昨日は新聞が4部も余ったので確実に数件は不着しているだろうなあ
と激鬱で夕刊の出勤へ向かったが、店に着いて連絡票を見ると
何も貼ってない。
どういうことだ!?
ソワソワ状態で夕刊が到着するのを待ってる間
専業が何か言ってくるかとも思ったが特にその気配も無し。
助かったのか?助かったんだ!
俺はコブシを固く握りしめ、静かに勝利を喜んだ。

ところで俺のスマホは今、画面が割れて操作不能になっているんだが
ここに送って修理してもらうことにした。
まだ修理可能かは分からないが、とりあえず診断という形で診てもらう。
今から9時になったら郵便局に行き、朝一で輸送の手配をする予定だ。


俺は最近、疲れている。
まるで一人相撲してるかのように勝手に落胆と安堵を繰り返してる。
常に冷静沈着360℃の視野を持ってた頃に戻りたいぜ。


今日は新聞が4部も余った。
こんなに余るのは初めてだ。

朝刊も夕刊も一緒の区域を配達してるんだが
約300件の内、100件ほどは朝刊のみの配達をしている。
夕刊はその100件を抜かして配達するんだけど、そのクセが
朝刊時も出てしまって抜かしてしまったか?と推測。
朝刊のみの家をピックアップし、まだ新聞が入ってないとこに入れといたが
まったく自信なし。

はぁ・・・ここ最近、俺の生体反応的な物が著しく低下している気がする。

またスマホが壊れた。
正確には完全に壊れてはないが、画面下にヒビが入り
下側半分の操作ができなくなっている。
下半分とはいえ、ちょうどロックを解除する場所にあたり
電話を取る場所でもあるので実質何もできない状態だ。

落としてもないのになぜヒビが入ったのか。
俺はいつもポケットにスマホを入れてて、その際一緒に部屋の鍵も
入れてるんだな。
配達の時は走ることも結構あるので、その振動でスマホの画面と鍵とがぶつかり合い
ヒビが入ったものと思われる。

どうしたものかとネットで解決策を探してると、USB変換ケーブルなるものを使えば
マウス操作が可能になるという記事を見つけた。
さっそく電気屋に行き購入。
USB変換ケーブル
はぁ、なんとかこれで窮地は逃れた。
一時ほっとするものの、差し込んでみても反応ナシ・・・。
再び電気屋に行き、店員さんに事情を説明して別のケーブルでも試して
もらったが結果は同じだった。

困った。
普通はショップに持っていくんだろうが、俺のスマホはイオンが販売している
いわゆる格安SIM搭載のスマホだ。
IPHONEなどのメジャーなやつなら、あちらこちらに店がありすぐ対応できるんだが
俺のやつはイオンまでいかないとどうにもならないんだよな。
そしてこの街にはイオンがない。

実際、スマホが無くて困ることといったら電話と目覚ましアラームが使えない
くらいなんだが、この2つは新聞配達をする上で非常に重要なのだ。
例えば配達中にパンクした場合などに、早急に店に連絡することができなく
なるしアラームが使えなくなれば寝坊する確率も上がるが、通話不能なので
電話で起こしてもらうこともできなくなる。


スマホ1つあるなしで生業の幅がここまで変わるとは
思わなんだ。

配達を終えて、新聞が余ると不着の可能性があるんだが
今日は逆に足りなくなった。
それも本紙ではなくスポーツ新聞ともう1紙、特殊な新聞。
これら諸紙と呼ばれるものは、店にも余りが無い。

しょうがないのでスポーツ新聞はコンビニで買って入れることにした。
新聞店で宅配してるスポーツ新聞はエロの項目を削除してるので
本来は駄目なんだが、裏技的な感じで専業に教わったこの技を
とうとう使う時が来たか。

しかし、特殊な新聞の方はこの技も発動できず
追送という形で夕刊時に一緒に配ることとなった。

はぁ・・・ここまで人から否定されると俺はちょっと頭がおかしいんじゃ
ないかと自問してしまうな。
新聞の集金の時も、なんかそんなことをちらほら言われたしな。

俺はフルフェイスを被って配達してるんだが
集金の時も同じスタイルで行っていた。
その際、インターホンを押して客がドアから出てくるとワッ、強盗かと思ったと言われたり
君、メットを外しなさい、常識が無いぞと説教を食らったりしてた。

