今日の朝刊時は涼しく、天候さえ曇っていて雨の心配はあったものの
終了まで降ることなく良い配達日和だった。

これで集金電話番紙分けがなく、今の給料のままだったら
もっと続けてもいいんだけどな。
いらん業務が多すぎるんだよ結局。
俺は配達だけをやりたいんだ。

俺は今、月に5日の休みとなっててその内3日だけ
自分の好きな日に休むことが出来る。
まあ前月に予約しとかないといけないんだが。

今月は11、12日に休みの予約を入れた。
その日は、東京コミックマーケットなるものが開催される日であり
そこに足を運ぶためである。
いわゆるコミケと呼ばれるもので、昔からどんなものかと興味があった。
俺はオタクというほどでもないが、漫画やアニメは好きな方なので
東京に来たからには一度は行ってみたいと思ってたんだよな。

この配達集金ノルマ配達集金ノルマという日々に、俺は少々まいっている。
もう本当に仕事の事は一時的にでも忘れ去らないとおかしくなる。
それには部屋に篭っていても駄目だ。なぜって、店から近いしアパートの住人は
全員同僚。そのアパート地下には配達用バイクが置かれおり、年中バイクの音が
ひっきりなしだ。
こんな環境じゃ、休みの日でも休んだ気がしない。


そういう意味では半ば逃避行でもある。
とにかく、ここらで暗く淀んだ心に緑風を注ぎ込まないと・・・。

昨日は日曜日なので夕刊が無く、朝刊が終わるとひと眠りして
集金に向かった。
件数も100件を切っていたので、最初から最後まで回ると
また最初に戻って各家を回る。
時間差があるので、最初に回った留守の家も次回ると帰宅している
場合もあるのだ。
そんな風に一週目30回収、二週目15回収、三週目10回収と
ぐるぐるぐるぐる回って金を集めていく。

そしてまた今日も・・・。

また領収書絡みで怒られた。

昨日休みだったのでその前日に、店に領収書を取りに行かなくても
集金できるように領収書を50枚くらい抜いていた。
休みの日にまで同僚と顔を合わせたくないし、店にも近寄りたくなかったので。
が、それがマズかったらしい

店に呼び出され、事務室で店長から10分ほど説教を食らう。
こいつチンピラっぽい輩のような奴で本当に苦手だ。


本気でこの店辞めようと思う。
近々に。

今日はドラゴンクエスト最新作の発売日だ。

俺は結構ドラクエ好きで8が出た時、確か19歳か20頃だったか
ニートを一時的に脱却してバイトをし、プレステ2とソフトを購入した記憶がある。
その後、再び濃いニートに戻ったのは言うまでもないが、ドラクエは俺を動かす
数少ないコンテンツの一つでもある。

そんなわけで数か月前から発売日には買おうかと思ってたんだが
昨日、7793円で来月10日まで過ごすという決まりを己で敷いたしまった手前
購入は見過ごす事にした。

悶々とする中、集金のノルマがやばいので休日だと言うのに出勤するも
どこも留守ばかり。
おまけに強い雨が降ってきたので数件しか回収できず家に戻った。


やはり冒険の旅に出た方がよかったか・・・

IMG_20170728_062840
俺が働いてる店の給料日は毎月10日。
いつも一定の額を貯金して、残りの残額を生活費として引き出してるんだが
今回、その生活費が尽きそうな雰囲気だ。
国民健康保険税の9100円が効いてるな。

今の手持ち、7793円。
酒、煙草のストックは来月10日まで持ちそうだ。
食料品はパック飯8個、魚缶詰2個、レトルトカレー3袋、袋ラーメン4個
乾ソーメン300g、乾パスタ200g、パスタソース3袋の備蓄に
醤油やみりんといった調味料は問題なくある。

己を試す良い機会だ。
この際、この装備で来月の10日まで、約14日間を耐え得るか試してみようと思う。
金は銀行から引き出せばあるが、それは無しだ。


余裕で過ごせるか、なんとかやり過ごせるか、あるいは金を引き出す事になるか
今後の人生において重要な目安となるかもしれない。


今日は電話番だった。

俺は電話番の日はいつにも増してダラダラ配達している。
おまけに終わった後、まっすぐ店に戻らず草むらで一服したりもする。
理由は電話番の時間を少しでも削ってやりたいからだ。
電話番の時間帯は朝刊終了から午前9時までなので
理論的には遅く終われば終わるほど電話番の時間は短く済むってわけ。

