちょっと考えを巡らすと
ははんとはなる。
厚生労働省の思惑は置いとくとして、今の俺にとって
これは好ましくない改正だ。


失業保険、雇用保険、色々な要素が絡み合い
頭の中がグチャグチャになっている。
どうやって最良の道を見出すかという事に・・・。

午後1時、2時・・・4時・・・6時。
待てども電話は無かった。

これつまり、不採用だという事相成りけり。
・・・納得いかねえ・・・。
向こうが出してきた条件は全て、元相棒からの良影響もあり
分かりました!大丈夫です!と張り切って答えたと思うし
‘の‘試験の成績が悪かったとしても間違いはせいぜい1個か2個のハズ。
本当ならもう、この時点で採用してもいいくらいだ。

納得いかない理由はさらにある。
20190208
20名の大募集!!
あのなあ、いうてこちとら、新宿駅の喫煙所で路上スカウトを受けるほどの逸材。
市場価値が上がってる身。
こんなオキアミを掬いあげるような
網目繊細な求人で落とされる覚えなどない!

人手不足人手不足とあちこちで囁かれてる昨今。
前にもこんなことで憤ってた記憶があるが
にも関わらず、20人とか100人募集してるとこに
不採用を突き付けられると偽求人?なんて
疑惑も浮かんでしまう。
よく分からないが、人が足りてるのにそういうことしてる
とこもあるような的な話を聞きかじった記憶がボンヤリとある。


たぶん前のとこも今回もそうだ。
そうに違いない。
そう思わなければ、俺の傷ついた心は回復しない。

仕事の面接に行った。

仕事といっても、また人材派遣を通してのやつで
面接場所は府中市内のマンション内にある、こじんまりとした
オフィスで行われた。
最初に会社概要的な資料を渡された後、
それを面接官がサラッと読み上げると、ちょっとした試験があった。
500文字くらいの文章が書かれた紙が1枚用意され
そこにひらがなの‘の‘が何文字入ってるかというもので
制限時間は3分。

俺が今回応募した仕事は、店の商品の数を端末機械で
登録していく作業なので、細かい抜け落ちをしないかどうかを
測る適性検査のようだった。
全部で25個あったと思うので答え欄に25個と書き
面接官にへと渡した。
面接官はしばし紙を眺めた後、一瞬、少し微笑したような表情を見せたのち
では明日午後6時までに電話があれば採用ということで、と言われ
面接は終わった。

えっ答え合わせはないの?
そしてあの微かな笑みは・・・。


謎が多く残る面接となった。

前にも書いたように現状
今一度労働しないと今後、金銭面で憂いが残るので
webで見つけた求人に応募し、明々後日(しあさって)の7日に面接となった。

宅急便の仕事が終わり早4日。
やはりニートこそ俺の返る場所だとつくずく身に染みる。
受かったらこれが人生で最後の労働にしたい。


いや、したいじゃないな。
しないといけない。


一昨年の年末頃、治験の登録をしてたんだが
そこがアトピーの治験を最近募集してて、やってみないか?
という話を貰っていた。

その話を了解し今日、治験を行う病院へと出向いた。
治験はまず事前検査というものを行ない、適格と判断されたら
本格的な治験へと移る流れのようだ。
今日はその事前検査。
俺もアトピーを患い10年近くなろうとしている。
検査するまでもないだろうと思いつつ、医師が身体の状態を
チェックしていく。

じゃ、服着ていいよと言われた後、ウ~ンちょっと点数が足りないぁと
診察した医師が呟いた。
???
どういうことか説明があり、適格の判断は見た目の
皮膚の炎症具合が基準らしい。
その炎症が数字として16以上あれば適格となるらしいんだが
診察した見解では俺の炎症は11とのこと。

3月までこの治験は募集してるから
その間にアトピーが今より悪化したら、治験会社と相談して
もう1度診察を受ける事が可能だという。
そんな、計量オーバーしたボクサーが再計量までに体重落とせば
大丈夫みたいに言われてもなあ・・・。