俺は表面上ではスンマセンと頭を垂れていたが内心では
フルフェイス=強盗っていつの時代だよ。つーか強盗がピンポン鳴らすかよアホか。
メットを取れ?そんないちいちメット取ってらんねえよ面倒くせえと心の中で毒づいてた。

他にもある。
インターホンが壊れてるっぽい家があり、御免ください~と外から呼びかけるも
応答が無いので玄関のドアに手を掛けると鍵が閉まってなかった。
ガチャリと開けて失礼します〇〇新聞です~集金に来ました~と呼びかけると、家人が2階から
ズンズン降りてきて何勝手に玄関開けてんだよ!と怒鳴りつけてきたのだ。
ああ?インターホンは壊れてるし外から呼んでも出てこないから仕方なく開けたんだろうが
殺すぞううえぇぇぁぁぁぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!と叫びたくなるのを
必死で堪え、グチグチと続く文句を黙って聞いていた。

さらに店に戻ると専業から呼び出されて、さっきの家から苦情がきたと告げられたので
事情を話すも、だったら電話とかすればいいだろ、玄関の戸を開けるとか常識が無いぞ
と叱りを食う。説教叱のサンドイッチだ。


最近よく聞くADHDとかアスペルガーといった
脳の障害も疑った方がいいかもしれんと思ってる。
診断されたら障害年金とか貰えるのか調べてみるか。

訓練校に通ってた時知り合った、一人のゲーマーがいるんだが
そいつとは訓練の後半くらいから週末にちょこちょこと
ps4のオンラインで一緒に遊んでいた。

俺がここ東京に来てからもラインでメールしたり、ネットを繋げてからは
時間が合う時はゲームしたりしてた。

そんな気のいい奴なんだが、昨日俺に対してぶち切れた。
事の発端はライン上での事。
奴は訓練終了後、地元企業に就職したんだが昨日初任給が出たという。
だが、給料が思ったより少なかったようでその事をぼやいてきた。
俺がいくらくらいだったの?と返信すると、給与明細のメール画像が送られてきて
その画像には、口に含んだコーヒーを思わず吹き出しそうになるような、哀愁漂う
手取り額が記載されていたんだな。

俺はこりゃ面白いわいと思い、その画像を訓練生のクラスのグループチャットに張り付けた。
グループチャットは訓練が終わると誰も書き込まなくなり閑散とした様子だったので
給料低すぎ(笑)ワィワィキャッキャ#となるのを予想したんだが、実際には上に書いたように
思い切りぶち切れられ、優しかった女性陣からも画像を消すよう求められた。

なんだかなあ・・・。
思えば物心ついた頃から、人とのズレを感じていた。
素のままを出すと疎まれ、かといってズレを無くそうと意識すれば
窮屈になる。
俺の人生、ほとんどニートなのもこういう些細な事が
積み重なってきた結果の産物なのかもしれない。
ニートだったから生きてこれた。そんな気さえしてくる。


やっぱ人とはできるだけ関わらないほうがいいな。

先週末は家財道具の購入に勤しんだ。
座椅子に机、テレビ台。
そして家電も電子レンジと冷蔵庫をゲッツ。
特に最近、むしむしと暑くなってきたので冷蔵庫は必須だった。
あるとやはり快適感が違うね。
氷がある生活は良い。

しかしこれらの家電は、前に派遣工で北九州に行った時は
部屋に全て備えてあったなと買い物しながら思った。
過去、散々派遣元をディスったが、今思えばわりかしマトモなとこ
だったのかもしれない。ピンハネを除いては・・・。

まあそれはいいとしてざっと見、やっと部屋が‘部屋‘らしくなった。
全部で2万ちょい掛かったがもうこれ以上買い足す事はほぼ無いと思う。
vs東京の足場が整ったって感じだ。
heya


今日は日曜なので夕刊は無い。
そして明日は休刊日なので朝刊は無い。
夕刊は普通にあるんだが、俺はまたも休みを入れられたので
明日は丸1日休み。
まあ結果的に休みが繋がったので良しとするか。