そんな感じで今日もやって、店に戻った。
電話番は基本二人一組で行い、バイトの人は専業と共に行う。
不着などあった場合、バイトだけだと家が分からなかったり
するからだと思う。
なので、親切女性さんとは一度もやったことがない。悲しいね。

店では早く配達を終えた専業が、明日の分の広告チラシを並べていた。
電話番といっても他にもやることはあって、上のチラシ整理からゴミ出し
はわき掃除、新聞の片づけなどの雑務もありそれから電話番で事務室に待機となる。

今日の専業は少々口やかましい奴で、お前いつまで配達に時間食ってんだ
こっちは一人でやんないといけないんだぞ、と叱られた。
本当は早く終わってるんだが、本当のことを言うともっと叱られそうなので
サーセンと謝っといた。


こいつとペアの時はもう道草はできないな・・・。

ふぅ・・・今日はしんどかった。
いつもしんどいが、増し増しでしんどかった。

まず遅刻した。俺は目覚まし時計とスマホのアラームを
同時刻にセットして眠りについてるんだが、その2個を持ってしても
目覚める事が出来なかった。
不幸中の幸いか、寸でのとこで自然と目覚め15分遅れで店着。
が、今日に限って久々の雨。
雨の日は新聞をビニールに入れたり、新聞を慎重に積んだりと
手間が掛かる。

何とか準備を終え、さぁやっと出発しようかというところ、新人専業さんに呼ばれる。
なんだろう?と思い行ってみるとバイクが倒れ新聞が四方にばらけていた。
この新人さん、新聞配達自体初めてでまだ慣れてないようだ。
雨の日は直立スタンドを立てて積まないと、ツルツルしたビニールのせいで
新聞が滑り落ちる。
その勢いでバイクも倒れてしまったのだろう。
分かりやすく絵にするとこんな感じに。
倒れ原理
新人さんの新聞も積み直し、ようやく配達に出発すると
何やら見知らぬ新聞があるではないか。
やばい、どさくさに紛れて新人さんの配達する(たぶん)特殊な新聞を持ってきちまった。
店に電話して確認を取ると、やはり新人さんから新聞が足りないという電話があったらしい。
急いで自分の分の配達を終え、電話番をしている専業に事情を説明して事無きを得た。


あともう1枚もカードが加われば
頭の中で何かが炸裂を起こしていたかもしれない。

今日から集金。
午前11時には店に出向いて、この糞暑い中
しこしこと金を集め回らなければいけない。

ついこの前終わったばかりのような気がするが
気のせいか。

配達が終わり、アパートに戻ってポストの中を覗いてみると
チラシの中に埋もれてこんなんがでてきた。
IMG_20170724_175615
俺の現在の身分はアルバイトである。
専業は各種保険に加入できるようだが、バイトはないので
年金等、毎月手取りから自分で払っている。

今回来たのは国民健康保険の納付通知書。
正直、税のことはとんと無頓着なんだが、これからこの国民健康保険税も
毎月支払っていかなければ保険証を取り上げられるようだ。
支払額、8900円。

年金に市民税、そして国民健康保険税と畳みかけるように
襲い掛かってくるな。

東京の夏を絶賛初体験中のこの俺。
コンクリートジャングルと形容されるように、ビルやアスファルトからの
照り返しも相まってるせいか、今まで経験したことのないような暑さを感じている。
まるで空から熱したナイフが無数に降り注いでいるような灼熱だ。

3日ほど前に新しい専業さんが入ったんだが、腕が真っ赤になって
皮がところどころベロりと剥げていた。
おそらく3日間、暑い中を空回りして(させられて)この凶器のような太陽熱に
やられたんだろう。
ある意味労災だよな。

ちなみに俺は常時長袖長ズボンで配達している。
アトピー肌を隠すためでもあるんだけど、この日差しから身を守るためでもある。
無神経な同僚からは、お前何長袖なんて着てんだよウェ~イwwと小馬鹿にされる
こともあるがそんな事にはかまっちゃいられない。


