2016年03月

やはり風邪の類だろうか、鼻がまったく効かなくなった。
何もにおわない。
今朝、うんこしたときですら微塵もうん臭を感じなかった。

舌もてんで駄目だ。
先週末、高い牛肉を買ってすき焼きを作り置きしてたのに
味わう事叶わず。
なんてタイミングの悪さだ。

相変わらず喉の調子は悪いが、若干痛みは引いてきた気がする。
とりあえず週末まで持ちこたえて、治る気配がなかったら
ドラッグストアで市販薬を買ってきて飲んでみるか。

これ以上病院に通うのは避けたい。
今現在で皮膚、歯に通ってる現状だからな。

ネットで喉の痛みと探索すると、塩水うがいが良いと
あったのでやってみた。
偶然先週の週末に、サンドイッチ食いてーなと思いキュウリを戻す
塩を買ってたんだよな。

うがいをし、前に喉が痛くなった時に頬張ってた喉飴がまだ残ってたので
それをキャロッ、キャロロッとほどよく喉に当てながら出勤した。

日勤開始。

ノドの調子が悪い。
唾をのむとズキンズキンと痛みがあり
軽い咳やタンコロもある。
少し前に派遣会社から、インフルエンザが流行ってるということで
配布されてたマスクを着用して出勤した。

明日に備えて、あともう3時間後くらいには寝ないといけない。
夜勤の週の1,5連休(小休み)はほんと休みじゃなく
長い休憩といった感じだな。


仕事に縛られる生活、されど今はやむなしである。

土曜の夜9時から
NHKで精霊の守り人というアクションファンタジードラマが放送してるんだが
俺は先週からこれを視聴している。
今日は土曜なので今回も観た。
アニメでもかなり昔に放送されてて面白かった記憶があるんで観てるんだが
実写でこういうのをやるって珍しいんじゃないかな。
よく分からないが、洋でいえばハリーポッター的なものだと思う。

俺の今の交代勤務の生活で、唯一毎週時間が取れる時間帯って
土曜の夜なんだよな。
これから精霊の守り人を基軸にして生活しようと思う。


しかし、俺のとこにはNHKの集金がこない。
というのも玄関にオートロックという結界が
貼られてるからなんだなカカカッ。

今日は仕事に行く前、歯医者に寄った。
もう4回目で、あれから痛みは無いので今日で終わるかと思ったが
ハ~イ、今日はお終~いん、受付で次の予約日入れといてね~んと
毎度のようにカマっぽい歯科医に言われる。

はぁ・・・、面倒くさいし金もガンガン減ってくぜ。
もう1万以上はこの歯医者に使ってるな。
初診で歯の痛みを治してくれた時は神だとさえ思ったが
今はだんだん悪魔に思えてきた。


というかここ1か月、毎週のように病院に通ってる自分に気付いた。

オラァ!!なんばしよっとか!
オウッ!!コラッ!オウッッ!!

今日も新人への怒声が鳴り響いていた。
やるせない。
何がやるせいって、この新人さん教育係の社員よりも年上だからだ。
年功序列はここでは通用しない。
能力のないもの、ついてこれない者はケチョンケチョン言われても
言い返す術を持たないのだ。

しかし、そんな場を見ていると調子こく奴も出てくる。
俺の前工程で作業している20歳そこそこの若造が
あの人、ライン止めすぎですよね、調子狂うっすよww
なんて言ってきたことがあった。
そういうこいつも実際は大したことなく、不具合を結構起こしていて
ミーティング等でも注意されてるんだが
そんなのお構いなしという風だった。
こいつはお調子者だから、そこのところをのらりくらりと避している。


イライラするな。
空気感ってやつで、人は良い奴にも悪い奴にもなる。
そんなこと思った。


1か月ほど前から俺と同じ工程で、反対側の車体を担当する
新人さんが入ってる。
齢は26歳らしく、ライン業務も車製造も初めてらしい。
この新人さんが最近、教育係の社員にビシバシとしごかれている。

オウ!ちゃんとやれや!
前もおしえたろが!!

