朝7時15分。

今日もさわやか号に跨り、職場へと向かうも
ペダルを踏む足取りが一段と重い。
ガッタン、ガッタンと変な振動まで感じてくる。
慣れない新しい持ち場で毎日毎日残業の日々に
体調をきたし始めてるのだろう。
それでも俺は会社に行き業務を行わなければならない。

ガッタンギッコ、ガッタンギッコ・・・。
しかしおかしい。なんだこの重さは?
全然スピードが出なく、重さと振動ばかりが際立ってる。
いくら疲れてるとはいえ、このノロノロは異常だ。
途中で足取りを止め、タイヤをチェックすると後輪がへしゃげてるではないか!
ジーザス・・・。

どうするかと迷ったが、そのままガッタンギッコ、ガッタンギッコと会社まで向かった。
後輪不全とはいえ押して行くよりは速い。
パンクした状態で乗るとフレームに付加が掛かりよくないのは知ってるが
遅刻は避けたかった。
満身創痍状態ながらも仕事を終え、自転車屋で無事治してもらうと
うひょ~~とテンションがFULLMAXになり、滑走して家路に着いた。

なんか最近、不幸中の幸いばかりで喜んでる気がする・・・。


残業:2時間

今月は24日も勤務日があり、えらく多いなあと思ってたんだが
気になって社内カレンダーを見直すと今週の土曜が勤務日になっていた。
・・・まずいな。
持つのか己の身体に問いかけている。


残業:2時間

俺が今やってる機械加工という仕事は
ワーク(加工物)を機械にセットして削った後
寸法を計ったりバリを取ったりを延々と繰り返す。

ワーク(加工物)は機械内に装着されてある刃物で削るんだが
何百個と削っていると摩耗していき、一定の数量削ったら
交換しないといけない。

前の持ち場では小さい刃1本を使用してて、おうそろそろかと
何気に交換していたが、今度の持ち場は3本、それもドリルや
重量感のある螺旋状の刃物等、扱ったことないハードコアなものばかり。
今回はやってもらったが、次回からは自分でやらないといけないようだ。
嫌だなぁ・・・。


残業:2時間

COW121000831_TP_V
今月分の育毛剤を求め新宿へ。

最初の頃は奥の個室に案内され
髪の調子はどうですかぁ~
発毛チェックしますねぇ~と、色々手を焼いてくれていた。

それが、月が経つにつれ薬の処方だけになって
今では個室にも案内されず、着くやいなや受付で金を支払い
薬を受け取るだけとなっている。
さらに、府中から新宿まで毎月来るのは大変だろうから
2,3ヶ月分まとめて買いませんかとか、薬剤のもっと効きの強いやつ
(ちょっと値段が高い)を来訪毎勧められている。
avv
・・・。

このクリニックを信用してないわけじゃないが
若干訝りを覚え始めている。

バリバリとバリを削ってると、主任に話があるからと会議室に促された。
昨日の記録改ざんがばれたか!?とヒヤリとしたが
どうも違うらしい。

会議室には工場長、えらい人(たぶん)、主任の3人が居て
話というのは契約期間の事だった。
俺は今、この会社に派遣社員として入社している。
3か月毎の更新の際、例の計画に沿って
11月で契約を終了するという旨のメールを派遣会社に送っていたんだが
終了せずに続けて欲しいとのこと。
えぇぇ・・・。

今後何をするつもりかだの
これはあくまでもこちらからのお願いだの、どこかで聞いたようなセリフに
はいはい頷きながら、結局後日また返事を聞かせてくれといって
お茶を濁すような形で話は終了した。

黙々と作業してると、あれ?何か違和感が・・・。

完成品と未完成品の数が合ってない気がした。
作業を中断して調べたら一箱空、完成品が入ってないではないか。
危ない危ないと補充したが、逐一書いてる記録の記入で矛盾が出てくる。

面倒くせえ・・・。
この持ち場ではぺーぺーな俺。
どうやり過ごせばいいか分からないのでとりあえず帰る事にした。


残業:2時間

今日から完全に次の持ち場へと移行した。
結局、これまでちょこちょこやってたバリ取りが俺の新任務のようだ。

始業早々、フロアの作業者全員が集められ、この場の主任さんから
クレーム報告とその対策の話がされる。
ある1人の作業員が何かやらかして卸元の会社からクレームがきたらしく
作業手順の見直しがされるようだった。
ミスはやらないことに越したことないけど、朝8時から夜8時までなんて
長時間働かされてると頭も身体も回んなくなるよな。

