ゲホンゲホンと咳込みながら病院に向かった。
といっても内科ではなく皮膚科だ。

府中に住んでた頃は、近くの皮膚科医院に月一で通っていたが
‘東‘府中に移り住んだ今、そこに通うのはちと遠い。
幸い、今住んでる場所にも近くに皮膚科の病院があったので
鞍替えし、初めて行ってみた。

診てくれた先生は齢がいってて少々不安だったが
皮膚の診断や血液検査等もしっかりやってくれて
熟女看護婦が、背中やお尻の割れ目付近まで塗薬を塗り塗りしてくれる
サービスも付いており、少し興奮を覚えた。

会計時、初診ということもあってやや値段が張ったが
変な病院じゃなくてよかったと思いながらその場を後にした。
俺は今回、この地にしばし居を構える心意気なので
一番近場の皮膚科であるこの病院ともしばし付き合うことに
なるだろうからな。

鼻水がダラダラと垂流れ、喉はイガイガしタンコロがとめどなく溢れてくる。
どうやらウイルスに犯されてしまったようだ。
なんか齢30を過ぎたあたりから、寒さ強まる時期になるとこんな症状に
見舞われるようになった。
そして毎度のように、喉飴をキャロッキャロッと頬張っている気がする。

金脈を探し当てゴールドを掘削してる今、倒れるわけにはいかない。
平日は毎週木曜に休んでいたが、今週は明日の水曜日にしてもらった。


残業:3時間

今日は初っ端の荷物の積み込みから午前まで、はまじの手伝いを強いられた。

昨日も書いたが、補助のアルバイトが足りてないようで
今日は俺一人しかおらず、後の配達もはまじと江戸っ子のトラックを
行ききする始末。

はまじの配送コースは力仕事が多いらしく、中にはエレベーターの無い会社に
5Fまで重い段ボールを数個抱え、うんしょうんしょと往復10回近く配送する
個所もあった。
これを20分でやれと言われ、さすがに切れそうになるが
人殺しのような目つきで指示されては逆らえん。

やっと配送が終わって、今度は江戸っ子のトラックに徒歩で向かう。
薬で胃潰瘍が収まってるのか、上機嫌でわけのわからん事を度々言ってきて
そっすねハハッ・・と精神の疲れも蓄積される。
今日がこの仕事を初めて、一番きつかったかもしれない。


残業:1時間50分



今日は休み。
はまじにこき使われた疲労が祟り、ほぼ床に入ってた。

昨日、はまじに俺のような補助スタッフはドライバーの負担を少なくするために
いると聞かされた。
しかし現状、まだまだそのような状況になってないと。
この店で働き始めて約ひと月、江戸っ子や他のドライバーさんから
過酷な労働状況は耳にしているし実際目で見ている。
骨にヒビが入りながらも病院にいけず働いてた人や、江戸っ子のように
胃潰瘍でもヒーヒー言いながらやってる人。

それでもはまじはこの店はぬるい。
ほとんどの奴がクソと言い切ってた。
はまじ曰く、別の店はもっとハードで他のドライバーも補助も
優秀だったと。

はまじの言う事はわからんでもない。
なんだかんだで齢いってる人が多く、はまじからしてみれば
チンタラやってるように見えるんだろう。俺はそう思わないけど。
そして何よりも補助があまり集まってなく、結果的に俺みたいなやつでも有り難がられるくらいだから
切磋琢磨が生まれず効率は落ちる。そういうことだろうな。

なんか面倒な環境だと思うが、年内一杯の仕事だ。
なるだけはまじとは関わらず逃げ切りたい。



伝票は俺が制服のポッケに入れて出し忘れてた。
メンゴメンゴと謝ろうかと思ったがおっちゃんは休みだった。
たまに同乗するもう一人の人も休みで、センター長と一緒に配送した。