俺の店は、バイトは月に5日休み(専業は6日)を入れれるらしく
月末に来月のカレンダーへと、各々が書き込むという話を聞いていたが
先月は店長にいつ休みたいか聞かれ口答で答えていた。
俺は休みを繋げたいので月曜を希望したんだが、それが今回仇となったな。

というか、休刊日ってカレンダーみるとほとんど月曜だな・・・。


昨日の昼に集金した金を締めた。
5日までに95%回収できれば+3000円というノルマもなんとか
果たせ少しほっとしている。
あとは残り10件ほどの家をぼちぼち回収していくだけだ。
ほんときつかったな。
絶対来月は(今月になるが)やらないぞくそが。


兎にも角にも終わりのめどがついた。
明後日の休みは近くにある有名イタリア料理店
サイゼリアで乾杯でもするかな!

給湯器がイカれたらしく、外で馬鹿デカい音が鳴り響いている。
おまけに今、市内で祭りが行われており、どんちゃん音と重なって
ほとんど寝付けなかった。

ガス会社に電話すると、修理は有料であるため
アパートの管理人と相談の上もう1度電話しろとのこと。
音はコンセントを引っこ抜いたら止まったが、これじゃシャワーを
浴びることもできん。


所長に言うしかないが、奴とは極力絡みたくないので憂鬱だ。

また寝坊してしまった。
今は念を重ね、目覚まし時計+スマホのアラームもセットして
床に就いているんだがそれでもこの始末。
昨日は結構飲んでたから、セットし忘れたのかもしれない。

今日は紙分けといって、各区域の配達員が配る新聞の端数分を
選る作業を初めて行う予定だったが、遅刻したので他の従業員さんが
してくれていた。

当然、専業からは怒られたが
反省より、吐く息が酒臭いのがばれないかと
そっちの方が心配だった。

変わらず配達後に集金。

あと20件ほど残ってるんだが、相手はここまで生き残ってきた生え抜きの
不良購読者達。
この20件を2、3回繰り返し周るも、回収できた家はたった2件。
やんちゃがすぎるぜ。
夜8時まで粘ってやっと1件インターホン越しの反応があったが
現金を持ち合わせてないので後日来てください~という
非情な現実が待っていた。

オーケーオーケー。
もうこうなったらいくとこまでいくぞと思い、徹夜覚悟で夜の街で待機してると
店から順路丁を戻せと説教交じりの電話を受ける。
その後、なんか急に面倒臭くなって、結局ほとんど回収できず
引き揚げることになった。


次のノルマまであと2日・・・

俺の精神と肉体は限界にきていた。

昨日、集金した金を入金する際、事務所に所長が居たので
集金業務はしたくないと告げると

nito君頑張ってるよ無理しないでいいからさ
大丈夫大丈夫

と完全にはじきやがった。
集金をやるのは配達やこっちの生活に慣れるまで、早くとも2,3か月後
って面接で話したじゃないですか。
ほんときついんですんませんと食い下がるも

だめ

と一言放ちどこかに消えていった。


なんだこいつ・・・

目覚めると、瞼越しに薄っすらと光がさしこんできた。

ああ、もう朝か。
昨日集金をやった後、夕方から酒をちこちこと飲みながらネットしてる間に
深い寝落ちに捕まったようだ。
今何時だ?と思い時計を見ると針は11時半を指していた。
半日以上も眠りこけってたのかと耽り、ベランダに出て煙草を吸おうとしたら
外は真っ暗だった。
どゆこと?と首を傾げたが、どうやら光の元は太陽ではなく、付けっぱだった
台所の蛍光灯でまだ日を跨いでないと気付いた。

こんな時間に起きるなんて初めてなのでどうしようかと思ったが
特にやることも無いのでバトルフィールドに久方ぶりに参戦した。
やはり面白い。
気が付くと日を跨ぎ、午前7時近くまでひたすらパンパンチュンチュンしてた。