ここでの作業はまだよく分かってないので
なんとなく話半分に聞いてたが、次に晒し上げられるのは俺かもと思った。


残業:2時間

今日は午前中で現持ち場での作業が全て終了し
午後は機械や周辺の掃除する予定だった。
しかし、主任が午前一杯で帰るという急用で
午後からバリ取り作業に回される事態に。

いやいや、掃除やりますよと嘆願するも
1人だとサボる可能性があるだろと言い放ち
結局、午後からは7時までバリ取り。

定時で確実に帰れると思ってた日に2時間の残業。
これは辛い。精神的にも肉体的にも。
持ち場が変わり、責任者自体も変わるのでもう絡む事もないだろうが
最後までとんだクワセ者だった。


残業:2時間

今日は定時で帰れた。
しかし、さわやか号を漕ぐ足取りは重かった。

今やってる作業がとうとう明日で終わりを迎えるのだ。
その後、おそらく明後日になるだろうか
先週やったバリ取りへと作業場が変わる。

何を危惧してるかって、作業を覚えたり慣れたりもだが
一番は残業時間である。
先週ちょっろっと作業して分かったんだが、ここの作業場
残業が半端じゃない。
人によっては午後8時過ぎまで残ってやってるらしいのだ。
俺もそうなる可能性はなきにしもあらん。

ワーカーホリックの巣に放り込まれるような気分になっている。

今日もバリ取り。
しかし昨日とは違い、機械で削ったり寸法を測ることはせず
ただただバリ取りに専念する持ち場に移された。
まあここなんだけど。

バリバリトリトリ・・・・。
1時間、2時間・・・、ひたすら黙々とバリを取っていく。
はっと気が付くと、作業着が粉塵まみれになっていた。
一応、粉塵を吸い取る機械の前で作業してるんだが
老朽化してるのか、ほとんど吸い取ってる様子はなかった。

この会社、派遣社員は作業着を自分で洗濯しないといけない。
こんな汚ったない作業着を自宅の洗濯機で洗ったら
壊れちゃうんじゃと危機を感じ、近くにいた社員さんに見てもらうと
ああ、ほとんど吸い込んでないねー。
ちょっと待っててと言われ、ゴミ袋とハサミを渡された。
どうやらこれを被り粉塵から身を守れということらしい。

・・・・・。
チョキチョキチョキチョキ。
ゴミ袋を逆さにし頭と手を出す穴をくり貫き、それを被って
作業再開。


みじめだ・・・。
あまりにもみじめだ・・・。

俺が今作業している加工物は近い内
卸元が自社で加工する計画となっている。
つまるところ、ここでは生産終了ということになる。

今日はその前段階として、卸元が加工技術習得のためやってきたため
俺は別のフロアで違う作業をすることになった。
おいおいおい。
ここは毎日毎日、地縛霊のようにここで毎日毎日作業して
ここに毎日毎日張り付いてここの酸いも甘いも知ってる
この俺が教えるべきだろとも思ったが、会社間での業務委託という
責任あるものなのでやっぱ社員の人が行った方がいいんだろう。

で、今日やった作業は、少し前にやった奴と似てるが
今回はそれ+、ワークを機械にセットして寸法まで測るというものだった。
ひたすらワークをセットして削り、バリを取り取って寸法を測る。


午後になるとワークを持つ左腕は重みを増し、バリ削り機を持った右腕は
プルプルと震え始め、ちゃんとバリを取り除いているのかも分からなくなっていた。

休憩時、誰も居ない喫煙所で煙草を吸ってると
1人のおっちゃんがオッスと現れた。

この人は俺より3,4か月後に入ってきたんだが
まあまあ同時期、そして同じ派遣会社から派遣されてるということが分かり
たまに顔を合わせば話をする間柄だった。
俺もッスと挨拶し、また煙草を吸いながら他愛もないことを
話してたんだが、おっちゃんは今日でこの職場を辞めるらしかった。

