ゲームばかりしてるのも心身によくない。
何度も説いてるが、そもそもビデオ・ゲームの類は
楽しいものだがどうやって攻略するかという頭脳的負荷と
コントローラー、あるいはマウスキーボードを操作する指先や肩
それを支える腰やおしりにも肉体的負荷があるからだ。
故に長時間のプレイは疲労をきたす。
IMG_20180108_182708
そうなったらアニメを観賞しよう。

年末に買ったウォッチドッグスというゲームをクリアし
次なるゲームに手を出している。
このウォッチドッグス、主人公はハッカーなんだが
なんというか今一得体の掴めないオッサンハッカーで、ハッキングで通行人の
金や車を盗んだりしてストーリーを進める一方、街の防犯係という立場でも
あるようで犯罪者を懲らしめる事も行う。
勧善懲悪的な境がほとんど無いゲームだと思った。
ウォッチドッグス
アメリカ産のゲームはやはりぶっ飛んでる。


今回手を出したゲームはキングダムハーツという
国産ゲーだ。
今やってるのはⅡで、Ⅰはクリアしている。
これも違った意味でストーリーがぶっ飛んでるんだよな。
最近のゲームはほんと手が込んでるよ。
IMG_20180107_175948

俺のニート力がかつてないほどの高まりを見せている。

宅急便のバイトが終わった昨年の12月30日から今日まで
たぶんトータルで6時間も外に出てないだろう。
起きるとすぐゲームを起動し、頭と手足が疲れてきたらアニメ観賞でリラックス。
そうこうしてるとすぐ夕方になるので、飲酒開始と共にちゃっちゃっと飯を作り
食した後お腹いっぱいとなり寝る。
IMG_20180106_180559
↑のポジショニングでほぼ1日を過ごしている。
ちなみに、暗いけどこの時まだ昼である。
俺の部屋は網戸の代わりにベニヤ板が備え付けられてて
それを締めると昼間でも真っ暗になるので
住んでるってより‘立て籠もってる‘気分になれる物件だな。

こんなもぐらみたいな生活をずっとやりたいと思ってた。
あらゆるものからの干渉制約を受けず、俺がやりたい事柄だけを
楽しむ俺主体の毎日。

労働の日々である意味‘死んでいた‘俺の魂が蘇ってきてるのを
この暗い部屋でひしひしと感じている。

ダイソンを手に入れた。
IMG_20180105_165633
Jcomの契約などもした、俺がこっちに来て良く行く電気屋で購入したんだが
定価29800円のところを、初売り価格ということでポッキリ28000円に負けてくれた。
年が明けていいことなかったからな。
対応した店員さんに危うく惚れそうになったぜ。

ゴミやホコリ、ダニの糞や死骸なども99,77%吸い取るというこの代物。
前にも書いたことがあるが、これらはアレルギーの原因となって俺が患ってる
アトピーにも影響を及ぼすことがあるという。
これらを除去して症状が改善できたならと思い、ずっと前から所望していた。


まぁ単純に掃除機が無かったってのもあるけどな。
これまでずっとワイパー棒、小ちりとり、コロコロの3点セットで
部屋のごみと戦ってきたので強力な仲間が増えたって感じだ。
IMG_20180105_165552

昨日、日記を書いた後、急いでダウンジャケットを羽織り
俺がよく行くスーパー、サミットへと向かった。

一昨日はとんだ不運に見舞われのり弁になったからな。
今宵は一人焼肉でも食らって、新年の景気付けと共に一昨日の
ケチを払拭するぜ。

夜風を切り、シャカシャカとさわやか号を走らせサミットに着くと・・・閉店。
ボーゼンと立ち尽くししばし考える・・・・・・。
元旦!。今日は元旦だから閉まっているのか!?
落ち着け。
元旦といっても全部のスーパーや肉屋が閉まってるわけない。
中には周りを出し抜く形で、したたかと商売してる店もあるはずだ。

そう思い、約半径3km内の思いつく限りの店に立ち寄るも全滅。
2日連続弁当決定・・・。

昨日、2017総括を書いた後、急いでダウンジャケットを羽織り
俺がよく行くスーパー、サミットへと向かった。

宅急便業務で夜遅く帰ってくる生活をして気付いたんだが
サミットは‘午後10時‘から惣菜等の品に半額シールがビシバシ貼られていく。
なのでこの日は、大晦日仕様のゴージャスな食べ物も半額になってるだろうと
俺は1日背を伏せて待っていた。