そんな怒号が耳栓をしてても聞こえてくる。
この怒鳴ってる社員は、応援という形で少し前に俺の所属する組に
入ってきて、この新人さんと同じように俺の反対側を担当したんだが
ものの3日4日足らずでほぼ完ぺきに仕事内容をマスターしていた。
別部署で5年以上勤めていたみたいだし
ラインの練磨者というのか、やはり侮れないという感じだ。
そういう人だからこそ、1か月経っても作業に滞りを見せる新人に
イラつきを覚えるのだろう。


それは分かるけど、もう少し物腰柔らかくしてほしいね・・・。

今日もハードかつ、つまらない仕事が終わり、やれやれとロビーの喫煙所で一服してると
2人組の社員さんらしき人達が入ってきた。
煙草を吹かしつつ、その2人組の会話に少し聞き耳を立ててたんだが、
どうもこれから7月あたりまでこの工場はあまり稼働しないらしい。
社員の人たちは今後、愛知の工場に応援という形で出向する場合もあるらしく
行きたくねーなと嘆いていた。

愛知といえばトヨタの本山だよな。
まさか派遣の俺がそんなとこまで飛ばされるとは思わないが
今現在、ここの状況は人余りらしい。
実際、毎日のように定時割れ(早く業務が終わる)してるからな。
まあ10分や15分程度だが。


俺は今、7月の半ばまで労働契約の更新をしている。
この会話で、俺の脳内がフルスロットルを始めた。

夜勤開始。

今日は身体が軽く、なんとなく調子がいいなと思ってたら
途中から右足が痛くなってきた。
足首からふくらはぎに掛けて歩く度、キンッ!とするような痛みだった。
いてーなクソッ、と思いつつ業務終了。
最初調子良かっただけに、なんだかなという思いに駆られている。

腰から始まり膝、歯、そして足か。
やってられないなまったく・・・。
(痛)のバーゲンセールが俺の体内で起きている。
次は肩あたりが痛くなるのかな。


今やもう、来い、来てみろやオウコラといった心境だ。

久々にネットカフェに行った。
読書の折、お腹が空いたので夕食はこの店のメニューにある
210円のビーフカレーを、バド・ワイザーで流し込んだ。
IMG_20160320_193917
こんな孤独でわびしい外食が俺には性に合ってる。
店員さんも、持ってくるときわざわざ
「お待たせしました、210円のビーフカレーでございます」
といって持ってくるんだ。
最高だろ。

今日は会社の新年会だった。
・・・俺はいかなかったけど。

会費5000円、そして往復の電車賃を含めると1万近く掛かってしまう。
やっときた大休みにそんな金を出して路線を調べ、アタフタしながら
現場まで行くことを考えると、家でくつろいでいる方をとってしまうわな。
仮に出席したとしても、同僚達とはほとんど話もしたことないので
緊張して飯も碌に味わえないってのはもう目に見えている。

俺は友達もいないし、会社勤めもほとんどしてきてない人生を送ってきたので
飲み会なんてほとんど出たことないんだが、過去に3回だけある。
その3回は全部東京で住み込みの新聞配達をやってた時だ。
そこの新聞販売店の店長は飲み会が好きだったようで、たった4か月しか在籍しなかったのに
計3回もあった。
住み込みだったから、いかないわけにもいかずほんと
勘弁してくれよって話だな。

飲み会で親睦を深めるとよくいうが、俺の場合全然駄目だな。
まず、隣や前に座った人と嫌でも、半ば必然的というか
強制的に会話をしないといけないという場所であり時だという
時点でもう無理だ。
まるで電気椅子に坐らされビリビリと電流を流される拷問を受けてる
かのようだった。
アルコールが入っても、俺の閉ざされた心のドアは開くことは無い。
しかし、、世の中にはその飲み会でさらに出し物等なんかをするとこも
あるらしいな。
コスプレしてカラオケ歌ったりとかさ。
狂ってるな。


そんなわけで、行きたくない理由が見事に揃ってたので
忘年会と同じように出席欄に×を記入。
新年会は無いっていってたのに、職長の嘘つきっ!