同じ派遣会社なので分かるが、契約は3ヶ月ごとの更新だ。
今日は10月3日なので辞めるにしても日付が少々半端だなぁと思ったが
無理やりねじ込んだようだった。

このおっちゃん、話してる時もちょこちょこ小ギャグを挟んできたり
陽気な人だったので、この黙々と殺伐で単調な職場に耐えられなかったのかも
となんとなく思った。
そんな環境を最良とする俺でさえ、時々叫びたくなるくらいだから・・・。


残業:2時間

10月だ。

今月は勤務日数が24日と過去最多で
近いうち今やってる持ち場から、新しい持ち場へと変わることもあり
かなりハードな月になるのが予想される。
そんなハード月間初っ端も変わらず残業。


残業:2時間

2か月ほど前から、喉の奥にタンが詰まってるような
オェッとする感に付きまとわれている。
というか実際にオェッとなってる。

しかし、どうもこれはタンではなくのどちんこ(正式名称:口蓋垂こうがいすい)
がなんらかの原因で肥大化し、それが喉奥のベロに当たっているため
このオェッ感が発生していると気付いた。
意図的に吐く時、指を喉元に突っ込んでゲーー!とやるが
そんな感じが常時続いてたのだ。

もちろん、指を突っ込まれるほどの激しさはないが
地味にしんどい。
10回に1回くらい、本当に戻しそうになる。


喉飴を舐め沈静化を計っているが、治らない場合耳鼻科に
行くことになりそうだ。

はぁ・・・やっと今週の勤務が終わった。
月曜日の起床から頭の中で鳴り始める不協和音もこれから
日曜日の就寝まで一時止まる。


帰り、8月分の給料約170000円ほどが振り込まれたので金を引き出してきた。
俺は今、毎月10万貯金を目途に付けやりくりしている。
そうすると自然、この17万から10万残した
7万円。この引き出し額が来月の給料までの生活費となる。

ここで頭を巡らす。
家賃2万5千。薄毛薬、アトピーの皮膚科代2万。
これらは毎月必ず出費で、7万円からこれらを引くと
残り2万5千。
この額で飯、煙草、酒その他諸々の雑費を補えるのか?
欲しがりません勝つまではの精神でなんとか・・・。

しばし思考したがもり(無理)と判断し
その反動か、勢い余りちょっと高級なウイスキー、ジャックダニエルを
衝動買いしてしまった。
俺に反発した自分のような、よく分からないが少し不思議な感覚だ。

このところ、入荷してくるワーク(加工物)の調子が良い。

今までは寸法がかなり外れてたり、加工前に拭き取る
防油がベットリしてて苦労していた。
寸法が外れてると削り残しがあり、再加工しなければならず
一々プログラムを変更、記録用紙にも何時何分に削り残しのため
再加工といった記入をしなければならない。
防油もベットリしてるのでウオォォォーーと力込め時間を掛けて拭かないといけない
ワークが多々あり苦労していた。

現在は削り残しもほぼ無し、油も2,3回軽く表面をなぞるだけで
綺麗になる。
こうなると作業はスムーズになり、まさに踊り子。
動作に止まりが無くなるので1日に加工するワーク数も
自己更新を日々叩き出してる。


残業:2時間

土曜日吐いた。ゲロを。

が、懲りずに日曜も通常飲酒したので
今日の作業は気怠さに付きまとわれてた。

こりゃ7月に立てた誓いを、今ここで再開しないと
今日はやれると仕事を終え帰宅しながら思ってたが
今現在、甲類焼酎を炭酸飲料で
割って飲んでる。

お酒の天才には勝てん。


残業:2時間

東京ゲームショウ2018に行ってきた。

以前、職業訓練校に通ってた時に知り合ったこいつから
来年発売されるキングダムハーツⅢというゲームの様子を
見てきてくれと頼まれたからだ。
奴はこのゲームの熱烈なファンのようで、俺もまあ毎週のように
部屋に引き籠ってるのもなんだしということで
開催地の千葉県にある幕張メッセへ。

会場に着くと・・・人多いなあと、まず感じた。
1年前、コミックマーケットに行った時と同様か、それ以上の人の多さだ。
とりあえず適当にブラブラした後、キングダムハーツⅢを制作している
スクウェアエニックスのブースに足を運んだ。
キングダムハーツⅢは目玉タイトルというか、やはり注目作のようで
大々的に宣伝されてたしファンらしき人だかりも大きなものだった。
実際にゲームのプレイも可能だったが、整理券がないと不可で
この日の券は全て配布済みということもあり渋々去る。