その後、身支度をして集金に出掛ける。
風も穏やかで柔らかな日差しと日曜という日も相まってか
どこかのんびりとした空気を感じながら集金できた。


時間に余裕があるっていいな。
休日出勤だけれども。

とあるアパートのインターホンを鳴らし、集金にきたという旨を伝えると
あ~、はい・・・と少し不機嫌そうな対応だった。
少ししてドアがガチャリと開き、童を傍らに抱いた少女が出てきた。
ん?親は留守なのかな?この子が金を払ってくれるんだろうかと思いつつ
領収書を切ってると1万102円渡してきた。
料金は4037円。えっ?お釣りいくらだ分かんねえ。
1万円から取ってよろしいですか?と聞くも小銭が欲しくないから
1万102円で取れと突っ張られる。
アタフタして必死に暗算してると、6065円です、そのくらいも
分からないのですかあなたは、と冷たく罵られる。
くっ・・・このアマが・・・最近の餓鬼は生意気だぜと拳を握りつつも
どこかこの口攻に、少し興奮してる己も混在していた。

料金の支払いが終わり帰ろうとすると
解約したいんですけど、と生意気少女が切り出してきた。
・・・解約か。そういやここの家、新聞抜いてない日も結構あるし
あんま読まないんだろうな。
契約の事はよく分からないので、こちらからもそのように伝えとくので
領収書に書いてある店に連絡して下さいといってその場を去った。

次の集金に向かう途中、ん?ちょっと待てよという疑問が浮かんだ。
普通、集金の金を払うのもそうだが解約の話などするのは
親御さんじゃないか?なんであんな小さな少女が?
まさかあれ大人で、傍らに居た童はあの子の子供だったのか!?
頭の中が混乱してきた。

店に戻り、俺の区域を管理してる専業にさっきの事を伝えると
解約は契約が切れるまでできねえ!ときっぱり言われた。
さっきの家の事も当然知ってるらしく、事前に何かあったような
雰囲気だった。
どんな人が出た?と専業が聞いてきたので風貌は子供のようだったけど
あの人大人なんですか?と聞き返すも専業は黙ってた。
ったく使えねえなこの猿。

今日も集金。

11時から開始するもやはり昼間は留守の家が多く
3時間近く周って回収できたのはわずか11件。
夕方からは約2時間で20件ほど回収できた。

ところで、集金で貰える給料は集金額の2%となっている。
例えば朝刊夕刊を取ってる家は4000円くらいなんだが
これの2%で80円となる。
となると、昼間の集金の時給を考えた場合いくらになるか・・・。
考えるだけでも嫌になる。

各日に付く手当をしっかりGETできないと
雀の涙ほどの給料しか得られない恐ろしいシステムだ。

俺の店では集金にノルマがある。

初日(昨日)に全体の30%回収すると手当3000円が付き
月末までに90%でさらに3000円。翌月の5日までに98%で3000円。
最後に15日までに100%で3000円といった具合に。

俺が受け持った件数は約220件。
30%を達成するにはざっと66件の回収が必要となる。
昨日、午前11時から夕刊時まで集金しさらに夕刊を配り終わってから
午後7時半まで粘ったが結局、回収できたのはやっと50件といったところだった。


無理ゲーすぎる。

今日から集金をすることになった。
いつもは大体午前6時ちょっと過ぎ頃にアパートに帰ってきて
朝飯を食ったりネット、ゲーム等をした後2,3時間仮眠して
午後2時頃に夕刊へと向かう。

だが、集金時は午前11時から出勤しないといけないらしく
いつもより3時間も早く出ないといけない。
こうなるとよもやネットやゲーム以前に
睡眠時間さえちゃんと確保できるのか!?と怪しくなってくる。

どうしてこうなった・・・。


今日は電話番だった。

しかし朝刊の後に3時間はこたえるな。
給料減ってもいいからやりたくないぜほんと。
まあ一緒に電話番してる専業から店の情報を色々聞けるので
その辺はためになってるが。
普段の勤務では挨拶くらいしかしないからな。

ただ、訛りがあるので少しずつ治していったほうがいいよと言われた時は
少しカチンときた。
電話での対応も、普通に話してる時も敬語なのにどうやったら訛れるんだよ。
しかもなんか重症っぽく言いやがって。