ちなみにこの治験、適格と判断されたら通院毎に1万円が貰えた。
期間は半年だが病院代も掛からず、その上最新の治療も受けられる
と良い事ずくめだったんだけど、結果的には交通費+診察代を支払うだけで
終わった。

CD販売イベントとということで、空気的に買わないわけにもいかず
昨日は1枚買って帰った(1500円)。

今日、そのCDを聞いてみると、以外と言ったら失礼だがみな
しっかりした声をしていた。
アニメ声の人なんかもいて、その辺の萌えアニメに出演してると言われても
疑わないほどだ。
そんな力を持った人達に、会ってサインを貰ったり
握手ができるというのに来てたのは7,8人。

しかし、7,8人でも彼らの顔は、何か成し遂げたというような
晴れ晴れとした面持をしていた。
有名になれればそれにこしたことないし、それで飯食っていければ
最高なんだろうけど、それだけに拘ってはいけないのかもしれない。

親切女性さんもそうだったが、東京は夢追い人というか
表現者みたいな人が一杯いると思うので
たまたまそういう人と触れ合う機会があると
ちょっと嬉しくなるな。

電車を乗り継ぎ、初めて横浜なる地へ足を踏み入れた!
そう、相棒!!いや、元相棒の勇士を見届けるためだ!!!

イベント開始は午後6時!
元相棒の活躍する姿を観たいと早り、午後4時に着いちまった!!!
まあいい。その辺をブラブラして時間を潰すとしよう。
近くに赤レンガ倉庫がみえたのでいってみた!!
赤レンガ倉庫といえば有名だよな!!!

赤レンガ倉庫というだけあって遠目でも近目でも赤いと感じた!
ただ、俺の想像に、屈強な男たちがせっせとこの赤いレンガ倉庫に
色んな物を出し入れしてるのかと思いきやそうではなく
ただの観光スポットだった!!
まあいい。元相棒のおかげで勉強になった!!!

勉強してる間に、時刻は午後6時を迎えようとしている!
元相棒が出演するイベントは赤レンガ倉庫のすぐ近くにある
複合商業施設!!
奴はこの施設でイベントに出演するという!!!
赤レンガ倉庫なんかにかまってる場合じゃねえ!!!!

向かう場所は3FのHMV!
相棒はこのHMVで、自分が出演したドラマCDいうなる
なんか聞いた事あるような、無いような物の販売や握手会を
するらしい!!
少し迷いながらも到着すると
この、誰もが知ってるほど、有名音楽店舗の真ん中で
米津玄氏やゆず等の著名ポップアーティスト(CD枠)を押しのけ
相棒含む、共演した役者達がズラリ並んでいた!!!
さすがだぜ相棒!!!!

俺に気が付いたようか、相棒はニッコリ笑った!
俺もハハッ来たぜ、的な軽い会釈をするも・・・なんか気まずい!!
役者側は司会進行役を含めると15人くらい居たにも関わらず
観覧者は俺を含め7,8人(内幼児1人、赤子1人含む)!!!

気まずさを感じつつ、役者勢が
1人ずつこの作品に対した意気込みみたいなのを
各々マイクを持ち述べていく!
緊張してるのでなんかうまく喋れないとかいってる役者さんも居たが
こっちもなんかもっと緊張を強いられてる!!
観覧者が7,8人くらいと演者より少ないので
自然、演者と目が合わさる!!!
止めろ、こっちを見るな!!!!

そして、相棒がマイクを持つ番になった!
わずか1日前まで、職場で奇行を巻き散らかしてた相棒!!
この場所でも当然のように目立ってた。さすがだぜ!!!
けどこっちを見るな!!!!