夜風を切り、シャカシャカとさわやか号を走らせサミットに着くと・・・閉店。
まさかの10時閉店。
閉店時間まで大晦日仕様になっていやがった。

はぁ・・・とうなだれ、オリジンでのり弁を買って帰る。
2018年の出鼻をくじかれた感じだ。


今日は中古屋で1500円で買ったウォッチドッグスという
ゲームをひたすらプレイしてた。
外国産のゲームは人を殺しまくるものが多いな。


2017年は人との交流が多い年だった。
といっても俺にしてはだが、20代の頃は家族意外と話したっけ?という
年も少なくなかったと思い出す。
仕事をせず友人彼女もなく、インドアで非社交的、さらに反社会的な
面まで持ち合わせている俺。そんな毎年になるのは必然かもしれない。

仕事とというのは給料、お金以外にも人との交流が得られるものでも
あるなと気付いた。
職業訓練も、仕事をして失業手当を受けなければ入れなかったし
そこでかわい子ちゃんとも隣の席になるという777を引いたり
訓練から逃げるようにして辿りついた新聞屋では親切女性とも巡り合えたりと
良い連鎖が続いているように感じている。

かといってこのまま仕事をずっと続けていく気などはさらさらない。
相変わらず労働も人と関わるのも嫌いだ。
今までの俺は積極的にこれらを避けてきただけで、本質は変わらない。

あと4ヶ月で30代に突入という、29歳も3分の2が過ぎた2015年から
ここまで約2年9か月。
俺の体力はそろそろ尽きようとしているので考えなければならない。
そう意味では2018年は、体よりも頭を動かす年になるやもしれない。

10月まで勤めてた新聞屋に行った。
再び晴れて無職になり、再雇用を求め履歴書片手に・・・
なんて事ではなく、離職票をまだ貰ってなかったので取りに行くためだ。

訪ねた時刻は午後3時半。
この時間帯はみんな夕刊を配達してるので、店には事務員さんと
所長、授業員は居たとしても店長くらいだろと踏んでだった。
が、店に着くといきなり親切女性の姿が!
なんと昨日から夕刊はなく、元旦の朝刊に向けて広告チラシの
折り込み作業をしてるということで店にいたのだ。

一瞬あ、あ、とキョドってしまったが、相変わらずキュートだったので
ある意味ラッキーではあったのかもしれない。
彼女はもうチラシ作業を終え、一服していたようだったが
別場所でまだ作業をしている彼氏専業さんが帰ってきたので
あ、お久しぶりですと挨拶して、そそくさとその場を立ち去った。

宅急便のドライバーは荷物の配送の他に
‘集荷‘という、会社やコンビニ等のお店、個人宅を回り荷物を
預かる作業がある。
いってみれば配送と真逆の業務だ。
客から荷物を受け取り、店に持って帰って他方に送り飛ばす。
ドライバーはいわば移動式窓口でもあるんだな。

年の瀬に入り、会社も仕事納めを始めてるので今日の‘集荷‘はほぼコンビニと
個人宅だけだった。
日々ドライバーの横に付いてて学んだんだが
宅急便業務はこの‘集荷‘にも結構時間を割いている。
特に会社などは大口の顧客なので、それがドカンと荷物として出るんだが
それが無かったので、午後3時半頃に仕事は終わった。


何度となく体感しているが、この仕事から解放されたというメタモルフォーゼ
感は計り知れない高揚が溢れ出してくる。
この快感を味わいたいがために俺は仕事を転々としているのかもな。


俺の出勤は明日で最後だが
江戸っ子は休みなので今日が最後だった。
いつもより配送が少し早く終わり、最後という事で飯奢ってやるよ
と言われ、気持ちが早く帰れる希望から絶望へと転化したが
ちょっとしたゴタゴタがあり江戸っ子は残業することになり
俺はスタコラ帰った。

ちょっと面倒で変なおっさんだったが
今思えば基本的には優しく働き者で、ナイスガイの部類に入る男だったと
今になって思う。


残業:1時間




今日も江戸っ子と配送。

大型マンションの荷物配送終わり間際、俺は在宅だった家の最後の荷物を
届けに向かい、江戸っ子は留守だった家の荷物を宅配BOXに入れる
作業へと別れた。

荷物を届け、俺も宅配BOXの場所に向かうとあれ?おっちゃんが居ない。
荷物と不在票はあるが江戸っ子おっちゃんの姿が見当たらなかった。
ここは俺に任せて次の現場に向かったんだろうか?
配送時間が遅れてる場合、たまにこういうことはあって、そういう時は次に行くだろう
現場を推測して台車を押し移動している。

ところが、BOXに荷物を入れてるとおっちゃんが現れた。
あれ?どうしたんですか?と尋ねると突発の便意を催し近くのトイレに行ってたと。
しかしBOXに荷物を入れるのに限界まで我慢してて少し漏らしてしまい
その処理に時間が掛かったとのこと。