はあ~~~、やっと今週もやっとつらくきつくつまらないだけの
ライン作業が終わってくれた。
今週は日勤なので大休み。
これから俺は約50時間以上、労働を寄せ付けない
聖水を被った戦士のような状態になる。

今日は仕事帰り、皮膚科のある病院に行った。
この病院はこっちにきてから4か月くらい、月1ペースで通ってる。
主治医はもうお爺さんという年齢の人で、俺がアトピーを患ってて
地元で治療を受けてたという事情を最初診察を受けた時に話した。
それから毎月、プロトピックという塗り薬とスプラタストトシル酸塩という
飲み薬を処方されている。
プロトピックはアトピー専用の塗り薬、スプラタストトシル酸塩はアトピーのみならず
花粉症や喘息といったアレルギー症状全般にも効くらしいんだが
一向に良くなる気配はないな。
このスプラタストトシル酸塩は俺も初めて飲む薬で期待していて
飲み始めてから効いてくるまで、時間が掛かると説明を受けて4か月律儀に飲み続けてるが
こうも効き目を感じられないとなると疑いを持ち始める。

主治医「調子はどう?」
俺「あんまり良くないです」
主治医「効いてくるまで時間掛かるからね、今月も出しとくね、ハイお大事に」

結局俺は毎月3000円弱、死ぬまで良くならないまま
治療費、そして病院に行く労力をこうして消耗しつづける人生なんだろうか。


なんだろうな・・・。
その気配濃厚だと最近感ずいてきた。

やっと今週の勤務もあと1日で終わりか。
まったく、疲れ切る日々だ。
毎日、なます切りされてるような感覚に陥るぜ。

おいnito、お前唇が黒くないか

と詰所で休憩してる時上司に唐突に問われた。
確かにここ最近、下唇がパリパリに乾き黒ずんでいて痒みもある。
おそらくアトピーの影響なんじゃないかと思う。

引っ越し等で環境を変えればアトピーの症状が緩和されたという話を
耳にしたことがった。
俺が実家を離れ、ここ北九州に出稼ぎにきたのも実はそれを少し期待してのことも
あった。
だが、実際は緩和されるどころか悪化しているといってもいい。
過酷な労働環境のせいか、あるいは北九州のPM2,5をふんだんに含んだ空気なせいか。
あるいは誰のせいでもない、これが俺の運命、定めなのか。

乾燥してるせいですかねえハハ・・・と返すも
乾燥でそうはならんだろう、お前何かの病気じゃないんかウエェェハハハwwwと一蹴される。
ちくしょう・・・。
この人、いやこいつは、俺の職場では職長に次ぐNO2のような存在でとにかく小煩い。
他の社員さんとは絡むような事って日々の日常でほぼないんだが
こいつは全体を統括していて、基本ラインには入ってないから
俺の持ち場での不具合等があれば、ライン起動中でもガンガン注意される。
嫌が負うにも絡まないといけないんだな。


仕事熱心なとこも垣間見えるし、不具合を出したらさらに上の人から注意を受けるのは
このNO2だと言うのは分かってる。だがしかし
嫌いではないけど、苦手な存在なのは間違いない。

2月の給与が振り込まれた。
IMG_20160315_163924
その額、150231円。
臨時休業が一週間もあった月なので、期待してなかったんだが
先月とあまり変わらなかった。
3日も出勤日は少ないしどうしてだろうと?と考えたが
休日出勤や休業手当が案外裏で暗躍しているのか。
こうやって表をみせてもらっても、詳細っていまいちピンとこねーな。