このように多少興奮気味で行ったものの
現実は中々厳しいようだ・・・・・。

今日は宅急便バイト最終日。

1月に入り、12月は10数人居たバイト勢も4人となる。
その内の1人は一度も来ることが無かった。
大学卒業間近を控え、時間を持て余してるという青年だったが
棒立ちばっかでつまんねえとよくぼやいていたのを思い出す。
彼のバックレは正解だった。

結果的にバイトは3人体制となり、1月も半分が過ぎようとしてた頃
3人の内の1人、おばちゃんが来なくなる。
給料関係で揉めた云々を風の噂で聞いたが真相は分からない。

そして俺ともう1人、20代半ばのフリーター計2人がこの日まで残った。
彼はなんというかよく分からない奴で
挨拶等非常に元気が良く、受付に荷物を持ってくる卸業者にも
ザマース!ザマース!と積極的に声を掛けていて、俺も見習いたいくらいだったが
一方で、どこか抜けてる部分も見受けられた。

ある日の事。
卸業者から預かった荷物は、外に停めてあるトラックに積むため
シャッターをガラガラっと開け閉めして行うんだけど
彼がシャッターを閉める時、外に居た社員さんが中に入ろうとした際
脳天にジャストミートしたことがあった。
彼は身長が高くそれでいてバスケのダンク、それもトマホークの如く
叩きつけるようにガラガラッ!!!と激しく閉める癖があった。
ちょっとやばい音というか、うわっというようなその場に居る全員が振り向くような
鈍くて重く大きな音が響き渡ったのは言うまでもない。

幸い社員さんの頭に別条はなかったが
他にも、なんの脈絡もなくいきなり大きな声出したりダンスを踊ったりするといった
奇行を行ない始め、社員達さんも彼怖いんだけど・・・と口にしていたが
話を聞くと、彼は役者を目指しているらしくその影響らしい。
へ~そうなんだと更衣室で2人、最後の作業服の脱ぎ着をしてると
明日出演するイベントがあるから来てくださいよ!と
何やら開場の場所と時間が記載された一枚の紙を渡された。


ここまで残ったよしみ、行くべきなのだろうか・・・。

案山子ってる間に1月も終わろうとしている。

昨年6月に立てたイル・スケジュールでは今の時点で
200万以上貯まっており、失業給付の手続きを始める頃だと
踏んでいた。

今現在、株の資金とする200万はなんとか工面できたが
これはあくまでも株の資金であって、これを証券口座に
預けると持ち金0円になってしまう。
失業給付金を受け取るには諸々の書類が必要で
それが揃うには少々時間が掛かる。
それまでの生活費、さらに投資の環境作りを考えたら
現状あと2、30万は欲しい所。

しかしこれから、どういう風に転がるか予測が付きにくい。
1月分の宅急便の給料、前派遣の有給分の給料。
これらの額がまだ未確定だし、失業給付にしても待期期間無しで
GETできるのか確実では無い。


はっきりしてるのは
今一度、労働という名の沼に潜らなければいけない・・・ということ。

26日にも年次休暇分の給与は振り込まれておらず
担当に怒りの電話をしたところ、手続きはちゃんと行っていたようだ。
どうなっているのか確認するため、しばし時間をくれという
申し出を受けて今日、返答が来た。

何やらよく分からないが、この派遣会社は年次休暇を処理する事務と
振り込みを行う事務が別々のようで伝達ミスが起こり
手続きが止まっていたとの事。
結果、年次休暇分の振り込みは2月25日となった。
ったく、もっとしっかりせい!とは思ったが安堵もしている。
前回は喧嘩別れような形で、振り込みも不安だったが
今回は‘必ず‘という言質が取れている。

振り込み日こそ2月25日と延びたが、早急に入用でも無いので
穏便に電話を済ませた。

昨日抱いた不安は的中し、銀行に確認しに行くも
口座に入金の気配は無かった。

両目がカッ!と見開き、即怒りの電話を入れようとしたが
電話代を使うのが腹立たしいし喋りたくもない。
確認をしたのが午後2時前だったので行き違いで
入金されてる可能性もなくはない。