配達する前からすでに汗ダラダラではあるけども・・・。


所長に呼び出されて、配達が遅いとクレーム来てるから
もっと早くしろと言われた。
さらに、転送人が居なくなったことで君の配達箇所は今後増えるから
もっともっと早くしろと言われた。

この転送人が配達してた個所の1部は、元々俺の区域だったらしい。
だが俺の先代、前の配達員がそこを配達してると間に合わないと嘆いたので
仕方なく転送人に配達させていた経緯があるという。
転送人が居なくなり、また元の体制に戻そうという事だろうが
冗談じゃないな。馬鹿かつーんだよ。間に合うわけない。

ただでさえ配達が遅れてるってのを分かってるはずなのに
こんな無茶な要求をする理由は察知している。
俺の先先代、前の前の配達員はその個所を含めても
午前5時半くらいには配達が終わっていたらしいのだ。
なので、俺や先代がチンタラ配達してると思われてしまってるんだな。


この業界、キチガイのように早く配達する人も存在する。
すごいと思う。だが、そんな人を指標にされたらたまったもんじゃない。
そろそろ潮時かもしれんな・・・。

しかし俺はよく物を無くしたり落としたりするな。
過去の日記を見てみても、スマホや印鑑、帽子にカッパなど千差万別に
失ってきてる。
不幸中の幸いで、財布は未だ落としたことないが時間の問題かもしれん。

忘れ物をしたり落し物をよくする人間は脳に障害があると聞いたことがある。
ADHDとかSADだったか、忘れたがそういう人によくある傾向らしい。
やはり俺は脳に異常があるのかもしれない。

そう考えれば、長年引きこもりニートだったのも頷ける話かもしれない。
物を落としたり失くすというのは大抵外出する時だ。
んじゃ外に出なければ何も失くさないという潜在意識があったんじゃないかと
今になって思っている。

ku-sui-002
落とした領収書を受け取りに、お礼の西瓜を持参して優良読者の
マンションへと向かった。
領収書と引き換えに西瓜(780円)を渡し、そそくさとマンションを立ち去る。
渡す際、なんかあんまり好きそうじゃなかった風に感じたが、ぜひキンキンに冷やして
食べて貰いたい。

その後、残ってたラスト2件の集金へと向かった。
両方とも家に居てすんなり回収完了。
これでやっと6月分が片付いた。


一時はジ・エンドかと、脳内でスタッフロールが流れていたが
なんとか体制を立て直したな。
まだお前は去るべきじゃないという、新聞神のお導きかもしれん。

昨日は最悪だった。

残りの集金に向かうため、バッグから領収書を取り出そうとすると・・・
無い。
頭の中が???で覆い尽くされた。
そして次第に膨れ上がる不安と焦り。
なぜない?考えろ・・・・・・・考え・・・・・まさか!
2日前、最後に集金した極悪不良読者のところに置いてきてしまったのか!?

領収書はケースに束なって綴られてある。客からお金を受け取る時
引き換えにケースの中の領収書(半券)を1枚、ビリっと千切って渡すんだが
その時、ケースの方をどこか地面や手すりなどの適当な場所に置いとく事がある。
金と半券のやりとりで両手が塞がってしまうからだ。

急いで不良読者の住むマンションに走り、部屋付近を探索する。
が、無い。
もしかしたら不良読者が取っといてくれてるかもと思い
電話を掛けるも繋がらず、新聞自体抜かれてない。
管理室や近くの交番にも行ってみたが×。
ちくしょう・・・泣きてえよ。成す術なく、仕方なく店に戻り店長に報告すると
個人情報ウンタラでウンタラだから見つかるまで探せと怒られ、たまたま店に居た専業さん
4人ほども強制的に探索に加勢させられる。

計5人でマンション周辺を探すが、集金にきたのは2日前。
今さら見つかりっこない。
探してる間、強制参加させられた専業さん達からはなんで失くす?信じられん
タダ働きだ等チクリチクリと小言を言われる。まさに針のムシロだ・・・。

そんな時、携帯からピロリロリーンという音が鳴った。
電話の主は例の極悪不良読者で、今回の件を話すと
ああ、それドアの前に落ちてたからうちで取ってあるよ。明後日はずっと家に
居るから取りに来なよ
、と告げられる。