失礼なやつだ
             

今日は配達休みだった。

洗濯したり部屋をコロコロで掃除したりして1日が終わった。
朝刊に備え、今から30分後の午後8時には床につかないとな。

休みというより待機といったほうが正しいかもしれない。

昨日の朝刊は推理が当たり不着はなかった。
が、夕刊でまたも数が合わなくなり一度店に戻り新聞を
取ってくるはめに。
なんとか事なきを得たけど、ほんとグラついた配達っぷりだ。

ところで昨日、夕刊前に所長から昼飯を奢ってもらった。
店の近くのうどん屋に入りカウンター席に二人腰かけながら
仕事は慣れた?とか他の従業員とはうまくやってる?など所長が
聞いてきてまぁ、ぼちぼちですねハハと適当に答える。

もう嫌だ。早くうどんすすって帰りたいという思いが充満していたが
昼時なので客が大勢いてなかなか注文した品が来ない。
話は給料の事になり、‘集金‘を今月からやってほしいと言われた。
やっぱりか。なんとなく分かっていた。
こうやって飯を奢ってくれるのも、断りにくい雰囲気を醸し出すため
の演出だということを。
ただでさえ時間が無いと思ってるのに集金までするとなると
キツキツになるのは否めない。


ただ、話の途中で所長が放った俺は店の従業員には月20は全員貰ってほしいんだよ(キリッ
というセリフが気になってはいるが・・・。

また新聞が1部余った。

前のように順路丁をめくりながら、1件1件脳内の配達記憶を探っていく。
この家は入れたか・・・入れたな。この家は・・・入れたはず・・・いや、これは
昨日の記憶か?今日は入れてないかも・・・いや、やっぱ入れた。
ん、・・・もしかしてこの家か・・・。
最後の都営住宅を配ってる間、脳内の記憶をフル活動させて怪しい家を1件発見。
フゥ、危ない危ない。やはりあきらめないことが大事だな。
一安心し都営住宅を配り終えた後、怪しい家へと向かいポストを覗いた。

・・・入っとるが

考察が振り出しに戻った。
一体どこだ!?どこなんだ!!!
まったく見当がつかない。こうなると確実に入れた記憶のある家以外みな
怪しい対象となる。
だが数が多すぎになるので10件前後に絞って1件1件回ることにした。

ここも入ってるここも入ってる・・・。
しらみつぶしにポストをチェックし、とうとう真犯人らしき家をみつけた。
というのも、今日の新聞は入っていないが
昨日の新聞や電気代などの請求が入ったままだったのだ。
まさか今日の朝刊だけ取って、後はほったらかしなんて事しないだろう。
ここで間違いない。ここであってくれ!

配達途中、スポーツ新聞が足りないことに気付いた。

今配ってる新聞は、本紙の他にスポーツ新聞や工業新聞
農業新聞といった諸紙も含まれている。
この諸紙を本紙と間違えて違う家に入れてしまったのかもしれない。
またあの獣のような専業にどやされるのか・・・。
そう思うと憂鬱になったが、最後の都営住宅を配る際新聞の
組み間違いが見つかり事なきを得た。


まったく、綱渡りのような配達模様だ。


何日か前に、光回線の開通工事の確認がきた。
工事日は5月10日以降になるということだった。

それでよろしいですかと問われ、少し思い直す。
電気屋で契約する際、速度が遅いけど料金が安いJcomと
速度が速いけど料金も高い光ぷららを提示された。
結局俺は光ぷららを契約したんだが、掲示板の書き込みを見ると
Jcomでも問題なさそうなんだよな。

そんなわけでとりあえず光の方は保留しておいて
再度電気屋に行き、Jcomの話を聞くことにした。
その結果、TVが地上波BSCS合わせて100ch近く観れるようになることや
工事費も掛からず2年縛りもないということで、Jcomに変えることにした。

そして昨日、業者さんがきて開通の手続きを行った。
ほとんど線をとりつけるだけで工事というほどではなく
説明を含め1時間ほどで帰って行った。
さっそくPS4をオンライン対戦でやってみるが特に問題なし。
ネットの方もスマホのデザリングよりかは若干速度が上がった気がする。