まあ嬉しい誤算に変わりはない。

日勤開始。

ここにきて腰痛がぶり返してきた。
久々にアンメルシンヨコヨコを塗りたくるか。

もう後4時間ほどしたら床に就いて
12時間後にはラインの場へと立っている自分がいる。

夜勤の週はほんと休みじゃなく、小休憩といった感じだ。
来週の飯の支度をし、掃除や洗濯といった雑務を挟むと
あっという間に月曜の勤務が襲来してくる。

ただ、これはこれでいい気も最近してきた。
暇を持て余して余計なことを考えずに済むし、どこかに遊びにいって
出費するようなこともできないしな。
酒煙草や、暴飲暴食もおのずと節制されている


この地にきたのは労働するためと思えばむしろ健全、順調といえるので
そう嘆くこともないのかもしれない。

今日は5年前に東北大震災が起きた日ということで
アナウンスで始業前に一分間の黙祷が捧げられた。

あの日の事は俺もよく覚えてる。
5年前のその時、俺は朝刊の新聞配達をしていた。
といっても、もう辞める間近で新しく入る人のサポート的な事をしていたんだが
一面に大地震、大被害という文字と写真が掲載されている新聞をみながら
その新しく入った人と、とんでもない地震が起きたみたいですねえと会話
したのを今でも覚えてる。

それからニートライフに戻っても、ニュースは連日震災の事が中心だった。
核施設の2号機や3号機が爆発を起こしたという速報や、福島県を中心とする
被害の状況が矢継ぎ早に次々写し出される度に
焼酎が入ったコップを持つ手がプルプルと震えたものだ。
テレビCMも、企業系の物は一切流れず
なんかよく分からない詩を朗読してるのが延々と流れていた気がする。

この頃から社会のはぐれものなこの俺でも、相当動揺していたので
一般の人はその比ではなかっただろうなと思う。
ましてや、東北に住んでる当事者の人たちにとってはどれほどの
心境かうかがい知れないものがある。


そんな事を思い出しながら、感傷に浸って黙祷してると
ハイ、今日も1日頑張りましょうというアナウンス音声と共に
ガコンッ!ウイィィィンという車が攻めてくる音が聞こえてきた。

夜勤開始。

夢想はとりあえず置いといて、今は今現在をしゃかりきに努めなければ
いけない。
とにかく、今週は午後1時に家を出て午前1時に帰ってくる、それをあと4回繰り返すだけだ。
そんな感じで1日1日を撃破していくしかない。

最近、新聞配達やりてーなと思い初めてネットで
住み込み系の求人をチェックしている。

俺は約10年前に一度、東京に住み込みでやった事が
あるんだが3か月ほどで辞めて地元に戻った経歴がある。

今の仕事は労働のきつさもそうだが
拘束時間が長いのもネックなんだよな。
往復で約2時間掛かり、そこから着替えて馬鹿デカい工場内の移動。
詰所に着くのは始業30分前。
こんな感じなので、今の時給は1400円なんだが
通勤時間等も含めると実際は1000円切ってるんじゃないか。

その点、過去新聞屋に住み込みで働いてた頃を思い出すと
店の2階に住んでたので通勤時間は0に等しかった。
すごく時間が掛かってる今現在、0というのは実は非常に
魅力的に思えてくる。


金と自由。
その天秤で俺の心は大きく揺れている。

今日は安否確認があると事前に聞かされたので
スマホの前でずっと正座で待っていた。

安否確認とは災害などが起きた際、会社側で従業員が無事かどうかを
電話で確認するシステムらしく、今日はそのテスト日だった。
これは2011年に発生した東北の大震災以降から始まった行いということで
今月に本当の確認が抜き打ちで土日の週末に行われるという。
本当といっても、まあ避難訓練的なものだけど。
実際、とんでもない災害が起きた時に電話なんて繋がるんだろうかと
疑問に思いつつコール2秒弱で電話に出た。


これから週末も気が抜けない感じになるのか・・・。
面倒くせえ。

はあーーー・・・やっと今週の勤務も終わりか。
前回の大連休(日勤の週で休みが長い)は土曜勤務が入ってたのでおよそ
約20日ぶりの2,5連休。
ちょっとしたオアシスに足を踏み入れたような心境だ。