悪かったと思ってる。
今まで極悪不良読者などと日記で罵って。
最優良読者の間違いだった。

昨日の夕刊時、店に出勤すると専業から
一枚の封筒を渡された。
なんだろう?と中身を見てみると
IMG_20170715_062126
どうやら寸志が支給されたようだ。
その額、28689円也。
半年ごとに貰えるとは事前に聞いていたが
まだ3ヶ月ちょいしか働いてないので、今回貰えるとは
思ってなかった。

ひょうたんから駒だな。
寿司でも食っちゃお。

やっと今の今まで集金から逃げていた極悪不良読者から
金を回収することが出来た。

業を煮やしたので、2日ほど前に脅迫文をポストに入れといたんだが
やはり正解だったようだ。
慌てて電話してきてすんなり支払ってくれた。
本当ならノシを付けてもらいたいくらいだがまあいいとしよう。

まだ集金は残っているが、とりあえずはメドが付いた。
喉につっかえた魚の骨が取れたような気分だ。

6月分の給料で手持ちが約137万になった。
先月が確か131万くらいだったので、たった6万しか増えてない。

俺、何もしてない。どこにも行ってない。
仕事しかしてない。
ナノニドウシテ?

6月は市民税の支払いがあったのでそれが響いてるのかもな。
これから隔月で15000円、12月まで合計で6万ちょい支払わなければならない。
ちなみに市民税なんてもの、今回初めて払ってる。
今までどんだけ低収入で生きてきたかがうかがい知れるな。

6月分の給料が振り込まれた。
その額164741円。
まったく、何の面白みもない額である。

そして先月と同じように、6月10日~7月10日までの食費・煙草代・酒代を
レシートで集計してみたところ


食費:31310
酒:6364
煙草:5890


という結果になった。
先月と比べると食費が下がった代わりに酒煙草代は上がっている。


ストレスが溜まってるんだろうか・・・。



転送人がいなくなり早1か月。

転送人とは、配達員がバイクに積めない新聞を車で適当な場所に
置いて回るのが主な仕事なんだが、何カ所かだけ新聞の配達もしてたらしい。
で、今その転送人がいないわけなので配達員が区分けして転送人が配達してた
場所も配っている。

俺もその配達が割り当てられてるんだが、わざわざ転送人が配るとこだけあり
かなりヘンピなところにある。
ヘンピというか、本ルートからかけ離れた場所にあるんだよな。

前は雨などが降らなければ6時前には終わってた配達も
今じゃ6時過ぎが当たり前になってる。
それに伴い、早入れなどの時間指定に間に合わせるため
本ルートも順路変更せざるを得ずごちゃごちゃしてきた。


俺もいなくなりたい。

はぁ・・・もう休みが終わる。

今日は洗濯等を済ませた後、雑用品を買いに行ったり
配達用の靴を新調したりした。
一足1000円。
赴任した際に購入した靴はソールがすり減って穴が開き、雨水の侵入を
許すと共にとんでもない臭いを発していたからな。
この辺でフレッシュさを取り戻したかった。
その後も皮膚科に行ったりして、もう現在午後6時を回ろうとしている。

しかし今の生活、仕事のために生きてるようなもんだな。
今日なんて休みだというのにたった2時間しかゲームできてない。
思えば、俺が東京に来て、住み込みで新聞配達という仕事を選んだのは
ゲームを長時間したいという思惑が1番大きい。
ここに来る前、職業訓練に通ってる時、息抜き程度の気持ちで買った
PS4にどっぷり嵌り俺は就職を拒んだ。
もっと遊びたい。まだ就職なんてする時期じゃない。
そう考え、ほどほどの労働時間でほどほどの給料が貰える新聞配達(アルバイト)を
選んだんだ。
もちろん、人とあまり接しなくていい点や、誰でも即採というのも選んだ理由の
一つなんだけど。


思惑は大きく逸れている。
人生、思い通りにはいかねえなやっぱ。

相変わらず集金がはかどらない。

昨日から、訪問と不在票では埒が明かないので電話攻勢を
しかけている。
が、時間帯を替えて2時間置きに掛けるも
留守番電話に繋がるのみでコンタクトは取れない。
とにかく何か連絡をくれとすがる思いで要件を入れといても返信は来ず。
もはや集金ストーカーと化してるな俺は。