東京に来てそろそろ1か月経つが
初めて‘嬉しい‘という感情を覚えた。
jcom

夕刊の配達が終わり、一杯引っかけながらネットを見てると
携帯に店から電話が掛かってきた。
嫌な予感がする・・・。

案の定、出てみると不着の電話で今日2件もあるから
1件お前が行けという指示だった。
酒飲んでるのにどうすんだよと思い、とりあえず目一杯水を平らげて
店へと向かう。

店に着くと俺の区域担当の専業がいて、不着があった家を指示される。
だが、う~ん、この家確か入れたハズなんだけどなあ
と首をかしげていると

客から電話がくるって事は入れてねえって事だろうが!!!
さっさと届けてこいやボケがっ!!!

と、すごい形相で怒鳴られた。
なんていったらいいんだろう。
まるで人をもう何人も噛み殺してきてる山猿のようだった。
今まで怒られた事は何度かあったが、それでも比較的穏やかな人だったので
思わずヒッ、ヒイッ~と悲鳴を上げそうになりながら店を飛び出した。


はぁ・・・これから夕刊後に酒を飲むこともできない。
何を糧に過ごしていけばいいのか・・・。

不満は尽きないが、ここでいくら嘆いてもしょうがない。
とにかく今日はスピードを重視した。
目をカッと見開き、チラシ入れの段階から意識を覚醒させる。
新聞は大体午前2時頃店に到着するんだが
そこからチラシを入れてバイクに新聞を積むまでに30~40分の
時間を用す。
この配達前の準備だけでも結構な割合の時間を食ってるので
まずここを速くしないとな。

チラシを入れ、新聞を積み終わったらフルスロットルでバイクを走らす。
黄色信号に出くわすと、もっとスピードを出せと煽ってるようだった。

これだけではまだ足りない。
各家に新聞を入れる際、バイクから降りなくても入れれるとこと(壁ポストなど)入れれない
とこがある。
入れれないとこは今までは亀のようにのろのろと歩いて入れていたが
今日は1mでも距離があれば走った。
とにかく走る!走る!走る!!!走る!!!!走る!!!!!走る!!!!!!
しゃにむ
最後の都営住宅も走りきり、やっと配達を終えて
時計を見るとちょうど午前5時半だった。

これで普通なのか・・・。

今日は休みだった。
前日、夕刊が終わった後、いつもより少し夜更かしして
起きたのは午後1時。
朝刊は明日の午前2時からなので、仮眠を入れると自由時間は正味6時間
といったところか。

明日からに備え、夕食と共に靴底パッドを購入してきた。

一番最後の方にデカイ都営住宅を配るんだが
とあるドアに(朝刊取りました)と、メモが貼ってあった。

この都営住宅は10階建てで配達する新聞が多く、とても抱えながらでは配れない。
そこで1階ごとに数部ずつ、エレベーターを使って脇に置きながら最上階へと
登り上から配っていってる。
その脇に置いてある新聞を自分で取ったようだ。

なんて大胆不敵かつ、新聞に飢えてるんだとその時思ったが
夕刊時、連絡票に遅着の紙が貼ってあった。
確認するとメモが貼ってあったとこからだった。

店長もこの連絡票を見て、もう少し配達スピードを上げろと忠告される。
今は大体午前6時前後に配達が終わってるんだけど
店長が言うには俺の区域は普通なら午前5時半には
終わるハズだから、少し遅い。
あんまり遅くなると新聞を止められる等々。

ほんと時間指定する客腹立つな。
なんでお前らの都合に合わせてこっちが身を削らないといけないんだと。
何件かそういう指定がある家があるんだが、ルートを変更して先に入れたり
しているので手間が掛かるし、時間とのプレッシャーでも疲れちまう。
そんなとこさっさと止まってしまえばいいんだよ。


チラシ入れを含め、4時間休みなしのぶっ通しでひたすら配達して
得るものは労いではなく苦情か。
やれやれだ。

はぁ疲れた・・・。

金曜日はチラシが厚くいつもより多少時間が掛かる。
でかいマンションなどでは30部くらい一辺にもっていくことも
あるので腕がプルプルとなる。

明日、土曜日はさらに・・・

↑このページのトップヘ