午後、昼休憩を1時間貰った後、センター長のトラックから別のトラックへと移る。
この別トラックは俺が配送してる区域の隣を担当してて、配送中もよくすれ違い
たまにヘルプとして俺も移り乗ってるんだが、このドライバーは江戸っ子と違う意味で
少々ややこしい。

齢は俺とあまり変わらないようだが、ちびまる子ちゃんに出てくる‘はまじ‘の身体をデカくして
面も凶悪にしたような風貌、かつ人使いも荒い奴で仕事終わりの午後8時まで
ブチブチ言われつつ配送に奔走していた。


残業:2時間30分

午後9時過ぎの今しがた、仕事が終わり家に着きほっとしながら酒を飲んでる電話が鳴った。
出ると今日も一緒に同乗した江戸っ子からで、伝票が1枚無いということだった。

宅急便は荷物に伝票とその控えが付いている。
配達人は届け先に荷物を届ける際、その伝票にサインを貰ってペリッと剥がし
ちゃんと配達しましたよという証にする。

俺は補助に過ぎないので、細かな管理は、社員である江戸っ子にサイン入り伝票を渡して
後は専用端末で受け渡しの詳細をデータ化してるようだが
この伝票がないと少し手間があると、前も足りない事がありそれを聞かされてた。


江戸っ子の事は結構色々思ってるが、俺自身抜けてるとこがあるから
どっかに落っことしたというのもありえる。
ちょっと分かんないです、スンマセンと言い電話を切るも
胃潰瘍でワーカホリックのおっさんの足を引っ張るのは気が引ける
ので俺の手違いじゃないと思いたい。


残業:1時間50分

12月に入り、毎日2時間3時間の残業で
さすがに疲れが溜まっている。

俺は今、電車に乗って職場に通ってるんだけど
交通費は1日あたり500円の支給だ。
が、職場近くの駅まで乗っていくと往復で1000円近く掛かってしまい
足が出るので途中で降り、職場まで30~40分歩いてる。

残す勤務もあと半月ほどになった今
この辺でケチるのをやめ、最寄り駅まで電車で通った方が
賢明かもしれない・・・。 

江戸っ子は今日休みで、病院に行ったところ胃潰瘍だったと
同乗してるドライバーさんにLINEがきたらしい。

といっても聞き及ぶように人手不足が激しいこの職場。
入院を勧められたが、薬で痛みを散らし
明日は普通に出勤するようだった。
俺は明日休みだが明後日はまた同乗するだろう。
まだ昨日のような感じだと本当に事故っても不思議じゃないので
シャレにならん。

色んな意味で、入院したら良かったのにと心から思った。


残業:2時間50分

今日も今日とて江戸っ子と同乗。

いつもと同じように、荷物の積み込みをしてるおっちゃんに
おはようございますと挨拶すると、死にそうな顔でオウッ・・と返してきた。
明らかに調子が悪そうで、さすがに同僚やセンター長(現場での長的立場?)の人らが
大丈夫かと声を掛けていた。
居たたまれなくなり、一緒に配送したことがあるドライバーさんに
本当にきつそうですけど大丈夫ですかね?と言うも代わりは居ないから、君が
目一杯アシストしてやってという返事が返ってくる。

その後のおっちゃんはもう駄目だ、限界、事故っても悪く思うなよ
葬式は来てくれよな等、ネガティブ100%の言葉を隣に座ってる俺に
1日中振りかけてきた。


残業:3時間20分

今日も江戸っ子おっちゃんと同乗。

毎度のように急げ急げ、どうしようもねえよ、ブラック会社がと
一配送終わる度に愚痴ってるおっちゃんだが加えて今日は、胃が痛い
俺は一度血を吐いている、駄目だ死にそうと心身の不調も
仕事の終わりまで何十回と繰り返しぼやいてた。