イラつきがとぐろを巻き、このまま昇竜しそうな勢いだ。
しかしそんな状態になるのも致し方無い。
とある、まだ回収できてない家は、今手持ち無沙汰だから
~日、~時に来てと言われ、行ったにも関わらず、ずっと留守で
電話にも出やしない。
不誠実な事この上ない。
こういうのを今月は数件も抱えてしまった。

明日は休みなので集金の締めを今日やらないといけなかったんだが
上のような調子だったので、ついに禁断の手を使ってしまった。
つまるところ未回収の家の分を領収書だけ切りとって自腹で店に入金する
ということだ。
ノルマを達成するにはこうするしかなかった。


休みの前日だというのに、こんな憂鬱な気分は初めてだ・・・。

この店で働き始めて3か月弱。
同僚とは普段、ほとんど話さないんだけど集金時や
電話番の時だけは少し話してるんで大体この店の事も分かってきた。

驚いたのが、専業の人達も俺のようなアルバイトとあんまり給料が
変わらなかったという事だ。
専業はランクというものがあるらしく、俺が話を聞いた専業さんは
一番下っ端のようなのでなんともいえないが、なかなか厳しい経済状況のようだ。
まあ専業といっても、今俺がやってる仕事に区域管理という読者の契約
更新なんかをする業務が加わるだけだからな。
それでもバイトより忙しいのは間違いない。
奴さん達、配達が終わってからも洗剤とかを後ろに積んで走り回ってるし。
専業になったことはないのではっきりとは言えないが
俺のようなバイトの立場で例えたなら、終わりなく集金を延々とやるような。
そんな時間のやり繰りだと思う。

少し前に、俺より一回り年下の専業さんと話してると
近い内、できればこの夏が終わるまでには辞めると言って眼を滾らせてた。
えっ!?と思ったがこんだけ忙しなく働いてバイトとあんまり
給料変わらないんじゃなぁという憐れみを覚え
何も言えなかった。


俺もそろそろ進退を決めないとな・・・。
まだ入って3ヶ月しか経ってないけど・・・。

ダメだ。

最後の締めまで後3日しかないが残りの数件を
とんと回収できない。
不在票といって、留守だったので次はいついつに来ます~と書かれた紙を
ポストに入れとくんだが全然居やしねえ!
しかたなく、俺の区域の担当専業に泣きつくと(俺が集金をやる前はこの人がやってた)
ああそいつらなぁ・・・と、なかなか取れない極悪読者達であることを聞かされた。

過去の2ヵ月、俺はどうやってこの悪共を成敗したんだろう。
3か月目にして壁にぶつかっている。


昨日、集金の3回目の締めがあり
ノルマ95%をなんとか超すことができた。
次は5日後に98%が課せられる。

ところで集金のノルマ手当なんだが、前に書いたのは少し間違ってて
実際は初収30%、月末90%、翌月5日95%、翌月10日98%という
段階ごとに手当てが付くようだ。
だが10日というのは給料日と重なってるのが引っかかる。
9日までに98%超えしないと駄目ってことなのか・・・。

なんにしろ、集金人は目の前に人参をぶら下げられた馬に過ぎない。
ほんとクソなシステムだぜ

昨日集金の話を書いてる時に、はっと思い出した。
そういやあの家の事を忘れてた・・・と。

その家は集金の際、対面することなくお金を玄関付近に置いとき
それを俺が領収書と引き換えに持っていくというスタイルだ。
今週は古紙回収といって、古い新聞を袋に詰めといて
玄関に置いとくと業者が引き取る制度がある。
事前の電話連絡で今週はその古紙袋の中にお金を置いとくという事だった。

やべえよ。
連絡では7月3日に置いとくという手筈だったので
2日間も放置してしまっている。
今日の朝刊時、ドキドキしながらその家へ向かうと・・・あった。
古紙袋はまだ回収されておらず金も入ってる。