またいつものしょうもない冗談かと思ってそっすか、ハハ・・・と軽く聞き流し
BOXに荷物を入れ終え、2人トラックに戻ると異様な臭いが・・・。


残業:2時間

今日は荷物量が150個を切ってて、初めは江戸っ子もそんなに
慌ててなかった。
が、後半も過ぎるといつものように、なんだよクソッ冗談じゃないよ
とブチブチ不満を垂れ始める。
そして腹が痛い喉が痛いと身体の不調も訴えてくる。
結局いつもの調子かよと、俺は大丈夫ですか?と言いつつ
ウンザリ感を抑え込むのに苦労した。

午後7時半、この日の業務がほぼ終わり、江戸っ子が上機嫌で
今日は楽だったろ!これで1500円!旨いバイトしてるなお前えぇ!?
とほざいてきた。

確かに肉体的にはそんなきつくない。
しかし精神的には・・・


残業:2時間

今日も四方八方に配送を撒き散らした。
アマゾンにゾゾ、メルカリ、伊勢丹、酒米肉魚野菜果物
本やアイアン、なんでもござれだ。我が身いとわず届けまくった。


残業:2時間

今日は午後1時半に起きた。
この仕事を始めた11月頃は朝7~8時には起床していたが
休日を挟む度にどんどん時間がずれ込んでいってる。

ヘドロのように疲労が蓄積していってるんだろうな。

年末の30日と31日の大晦日には基本、配送も落ち着くようだ。
といっても、おせちなどの配送が多い区域ではそうもいかないようだが
全体的に見れば荷物は少なくなると。

そんなところを考慮して、シフトの管理をしているセンター長と話し合い
来週は月曜の25日~金曜の29日まで休み無しで出勤して
29日を勤務最終日とする運びになった。

12月の繁忙期に入ってからは、5連勤は経験してない。
最後にして最大の山場になりそうだ。


残業2時間30分

今日は荷物が200個を超えてた。

この‘200‘という数字が、どうも基準になると分かり始めた。
今日は江戸っ子じゃなく、もう一人の物腰丁寧な人と同乗だったが
見るからにカリカリしてて、江戸っ子と同じように運転中は歩行者走行車
に対し悪態をつき、駐車指定位置が工事中で止められなくなっていると
交通警備員にイチャモンをつけ、さらにバック中どっかに(壁?)激しくぶつけても
何事も無かったかのように車を走らせる様はクレイジーとしかいいようが無かった。

もう少しでこの仕事とはオサラバだ。
それまでもうしばし、このMADMAXSな環境に付き合うしかない。


残業:2時間

あっ・・・やべっ・・・。

それなりに大きいマンションなどでは集合ポスト付近に
宅配BOXというものが備えてある。
荷物を届ける際、家人が留守の時にはそこに荷物を入れて
何番のBOXに入れときましたよ~という紙をポストに入れておき
後は家人が帰ってきた時に、自分でBOXから取り出すという遠隔宅配
システムだ。

そんな感じでとあるマンションの荷物を、今日もBOXにいそいそと入れてたんだが
隣のマンションの荷物を、同番号だった事もあり間違えて入れてしまった。
配送する際は近辺の荷物をまとめて台車で運ぶので、何練かの荷物がごっちゃに
なってる時がある。
まぁ俺の不注意と部屋番が重なったことから起きたトラブルだな。

やっちゃたなと思いつつ、江戸っ子おっちゃんの元に戻り報告すると
ほぎゃぶえああああままあまおま・・・とおっちゃんは声にならない声をあげた。
今日は荷物が多く、出発前からどうすんだよこの量・・間に合わねえよと
いつものように嘆いていて、さらに俺が間違えて入れたマンションは
管理人が常駐していないらしく、取り出す事もできないとのこと。
呻きたくもなるわな。

おっちゃんの仕事を増やしてしまったが、しかし
急げ急げとプレッシャーを掛けられ、おまけに風邪気味で
意識虚ろな身、100%俺の咎と言えるのだろうか!?。


残業:2時間


ゲホンゲホンと咳込みながら病院に向かった。
といっても内科ではなく皮膚科だ。

府中に住んでた頃は、近くの皮膚科医院に月一で通っていたが
‘東‘府中に移り住んだ今、そこに通うのはちと遠い。
幸い、今住んでる場所にも近くに皮膚科の病院があったので
鞍替えし、初めて行ってみた。