病院行ったほうがいいんじゃないですか?と言っても
俺が休んだら他の人に迷惑が掛かると、口調強めに返してくる。


なんなんだろうな。
高尚な意志だとは思うけど、そんなに無理して自身が倒れたら迷惑も糞もないだろう。
分かるようで分からない。分からないようで分かるような複雑な気持ちだ。


残業:2時間

2日ほど前に、親切女性から自宅で展示会を開くというメールが入り
丁度休みなこともあって行ってみた。

彼女は美術系の学校を出ており、ここ数年は私生活で色々ごたごたしてて
活動をおざなりにしていたが近年、制作を再開したという経緯を話には聞いていた。
いうなれば新聞配達員兼、アーティストさんなんだな。
どんな作風なのか、その辺の事は詳しくは知らなかったが
仕事傍らでの制作ということで今回は作品はひとつしかなかった。

初めて彼女の家に上がるという事と、知り合いのみを呼ぶということもあり
色々キンチョーしていたが、俺が最初の来訪者だったらしく
その後、彼女の学生時代の友人が来て、あと新聞屋の専業さんも2名ほどきて
飯食って終わった。


なんかどっちかというと展示会というより
夕食会みたいな感じになってて、肩透かし感も少々あったが
久々に親切女性や専業さんと会えて良かったと思った。

今日は午後5時近くまで休憩一切なしのノンストップ配送だった。
その間江戸っ子おっちゃんはきつい、限界、無理、どうしようもねえよ
等の呪怨を延々唱えてた。

嘆きたくなる気持ちも分かるが、俺も少々おっちゃんの念に
当たっている。


残業:3時間10分

11月分の給料が振り込まれた。
IMG__201712342__091517
その額、86026円。
下に190と記載されてるがなんだろうと首をかしげている。

しかし悪くない額だ。
11月は7日勤務で、その内残業があった日は2日。
1日はほぼ定時で残りの4日は6時間勤務で上がってた。
それでも平均して日当12000円を超えているからな。

今年の残り23日。
頑張ろうと拳を強く握り誓った。


残業:2時間

今日は休み。

このところ、仕事の日は帰るとシャワー浴びて飯食って寝るだけ。
休日は1日中ゲームというハードな毎日を送ってたので
久々にアニメでも観賞して、心と身体を憩うかとアニマックス+を起動した。
がすぐに、あれ?なんか仕様変わってるなという違和感を感じる。
どうも月額500円掛かる有料タイプになったようだ。

アニメ如きに金払うわけねえだろ。
ふざけやがって。

今日は江戸っ子おっちゃんとは違う人と同乗。
前も書いたが、この人は物腰も丁寧な人で
昼休憩も1時間キッチリさせてくれる。
江戸っ子と一緒に回ってる時は30分足らずで
終わる事もあるので有り難い。
まあ江戸っ子もサボってるわけじゃなく、常に動き回ってるので
責める気にはなれないけどな。

配送開始の10分ほど前に、ちょろっとした朝礼があるんだが
そこで毎日のように休憩時間を確保しろという話が出ている。
しかし、実際の現場では1時間どころか、30分も休んだら間に合わなくなるという
現実があるようだ。

俺もほんの1ヵ月前まで新聞配達という、時間に追われる配達業務をして
ヒーヒー言ってたが、ここと比べたらまるでぬるかったと思い直してる。


残業:2時間10分

今日は昨日より大分荷物が少なかった・・・らしい。
社員さんは朝の7時半には荷積みするため出勤してるようだが
俺は8時半出勤なのでその辺がよく分からないんだよな。

だからといってこの仕事、そう安々と勤務を終えれるようではなく
営業所を後にしたのは昨日と同じ、午後7時半だった。


残業:2時間

月曜日は荷物が多い傾向にあるらしい。
それに繁忙期という事も加え、11月までは9時に営業所を出発してたのが
12月に入ってから9時半過ぎになっている。
今日は9時45分頃だった。