危なかった。
もう少し気づくのが遅かったら袋は回収され、金も塵と化していたかもしれん。
日記書いててよかった。

今月の集金も、不良読者にほとほと悩まされている。

昨日はとある家に、午後10時に行きようやく回収できた。
この家、何回訪ねても留守で日曜にようやく掴まったと思ったら
今手持ちが無いから払えない。平日は夜9時以降なら帰ってるから
その時来てくれなんてほざきやがる。

道理じゃないが明日(今日)が休みだったのでしぶしぶ合わせることにし
9時にその家に向かいピンポンを鳴らす。

ピンポ~ン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピンポ~ン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピンポ~ン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピポピポピポピポピポピポピポピポピポピポポピポピポピポピポピポ
ピポピポピポピポピポピポピポピポピポピポピンポ~ン・・・・・・・・・・・
居ねえ。
しかたなく1時間ほど古本屋で時間を潰し、再度出向いてやっと完了という次第だ。

ただ、俺が腹立つのは何回訪ねても家に居ない時なんだけど
それよりも腹立つのが手持ちが無いって時だ。
これにはピキンとくる。
3千4千円足らずの金が無い?
正気かと疑うぜ。その辺自転車で走ってる中学生でもそのくらいの金
財布に入ってるだろ。
貧乏人が新聞なんか取るんじゃねえ!!と一喝したくなるな。
いや、実際貧乏ならまだ我慢できる。例えばボロボロの掘立小屋みたいなところに
住んでるなら、少ない収入で新聞を取り知識を得ようとせん姿勢みたいな
ところも感じられ溜飲も飲めるがここはそうじゃない。

まだ建てて10年も経ってような小奇麗な家。
そして庭にはバスケットゴール。
basketgoal_lt-71524
停めてある車はでかくて、グレードも高そうだ。
U00003884761L
そんなアッパーな家庭に3千4千円がないだと!?
どゆこと!?
だが、案外こういうとこが毎月1,2件はある。(まだ3ヶ月しか集金してないが)
この家は俺の中にあるタブーをダブルで侵してるので
さらに怒り心頭である。

今日は都議選の影響で朝刊が30分遅れた。

俺は今、東京の府中市というところに住んでるんだが
ここ一週間ほど色んな党が拡声器でガンガン叫んでいる。
うるせえなあと思ってたんだが、少し前に
「府中市のみなさん、小池百合子です」
という声が耳に入ってきたことがあった。
小池百合子といえば現東京都知事であり、何かと有名な人だよな。
都心から離れたこんな街にも来るのかと感心し
どれ、あのかわいらしい熟女姿を一目拝ませてもらうかとベランダへ出た。

しかし、一時演説を聞いてるとどうも同じフレーズばかりを
繰り返し喋ってる気がする。
どうしたんだ百合子?やる気が無いのか!?
もっと他にも言うべきことがあるだろう。


結局、姿を拝むことなく部屋へ戻った。
original


どうも月の終わりから初めにかけて新規の入れが
増えるという事に3ヶ月勤めて分かってきた。
今日はドバッと17件も増え、順路丁を眺めながらの配達だったので
いつもより30分くらい長く掛かった。

一向に体力が回復しないな。
しようがない。
体力バー

集金時、おばさんの長話に掴まった。

なんでも、新聞屋の営業がきて新聞を取ってくれと
しつこく詰められたらしい。
しかしおばさんはもう、そこの新聞を契約している(俺が配達してる新聞)。
営業にそう言うと、一度解約して別の銘柄の新聞取った後、再び解約して
自分の新聞と契約してくれと迫ったようだ。
当然断ったが度々来るとのこと。
おばさんの激おこ話をはぁ、はぁ、と頷きながら聞いていた。

この営業、拡張といって店が新聞の新規契約者を増やすため
外部から依頼した営業専門の人達であり従業員ではない。
俺も詳しくはしらないが、1件契約成立ごとに~円という報酬を受け取る。
完全歩合制かつ、一度客と契約したら後はノータッチなので強引な契約を迫る
営業もいるらしい。
そんな強引に契約された客と付き合うのは俺達店側の人間だ。
思えば、新聞を嫌々取ってるらしき客もちらほら居る。
例えばここなんかもそうだろう。


俺じゃどうすることもできないので
とりあえず上の方に伝えとくと言っておばさん宅を後にした。
はぁ・・・時間無いのに厄介事が増えてくなあ

↑このページのトップヘ