電話は止め、もう1日だけ待つことにした。

前職の派遣機械では、給与明細等は紙ではなく
各々に当てられたマイぺージという
自分専用ページでスマホやPCから閲覧する仕組みだった。
今日、そのマイぺージにログインしようとしたら
not foundになっているではないか。

退職後、年次休暇分の給料が振り込まれていなかったので
この日、勤めてた派遣の担当者に電話して
あーだこーだと詰め問答を繰り返した。
結局、年次休暇分の金は1月25日振り込むが
今後あなたはウチの派遣会社には二度と登録できない!という
条件が出され、こっちも二度と登録するか!!ということで
喧嘩別れのような形で決着が付いた。

それから約10日後、不安になったので
ちゃんと25日に振り込まれるんですよね?
という内容のショートメールを担当者に送るも返信は来ず。


約束では明日、年次休暇分の給料が振り込まれるはずだが
なんせ口約束だ。今後、労働基準監督署などに駆け込んだ場合に備え
向こうが記録抹消を計ってるのだとしたら・・・

マグロの柵を社員さんから貰った。
マグロ
豊洲市場(水産)は色んな海産物を扱ってるが
特にマグロの加工、販売をしてる業者が多いようだ。
今でこそ、受付で案山子と成り下がってるが、1か月前は
市場内をグルグル回っていたので気付いた。
市場の卸売業者全てが宅急便を利用してるわけではないが
よく利用する業者のとこからは、荷受けする社員さんがたまに
海産物を頂くこともあるという。

回ってる時、加工中飛び散ったのか分からないが
マグロの小さな肉片とかが地面に落ちてるのをよく見かけてて
拾い食いしたいくらいだったので、今回のおすそ分けは嬉しい限り。

2,300gといったところだろうか。
さっそく半分ほどを薄く切ってマグロ丼にして食べたがウマイ。
これは赤身の部分なんだが切ってる最中、手が微妙に油染みた。
魚油とはまた違う、鮪油なるものを全身に秘めてるのか
それがウマさの秘密なのかもしれない。

残りはステーキにでもして食おう。

今日も今日とて棒立ち三昧。
そして午後1時前には事務所へ戻った。

今日も3時間、社員さん達にどう思われてるのか
ビクビクしながら事務所に居座るのか・・・。

まてよ。
契約勤務時間は午前8時~午後4時。
これは楔を打つかの如く間違いない。
契約書もあるしな。
それにヤマトはなんだかんだいっても大企業。
もしかすると、タイムカードは午後4時前に打刻しても
給料は午後4時までの分キッチリ支払われるのではないか!?

・・・・・
猫4

豊洲市場は毎週、水曜日曜が休みだが
祝日がある週に限り、代わりに水曜が開市になる。
卸し業者、海の荒くれ共も週休2日ではあるが
祝日の祝福は受けれないんだな。

海の荒くれ共が9割客なので
勤務日もこの開市に沿ってある。
今週は月曜に祝日があったので水曜も出勤で5連勤だったが
今後、5連勤は契約期間の1月一杯はもう無い。

半ば任務が終了してるような心境になってる。
まあ1月は棒立ちばかりで似たような心境だったけど・・・。

今日は午後1時には築地の事務所に戻った。
しかも休憩1時間を挟んでだ。
残り3時間、ひたすら事務所で待機しながら
頭の中は自問思考でグルグルと回っていた。
本当にこれでいいのか!?