隣で運転している江戸っ子おっちゃんも、今日はどことなく覇気も元気も無く
ボソボソっと無理、やってらんねえを連発していた。
そんな感じでスタートしたが午後7時半、なんとかメドがつき営業所に戻る。
この間、おっちゃん休憩0。飯さえ食ってなくひたすら仕事してた。
よく死なないなと、冗談ではなく本気で思う。


残業:2時間10分




今日は江戸っ子おっちゃんと同乗。

やはり繁忙期ということもあり、荷物も多く特にクール(冷蔵、冷凍)物が
たんまりあった。
それはしょうがないとしてこの江戸っ子おっちゃん、常にああ時間が無い
遅れてるやばいやばいとうるさくてしょうがない。
まあ初日からこんな感じだったんだが、今日は特に拍車が掛かってた。
2時間刻みの時間指定もあるので、そう口走る気持ちも分かるが
歩行者や一般車、路肩に停車中の他種トラック、とにかく我が道阻むもの
すべてに対して罵詈雑言を浴びせまくり(車内で)
隣に座ってる俺に、お前ちょっとあいつ殴って来いよ等口汚い言葉を度々言ってきて
ハハと苦笑いするのも一苦労だ。
そして、午後になり配送が一段落すると今度は上機嫌になり
一場所終わる度に、おいnito,お前やるなぁええ!?
と大げさに言い、その度にまた、そっすか・・ハハと苦笑いする。

仕事よりおっちゃんの相手の方がしんどい。


残業:3時間

今日からいよいよ繁忙期。
背水の陣を敷いて職場へと向かった。

俺は今、朝8時半出勤しており、そこから荷物の仕分け等を
ちょこちょこ手伝って9時頃、社員さんが運転する車の助手席に乗りこんで
配送へと出発している。
いつもピリピリした雰囲気なので、今日は怒号飛び交う仕分け模様かと
覚悟していたが特にそういうことはなく、普段より30分遅れなものの
いつも通り出発して夜7時半までしこしこと配送に勤しんだ。

とある高級マンションへの配達の際、500円お駄賃を貰ったし
悪くない幸先だ。


残業:2時間

勤務7日目。

今日は江戸っ子おっちゃんじゃない人と回った。
この人は江戸っ子と違い、昼時にきっちり一時間休憩させてくれる。
昼休憩、俺は車内で、用意していた弁当を食べたり煙草を吸ったりしてるんだが
その間も忙しなく働いてるので少々申し訳ない感も感じるが、有り難い。

今日も荷物を無事捌いて、早々と午後3時には店に戻ったが
明日からどばっと来るお歳暮の仕分けをしてくれということで
そのまま仕分けを開始する。
っと思いきや、ほとんど何もすることなくぼーっと突っ立てた。
店には集められた荷物を区分けする人が居るんだけど
その人がほとんど一人でやってた。
結局その後は午後5時半頃上がったが、やったことといえば段ボール10個ぐらい
コンベアに積んで、胸に刺してたボールペンを貸してあげたことぐらい。
2日前に入ったという新人さんも一緒だったが、立ってただけだったねと帰り際話した。


まぁこんなでも給料は発生してるだろうから良しとしよう。
肩透かし感は少しあるが。

今日は休みになった。

今、週5勤務の契約だから金曜までいくと土曜日曜が休みなんだが
12月に入って最初の土曜(12月2日)は荷物量が凄まじいらしく
今日休んで代わりに土曜入ってくれとのこと。

休みだったが、なんか不安でずっとソワソワして部屋に閉じこもり
銃口をこめかみに当てられてるかのように、何度も生唾を飲み込んでいた。

勤務6日目。

今日も江戸っ子おっちゃんと一緒に回ったが荷物量が少なかったようで
あまりごちゃごちゃ言われなかった。
むしろ上機嫌で、午前に回ったマンションの不在荷物3つを
午後回った時、偶然3家人共帰ってきてて全て捌けたんだが
お前やるなぁ1人前だよもう、とか色々褒めちぎってきた。