診てくれた先生は齢がいってて少々不安だったが
皮膚の診断や血液検査等もしっかりやってくれて
熟女看護婦が、背中やお尻の割れ目付近まで塗薬を塗り塗りしてくれる
サービスも付いており、少し興奮を覚えた。

会計時、初診ということもあってやや値段が張ったが
変な病院じゃなくてよかったと思いながらその場を後にした。
俺は今回、この地にしばし居を構える心意気なので
一番近場の皮膚科であるこの病院ともしばし付き合うことに
なるだろうからな。

鼻水がダラダラと垂流れ、喉はイガイガしタンコロがとめどなく溢れてくる。
どうやらウイルスに犯されてしまったようだ。
なんか齢30を過ぎたあたりから、寒さ強まる時期になるとこんな症状に
見舞われるようになった。
そして毎度のように、喉飴をキャロッキャロッと頬張っている気がする。

金脈を探し当てゴールドを掘削してる今、倒れるわけにはいかない。
平日は毎週木曜に休んでいたが、今週は明日の水曜日にしてもらった。


残業:3時間

今日は初っ端の荷物の積み込みから午前まで、はまじの手伝いを強いられた。

昨日も書いたが、補助のアルバイトが足りてないようで
今日は俺一人しかおらず、後の配達もはまじと江戸っ子のトラックを
行ききする始末。

はまじの配送コースは力仕事が多いらしく、中にはエレベーターの無い会社に
5Fまで重い段ボールを数個抱え、うんしょうんしょと往復10回近く配送する
個所もあった。
これを20分でやれと言われ、さすがに切れそうになるが
人殺しのような目つきで指示されては逆らえん。

やっと配送が終わって、今度は江戸っ子のトラックに徒歩で向かう。
薬で胃潰瘍が収まってるのか、上機嫌でわけのわからん事を度々言ってきて
そっすねハハッ・・と精神の疲れも蓄積される。
今日がこの仕事を初めて、一番きつかったかもしれない。


残業:1時間50分



今日は休み。
はまじにこき使われた疲労が祟り、ほぼ床に入ってた。

昨日、はまじに俺のような補助スタッフはドライバーの負担を少なくするために
いると聞かされた。
しかし現状、まだまだそのような状況になってないと。
この店で働き始めて約ひと月、江戸っ子や他のドライバーさんから
過酷な労働状況は耳にしているし実際目で見ている。
骨にヒビが入りながらも病院にいけず働いてた人や、江戸っ子のように
胃潰瘍でもヒーヒー言いながらやってる人。

それでもはまじはこの店はぬるい。
ほとんどの奴がクソと言い切ってた。
はまじ曰く、別の店はもっとハードで他のドライバーも補助も
優秀だったと。

はまじの言う事はわからんでもない。
なんだかんだで齢いってる人が多く、はまじからしてみれば
チンタラやってるように見えるんだろう。俺はそう思わないけど。
そして何よりも補助があまり集まってなく、結果的に俺みたいなやつでも有り難がられるくらいだから
切磋琢磨が生まれず効率は落ちる。そういうことだろうな。

なんか面倒な環境だと思うが、年内一杯の仕事だ。
なるだけはまじとは関わらず逃げ切りたい。



伝票は俺が制服のポッケに入れて出し忘れてた。
メンゴメンゴと謝ろうかと思ったがおっちゃんは休みだった。
たまに同乗するもう一人の人も休みで、センター長と一緒に配送した。

午後、昼休憩を1時間貰った後、センター長のトラックから別のトラックへと移る。
この別トラックは俺が配送してる区域の隣を担当してて、配送中もよくすれ違い
たまにヘルプとして俺も移り乗ってるんだが、このドライバーは江戸っ子と違う意味で
少々ややこしい。

齢は俺とあまり変わらないようだが、ちびまる子ちゃんに出てくる‘はまじ‘の身体をデカくして
面も凶悪にしたような風貌、かつ人使いも荒い奴で仕事終わりの午後8時まで
ブチブチ言われつつ配送に奔走していた。


残業:2時間30分

午後9時過ぎの今しがた、仕事が終わり家に着きほっとしながら酒を飲んでる電話が鳴った。
出ると今日も一緒に同乗した江戸っ子からで、伝票が1枚無いということだった。

宅急便は荷物に伝票とその控えが付いている。
配達人は届け先に荷物を届ける際、その伝票にサインを貰ってペリッと剥がし
ちゃんと配達しましたよという証にする。

俺は補助に過ぎないので、細かな管理は、社員である江戸っ子にサイン入り伝票を渡して
後は専用端末で受け渡しの詳細をデータ化してるようだが
この伝票がないと少し手間があると、前も足りない事がありそれを聞かされてた。