契約勤務時間は午前8時~午後4時まで。
そして現責任者の社員さんからは午後4時まで待機して
午後4時になったらタイムカードを押し帰れば良いと言われている。
だが、別に何の変哲も無い事務所にただただ3時間居座るのは
きついものがある。
それでも事務所に1人っきりならまあ、机に突っ伏してシエスタしたり
スマホ弄ったり空想したりしてやり過ごせるんだが
社員さん達が居るとそれも難しい。
気になってしまう。彼らが俺をどう見てるのか。
どう捉えてるのかということが。

これがもし、適度に談笑し合えるような仲になってるなら
お前まだ残ってるかこの乞食めwwサーセンwwというようなやり取りも生まれ
3時間居座るのも苦ではないのかもしれないけど
実際はこっちも向こうもようやくお互いの名前を認知したような関係なので
そんな感じになるはずもなく。

じゃあ、事務所戻ったらタイムカード押してさっさと上がればいいじゃん
いうワケにもいかない。
俺が宅急便業務に就いてるのは失業保険GET画策計画も絡んでる故に
失業6ヵ月前はなるだけ稼いでおきたい。
単純に1月の手取りも増えるしな。

とどのつまり、失業保険GET計画と俺自身のメンタルやプライドが
ひしめき合っている・・・。

今日の居座り:3時間


今日も昨日と同じように午後2時に事務所に戻った。

が、今日は社員さんも多数戻ってきており
俺が座ってる向かい側で談笑や雑務をしてて
たまにこっち側に来ると、あれ?帰んないの?と
尋ねられたり気が気ではなかった。

事情を話すとフ~ン、と去って行ったが
内心ではこの給料泥棒め!と思われていたかもしれない・・・。
反転猫
今日の棒立ち:約2時間
今日の居座り:2時間

ここに居ても何もやる事ないし
事務所に戻っていいよ。

あまりの案山子っぷりにみかねたのか
現場責任者の社員さんにこう言われ
午後2時に事務所に引き返す。
さらに情けか憐みか分からないが、契約時の勤務時間
午後4時まで事務所に居て4時になったら上がれば良いとのこと。

御心使いに深く感謝しつつ、何もせず2時間事務所に居座った。
猫3
今日の棒立ち:約2時間
今日の居座り:2時間



今の仕事内容は、まず受付で社員の人が荷物を預かる。
そして金銭の受け渡しや発送内容を確認した後
PPという端末機械で伝票情報を取り込み、その伝票を荷物に張る。
それからが俺達の出番。
伝票が剥がれないようにその上からさらにテープでビーーっと
固定するのが俺達バイトの勤めだ。
簡単に言うと出番までは何もやってない。

年が明けてからの仕事量、いよいよもって減ってきてるこの現場。
こうなると他のバイトの人達とも必然、仕事の奪い合いになるというか
社員の人が処理した荷物を我先に求める結果
今日はガッ!と手と手が触れ合ってしまいアッ、と
気まずくなる場面があった。

今は気まずくなってるだけだがその内・・・。
あ無題


今日の棒立ち:約3時間強

昨年、12月分の宅急便の給与が振り込まれた。
IMG_20190113_174559
その額355、321円也けり。
一昨年とほぼ同じ額を稼げたのは幸運だった。
この日、労働条件を聞いてこりゃ25万くらい稼げれば
御の字かな~と思っていたからな。

労働時間は少なくとも、1800というプラチナム時給が
この額まで押し上げる結果になったといえる。


12月下旬の最繁忙期には10数人居たバイト勢も
今や俺を含め3人に減った。

少しくらい棒立ちしていてもこのくらい人数がいれば
目立たないものだったが、3人となるとその姿が浮き彫りになる。
良い隠れ蓑になってたんだな、今思うと・・・。


今日の棒立ち:3時間強

今日は昼前には、荷物を出す仲卸業者もほとんど
居なくなった。

ひたすら重ねる棒立ちタイム。
さらに時間が過ぎ、社員さん達も仕事が片付いたのか
ぼちぼち受付に集まってきてみなでワイワイと話してる。
しかし、極太筋金入りコミュ障の俺。
話の輪に入れるはずもなく、ただただ地べたを眺め時が過ぎ去るのを
祈っていた。
UWAAA