なんか今一人物像が掴めない人だなぁ、と思いながら一緒に配送してるが
まぁこういう人であり、こういう仕事なんだろうな。
俺はこの人の手伝いみたいな感じかつ短期なので正直、若干の気楽さも持っているが
この区域の配送責任を負うのは結局、おっちゃんだから必死になるのは致し方ない。

一種の戦いだな。
仕事という名のバトルだ。

勤務5日目。

今日は江戸っ子おっさんと回ったんだが、荷物量が多かったようで
なんかカリカリしてた。
もう5日目なんだから配達先を先読みして率先して動けとか
ごちゃごちゃ抜かしてきた。
といっても積み荷はほとんどおっちゃんがやってるから荷物がどこにあるなど
分からないし、次行く場所とかも分からないからハァ、すんませんとしか言いようが無い。

しかし、なんだとコノヤロウという気にはあまりなれない。
俺もだが、おっちゃんも休憩をほぼ取らず、午前9時からノンストップで仕事を続け
午後3時に集荷先のコンビニで、肉まんと唐揚げを買ってそれを2,3分で胃に
流し込んで昼食を終了してたからな。
ちなみに俺は途中、15分ばかしの昼食の時間を貰った。
食事の場所が車の中なのはこの5日間ずっとだ。
他の同僚もこんな感じらしい。
昼食時、どこかの飲食店に入ってゆっくりご飯を味わったり、木漏れ日が照る公園で
ゆるりと昼休憩を過ごす事など、時間が許さないと。

俺はその後仕事を上がったが、おっちゃんは21時近くまで仕事を続けると言っていた。
なんか色々やばいと思っている。

今日はずっとアニメを観てた。

はぁ・・・明日からまた仕事か。
荷物を運ぶだけとはいえ、面倒な事には変わりない。
朝6時に起き、夜6時とか7時に帰宅だから優しくはないよな実際。
今年一杯ゆっくりニートしてても良かったかもという思いが
徐々に溢れ出し始めている。

休みの日と仕事の日、緩急激しい日々になりそうだ。

今回の仕事、俺は年末に向けての補助スタッフとして雇われている。
12月から荷物量がドカンと増えるらしいので、ドライバーさんの負担を
減らすための要員といった感じだな。

そんな感じなのであまり難しい事はやらされない。
代引きで金銭の受け取りがある荷物は社員であるドライバーさんがやり
俺は単純に荷物の受け渡しをして伝票にサインを貰うだけの簡単な仕事だ。
居なければ‘宅配ポスト‘という、不在者用の荷物を入れるボックスがあるので
そこに入れて何番のボックスに入れときましたよ~と記した、不在票という紙を
ポストに投函する。
基本的にこれを1日中やるだけ。

これで時給1500円。
去年やってたトヨタの派遣工が1400円だったので、どうせならこれを更新する額の
仕事がしたかった。
せっかく日本の首都、東京に来てどこよりも給料が高い所だからな。
仕事の内容はトヨタのラインより楽だし、案外悪くないと今のとこ思ってる。


まぁ、忙しいとされる12月の繁忙期を迎えてないので、まだなんとも言えないとこもあるが
年末までなんとしても踏ん張るつもりでいる。
時給1500円という数字は、それを可能にする力を持っている。

勤務4日目。

集荷といって、会社などから引き取る荷物があるんだけど
それを店に降ろすために午後4時頃、どのトラックも一旦店に戻るようで
今日はその時一緒に俺も仕事を降りた。
2日前と同じような感じだな。

明日明後日、週末の土曜日曜は休み。
約20日のニート生活からのハードワーキンはいささか疲れた。

勤務3日目。

今日は昨日休んでいた江戸っ子おっちゃんと一緒に回った。
開始早々、荷物の仕分けが間違っていたらしく、とあるマンションの
配達一式を任されておっちゃんは罵詈雑言を口にしながら店に戻っていった。
この店は荷物の仕分けに外国人スタッフを雇っているらしく、ちょこちょここのような
手違いが起きるらしい。