ところでこの東京ゲームショウ、色んなゲーム会社が来てて各々でスペースを
設けてて、まだ発売してないゲームの紹介を受けたり試しプレイもできるようだと
会場を練り歩いて把握した。
しかし、どこに行っても1時間待ちとか、待っててもプレイできる保証はありません
という張り紙が貼ってあったりしてゲンナリしてきた。
そりゃそうだよな・・・。
なんせとにかく人が多い。
IMG_20180922_145031
こんな感じでしっちゃかしてるもんだから歩くのさえ困難だ。
人がプレイしてるのを観賞するのが基本なのかもしれない。

人の波を必死で避けながら歩いてるとお腹が空いてきた。
何か食べようと思い、特設フードコーナーに行くと
IMG_20180922_124642

うわあぁぁぁ・・・・。
行列を通り越して渋滞だ。
また会場に戻り、ブラブラすることにした。

こんな感じでどこも人、人、人だったが
比較的落ち着いてる場所もあった。
そこは大学生や専門学生、ツクール等のアマチュアや
諸外国の新興ゲーム会社が製作したソフトが
体験プレイ出来るフロアのようだった。
そこでチコチコと体験プレイしたり、なぜかstreetfighterⅡ(スーパーファミコン)
が置いてあったりしたので、懐かしいなと遊んだりして帰った。

結局、3000円も金使って(入場料+交通費)実際にプレイしたのは
アマチュアが作った分け分からんゲームと、30年近く前に発売された
ゲームを小一時間ほど。
後はただぼーっと遠巻きに見てただけ。


やっぱ部屋に引き籠ってるのが一番
おあつらえなのかもしれないな俺は・・・。

最近涼しいな。
この追い風に乗り、張り切って日々を過ごしたいところだったが
アトピーが悪化し始めている。
今まで症状が出てなかった箇所にも湿疹が出始め
自己応急に追われている。

ほんの1か月前、酷暑の中、汗ジトジトで作業してる時より
不快指数が高いんだからやってられない。

呪われている。
呪われしボディーだ。




気が付けば、この仕事を始めてもう半年が過ぎようとしている。

最初の頃は、仕事でもなければ日常でまったく縁の無い機械加工。
イレギュラー(何か分からない事)が起こればどうすることもできず
四苦八苦していたが、今では、寸法がかなり狂ってるな修正修正
コンベアーが止まってやがる動きやがれと、処理もほぼ一人できるようになった。

しかし同時に緊張感も無くなってきてるのを感じる。
イレギュラーさえ無くなればこの仕事、毎秒毎分毎時間
延々同じ作業動作の繰り返しだ。
疑問の余地を挟ませず正解をひたすら反復する。
そうなると、意識は段々現実から空想妄想へと移ろいでいって
過去の事、今の事、これからの事などを考えてしまい
頭と身体がなんか一体化してない気がする。


残業:2時間

会社の就業時間は
午前8時~10時作業 10分の休憩後
午前10時10分~12時作業。

その後昼休憩が40分あり
12時40分~午後3時作業 10分の休憩後
午後5時に定時の上がりといった感じだ。

こうやってみれば一目瞭然だが、昼休憩後の作業が
他の休憩後の作業より20分~30分長い!
昼休憩は40分あるとはいえ、昼食をとってる時間など覗けば
実質10分足らずだ。
故にこの作業時間帯が1日の中で一番きつい。
午後5時からの残業も当然きついが、やはり時間量が多いので
相撲に例えたなら大関と横綱くらいの差がある。
ツッパリ具合が違う。

あんまりきついので、帰宅後会社から貰ってる就業カレンダーを思わず覗きこんだ。
俺は11月一杯でこの会社を去るつもりなんだけど
あと40数回、この‘きつい‘を味あわないといけないようだ。
厳しい回数だ。


残業:2時間

2日酔いで気持ち悪く、苦しい作業を強いられた1日だった。
なんか少なくとも週に一日は、毎週こんな状態で作業してる気がする。
不良品を流してしまうと面倒だが飲まずにいられない。