今日の棒立ち:3時間強

COW121000831_TP_V
俺は仕事の行きと帰り、新宿の京王百貨店前にある
喫煙スペースで煙草を1本吸っている。

いつも通り、スパスパと煙草を吸ってると
おい、兄ちゃん。おい兄ちゃん!という大きな声が
どこからともなくこだますのが聞こえた。

大都会東京。
ここでは聞きたくなくても色んな人の声や
雑音が容赦無しに耳に入ってくる。
うるせえな・・と思いつつ紫煙を吹かしてると
おい兄さんちょっといい?と、一人の男が俺のすぐ隣に立ち
喋り掛けてきた。

えっ?さっきの声、俺を呼んでたのか?
びびりながらも話を聞くと、なんでもこの人は土木会社の人事の人で
働き手を探してるという事だった。
名刺を渡され、興味あったら電話してと言って男は去っていった。

・・・土木か。興味ないな。
しかし、大勢いる中、俺に目星を付けた嗅覚はさすが
人事といえる。
1月一杯で宅急便の仕事を辞める身。
さらにその宅急便の仕事もほとんど突っ立てるだけなので
ワーキング・プアの雰囲気が身体から滲み出ていたのだろう。


あんたの会社で雇ってくれと、一瞬言ってしまいそうだった。


年明けてからの2日、仕事は非常に楽だ。
いや、楽過ぎる。

今日は100個くらいの荷物にテープを張り
トラックに積んだだろうか。
ただそんだけ。
本来定時は夕方4時上がりなんだが、この2日は荷物も少なくて
棒立ちタイムも増え、3時前には事務所に戻ってるので
1日の実働はたぶん2時間も行ってないと思う。

忙しくなく働くのは嫌だが、かといって手持ち無沙汰すぎるのも
これまた苦痛ではある。
何事もバランスが大事だよなぁ・・・。


今日の棒立ち:2時間強

宅急便後半戦開始。

2000年も19年目になるというのに、何が楽しくて
労働に身をやつさなければならないんだって話だなしかし。
プロレタリアートからの脱却。
この悶々とした気分を吹き飛ばすにはやはりこれに向かって
突き進むしかない。

そんな労働者階級からの脱却を胸に秘め臨んだ
2019年初出勤だったが、仕事の方は至ってマイルドで
多数の社員さんからはあれ?まだ来るの?あ、そう。
別にいらないんだけど・・・という雰囲気がヒシヒシ感じられた。


今日の棒立ち:約1時間20分

そういや、派遣機械工の最後の給料(11月分)が振り込まれてる
はずだと思い、スマホで専用ページをチェックした。
このところ忙しく、頭は完全に宅急便の方に行ってたが
こういう事はしっかり確認しないとな。
11月給与
あ?
なんだこの額?
11月は残業もなく、全て定時上がり。
さらに最後の10日は年次休暇で影分身が働いてるとはいえ
少なすぎるだろう。

・・・これ、年次休暇の分が入ってない。
急いで派遣の元担当の人に電話した。
年次休暇分が給与として入ってないというと
事務センターに年次休暇申請の電話した?とのたまいやがった。

ああ?聞いてねえよ。
いや、言った。
聞いてませんって。
言いました。
言ってないって。言ってたら電話しますって。
言ってます。私、この仕事長いけど言い忘れた事なんて
ありません。

はぁ・・・分かった。
で、年次休暇分の給与を受け取るには今後どういう手続きしたら
いいんですか?
11月までに連絡あったらなんとかなったかもしれないけど
今となっては無理です。諦めて下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ちょっと待てと、話を続けて年次休暇分は出るかも
しれない事にはなったがとんでもねえよ。
過去にも、派遣会社と給料のことで揉めた事はあったが
アウトソーシング
ここまでのピンハネはなかった。
恐ろしいなほんと。
fuck



↑このページのトップヘ