3~40分ほどしておっちゃんが戻り、その後は午後3時までノンストップで
配達が進む。
この仕事は休憩時間が各々の宅配人に委ねられているらしく
決まった時間に取るということはあまりないらしい。
日々配達の量が違うということで、それも当然なのかもしれないと思った。

さらに配達を続け、午後6時半頃別の人の車に乗り次いで俺は帰ったが
江戸っ子おっちゃんはその後も小一時間仕事を続けるようだった。


ようやるなほんと。


勤務2日目。

俺は今回、配達補助スタッフとして雇われている。
役割的には社員さんが運転する車の助手席に座り
一緒に配達の手助けをするというもので
今日は昨日の江戸っ子おっさんとは違う人と回った。

具体的な仕事の内容は、社員さんにここのマンションに行ってきてと指示され
イエッサー!と荷物を届ける。具体的に書いてもこれだけ。
まあ普通の荷物や冷凍品冷蔵品、メール便など荷の種類は多少あり
留守の場合、少々こまごました作業はあるがそこまで難しいものじゃない。
10月までやってた新聞配達の集金と形は似てるが
集金は金の受け渡し、こちらは品物の受け渡しといった感じだ。

今日は午後3時半にはほとんど荷物が片付いたので店に上がり、5時まで事務員さんの
手伝いをやってた。
といっても、別に俺が居なくても構わないようなものだった。
そもそも入って2日の俺に何ができるっていうんだって話だな。

今、週40時間労働の契約をしているが、遅く上がらせても早く上がらせてもいけないと
向こうで計算して調整してくれてるようだ。
昨日、午後8時まで労働して睡眠時間5時間で迎えた身なのでさっさと帰りたかったけど
気遣いを無下にしまいと半ボケで何かやってた。

しかし、この辺はさすが大手企業だと思った。
給料もいいし、今年一杯首にならないようしっかりやらないとな。

朝5時半起床、そして6時半発の電車に乗って初出勤へと向かった。

店に着くと事務員さんに作業服を渡され、着替えた後今日一緒に配達する
社員さんの元へと案内された。
齢は50も過ぎ、チャキチャキの江戸っ子のようによく喋る、パワフルな人だったが
結構優しい人で、この仕事のノウハウを今日1日でずいぶん叩き込まれた感じだ。

午後8時、配達が終わり店に戻り
午後10時過ぎ、家に戻った。


今日何時間外に居たんだ?
早くも初日で赤信号が点滅し始めた。

再度、web上で見つけたバイトの面接に向かった。

今回の面接場所は新宿。
宅急便の短期スタッフということで肉体労働が予想されるが
時給が高く、10月まで新聞配達をやっていた今なら身体が鈍りきってない
のでこなせると思ったのと、一昨日の屈辱を早く払拭したいため応募した。

面接時間まで約2時間近くの余裕を見越して家を出たにも関わらず
メガロシティ新宿の迷宮具合に嵌り、辿り着いたのは時間10分前だった。
店に着くと他の従業員達がせっせと準備しているのを横目に
事務所に案内され、少し時間を置いて面接が始まった。
とはいうものの今回は前回と違い、ほとんど履歴書には触れず
主に仕事の内容の話と書類の記入に時間が費やされた。
この店の副所長だという面接官も、腰が低い人で良い印象を受けた。

面接というより、すでに仕事に入る準備を進めてる感じで
今後用意するものとしては、給料の振込用口座やマイナンバーの提出
など、ちとこまごまするものはあるがさっそく明日から働く運びになった。

去り際、副所長だという面接官にガッツリ稼いでねと言われ
身体が奮い立つ感覚を覚えた。

↑このページのトップヘ