残業:2時間

先週の半ば、ワークの入荷が一時滞った挽回のため
どうやら今月はこれから毎日残業のようだ。

中小企業ぅ・・・と思ったが、2年ほど前勤めてたトヨタでも
こんなことはしばしあった気がする。
残業モードに身も心も切り替えるか。


残業:2時間

COW121000831_TP_V
薄毛治療のため新宿を訪れ、薬を購入した後
西武新宿線という初めて利用する路線を使い
中野区に行ってきた。
去年の11月に五反田に行って以来、10か月ぶりに新宿以外の
都心に行くことになる。

なぜ中野区に行ったかというと、以前青春18切符で実家に帰省した際
途中通る街、大阪にある‘無鉄砲‘なるラーメンを食べる計画だったんだが
その無鉄砲がある店はJR駅から離れており(18切符はJR線しか乗れない)
渋々スルーした事情があった。
が、この無鉄砲、東京の中野区にも店舗があると知り
今回行ってみることにしたというわけだ。

沼袋という駅で降り、轢き逃げに警戒しながら店にたどり着く。
注文して約5,6分ほどでラーメンは運ばれてきた。
その後ラーメンを堪能したわけだが・・・聞きしに勝るどころか及ぶほども
ウマイという印象は持てなかった。


不合格!

今日は会社で健康診断があった。

といっても、俺みたいな派遣社員やアルバイトさんは除外で
受けるのは正社員の人達のみ。
俺はアトピーなので人前で肌をさらすのが恥ずかしい。

この会社、派遣社員は昼食の仕出し弁当が正社員より高かったり
作業着も自分で洗濯しないといけないなど、やや冷遇されてる面があるが
今回はその冷遇に助けられた形となった。


今日は午前バリ取り、午後からはワークが入ったので
宇宙船の加工に勤しんだ。
主任から、残業してもしなくてもいいけどどうする?と聞かれたので
少し迷い、しないを選んで定時帰宅した。

休める時は休む。これ大事。
今週は2時間しか残業してないしどうしよう・・・
なんて一瞬悩んだ自分を恥ずかしく思った。

今日もワークは入荷されず。

いつもは3階で朝礼が済んだ後、1階の持ち場に
向かうが今日は4階へと促された。

4階の一角に着くと、今日やる作業の手順を教えられる。
簡単に言うとバリ取りだ。簡単に言わなくてもバリ取り。
‘バリ‘とは、加工する際にワークに残るギザギザで
ba57154c21d6a650114f9fe7f6bfd8ee3c9209e5_57_2_9_2
↑こんなやつのことを指す。(画像は拾い物で木だけど)
それをヤスリや電動ヤスリで削って滑らかにするのがバリ取りだ。
子供の頃、学校の図工の授業や
プラモデル作り、その他色々な場面で多くの人が、人生で一度は
このバリ取りをした経験があるだろう。
角が取れ滑らかつるつるになる様は、手触りも見た目も
気持ちがいいものだよな。

だがこれを、何のパーツかよく知らないが面白味の無い
まったく同じ形状をした鉄の塊を、ひたすら8時間、何百個とただただ削ったとしたら
どういう気持ちになるか?


俺は今日それを体感した。

ワークが入荷されず今日は定時上がりだった。
このところずっと残業続きだったから
疲れを遮る防波堤に・・・

とはならず、自由時間の増加と比例して飲酒の量も増え
吐き気と頭痛を帯びながら明日の出勤となるのがパターンだ。

苛立ちを少しでも解消しようと、ラーメンを食いに行くことにした。
そのラーメン屋は最近見つけたんだけど中々気に入ってて
今まで3,4回ほど食べてるがちと遠い。
俺は東京府中市の‘東‘に住んでるけど、そのラーメン屋は正反対の‘西‘にある。
そうなるとどうしても近くのラーメン屋で欲を済ませてしまうんだよな。

しかし、今日という日は、どうしてもあのラーメンを食いたい。
あの店のちゅるちゅる麺と豚骨の旨味、化学調味料で心の平穏を取り戻すのだ。
そう思い、さわやか号に跨り30分近くかけ店に着いた。

着いたはいいものの、何やら胸騒ぎがした。
お昼時で営業時間のはずなのに準備中の看板がぶら下がっているのが
遠目に見えたからだ。
もしかして今日臨時休業か?と訝りつつ入り口前まで来ると

閉店しました

という、臨時休業より厳しい内容の張り紙が。
もう噛む爪も残ってねえよ・・・。


↑このページのトップヘ