江戸っ子の事は結構色々思ってるが、俺自身抜けてるとこがあるから
どっかに落っことしたというのもありえる。
ちょっと分かんないです、スンマセンと言い電話を切るも
胃潰瘍でワーカホリックのおっさんの足を引っ張るのは気が引ける
ので俺の手違いじゃないと思いたい。


残業:1時間50分

12月に入り、毎日2時間3時間の残業で
さすがに疲れが溜まっている。

俺は今、電車に乗って職場に通ってるんだけど
交通費は1日あたり500円の支給だ。
が、職場近くの駅まで乗っていくと往復で1000円近く掛かってしまい
足が出るので途中で降り、職場まで30~40分歩いてる。

残す勤務もあと半月ほどになった今
この辺でケチるのをやめ、最寄り駅まで電車で通った方が
賢明かもしれない・・・。 

江戸っ子は今日休みで、病院に行ったところ胃潰瘍だったと
同乗してるドライバーさんにLINEがきたらしい。

といっても聞き及ぶように人手不足が激しいこの職場。
入院を勧められたが、薬で痛みを散らし
明日は普通に出勤するようだった。
俺は明日休みだが明後日はまた同乗するだろう。
まだ昨日のような感じだと本当に事故っても不思議じゃないので
シャレにならん。

色んな意味で、入院したら良かったのにと心から思った。


残業:2時間50分

今日も今日とて江戸っ子と同乗。

いつもと同じように、荷物の積み込みをしてるおっちゃんに
おはようございますと挨拶すると、死にそうな顔でオウッ・・と返してきた。
明らかに調子が悪そうで、さすがに同僚やセンター長(現場での長的立場?)の人らが
大丈夫かと声を掛けていた。
居たたまれなくなり、一緒に配送したことがあるドライバーさんに
本当にきつそうですけど大丈夫ですかね?と言うも代わりは居ないから、君が
目一杯アシストしてやってという返事が返ってくる。

その後のおっちゃんはもう駄目だ、限界、事故っても悪く思うなよ
葬式は来てくれよな等、ネガティブ100%の言葉を隣に座ってる俺に
1日中振りかけてきた。


残業:3時間20分

今日も江戸っ子おっちゃんと同乗。

毎度のように急げ急げ、どうしようもねえよ、ブラック会社がと
一配送終わる度に愚痴ってるおっちゃんだが加えて今日は、胃が痛い
俺は一度血を吐いている、駄目だ死にそうと心身の不調も
仕事の終わりまで何十回と繰り返しぼやいてた。

病院行ったほうがいいんじゃないですか?と言っても
俺が休んだら他の人に迷惑が掛かると、口調強めに返してくる。


なんなんだろうな。
高尚な意志だとは思うけど、そんなに無理して自身が倒れたら迷惑も糞もないだろう。
分かるようで分からない。分からないようで分かるような複雑な気持ちだ。


残業:2時間

2日ほど前に、親切女性から自宅で展示会を開くというメールが入り
丁度休みなこともあって行ってみた。

彼女は美術系の学校を出ており、ここ数年は私生活で色々ごたごたしてて
活動をおざなりにしていたが近年、制作を再開したという経緯を話には聞いていた。
いうなれば新聞配達員兼、アーティストさんなんだな。
どんな作風なのか、その辺の事は詳しくは知らなかったが
仕事傍らでの制作ということで今回は作品はひとつしかなかった。

初めて彼女の家に上がるという事と、知り合いのみを呼ぶということもあり
色々キンチョーしていたが、俺が最初の来訪者だったらしく
その後、彼女の学生時代の友人が来て、あと新聞屋の専業さんも2名ほどきて
飯食って終わった。


なんかどっちかというと展示会というより
夕食会みたいな感じになってて、肩透かし感も少々あったが
久々に親切女性や専業さんと会えて良かったと思った。

今日は午後5時近くまで休憩一切なしのノンストップ配送だった。
その間江戸っ子おっちゃんはきつい、限界、無理、どうしようもねえよ
等の呪怨を延々唱えてた。

嘆きたくなる気持ちも分かるが、俺も少々おっちゃんの念に
当たっている。


残業:3時間10分

11月分の給料が振り込まれた。
IMG__201712342__091517
その額、86026円。
下に190と記載されてるがなんだろうと首をかしげている。

しかし悪くない額だ。
11月は7日勤務で、その内残業があった日は2日。
1日はほぼ定時で残りの4日は6時間勤務で上がってた。
それでも平均して日当12000円を超えているからな。

今年の残り23日。
頑張ろうと拳を強く握り誓った。


残業:2時間

↑このページのトップヘ