そして昨日、2回目の歯医者に行った。
キュ~ン!!!ギャン!!ガガガッ!!ピッピッピズゴゴゴゴゴゴゴ
キュ~ン!!!ギャン!!ガガガッ!!ピッピッピズゴゴゴゴゴゴゴ
キュ~ン!!!ギャン!!ガガガッ!!ピッピッピズゴゴゴゴゴゴゴ
キュ~ン!!!ギャン!!ガガガッ!!ピッピッピズゴゴゴゴゴゴゴ

今回は、前回穴を空けた前歯の裏側の穴を塞ぐような治療だと
診察台に寝かされマグロのような状態で感じ取ったが
まだこれで終わらないらしく、来週の土曜日には三度通わないといけないらしい。
なんでも神経の膿が完全に消滅してるかはこの段階では分からないらしく
膿が発生するとまた痛み出すらしい。
その時は自分でピンセット等の尖った物で穴を突き破って膿を出せという。
そうすると痛みが引くそうだ。
なんか説明を聞いててアナーキーだなあという思いが否めなかった。
憂鬱だ。


また一つ、自分の中の重石が増えた。

やっぱり俺は今後の展望とかポジティブで前向きな気持ちを
書くとロクな事が起きない。

昨日、朝起きた時に歯に若干の痛みと違和感があった。
なんだろう?と思いつつも出勤したんだが
その後、時間が経つにつれ痛みは激しさを増していった。

1R目は痛いけど歯の治療は金掛かるし時間も掛かる。
とりあえず我慢して痛みがこのまま消えないなら
週末にでも診てもらうか、なんて余裕こいてたが
2R目になるとズキズキと威力のある痛みに変わった。
3R目に入るとズキズキはドカンバキンに変わりこりゃ洒落にならんと思い
4R目が終わったら即刻歯医者に直行するという思いに変わっていた。

幸か不幸か、俺の住んでるマンションのすぐ近くには歯医者があった。
痛てえ、痛てえよ・・と嘆きつつなんとか足を運び
受付の女性の人から貰った初診用の紙に症状を書く。
15分くらい激痛に耐えつつ週刊誌を読んでると俺の名が呼ばれ
主治医らしき人に歯のレントゲンを取ってもらった。
しかしこの人、なんかクセのある人で上着脱いで~ん、ハ~イさっさとして~んといった
不愛想かつ、オカマっぽい人だったので少々不安になる。

その後、診察に招かれて歯が痛い原因は歯の神経が死んでいるということを
告げられた。
俺が痛いのは前歯だったんだが、実はそこは数年前にぶつけ、かつて治療した個所だった。
何かぶつけたりしたことな~いん?と問われ、ええそうです!実は数年前に・・という風に
俺は事情を話した。
主治医さんの見解によるとそこが、幾年の時を経て神経が化膿し膿んで暴走をしているという見解だった。
見解が終わった後、麻酔を注射され20分弱、マグロのように診療台に寝かされていたが
まさか数年前にぶつけた歯が今になって猛威となってるとは思わなんだと旋律しつつ
オカマの治療を待っていた。
自分では、虫歯のひどい奴にでもなってるんだろうなあと内心思ってたからな。

キュ~ン!!!ギャン!!ガガガッ!!ピッピッピズゴゴゴゴゴゴゴ
キュ~ン!!!ギャン!!ガガガッ!!ピッピッピズゴゴゴゴゴゴゴ
キュ~ン!!!ギャン!!ガガガッ!!ピッピッピズゴゴゴゴゴゴゴ
キュ~ン!!!ギャン!!ガガガッ!!ピッピッピズゴゴゴゴゴゴゴ
治療は15分くらいで終わった。

終わると痛みはうそのように無くなっていた。
前歯の裏側がキツツキに開けられた樹木のように穴が開いている。
穴は開いたがとにかく、痛みが引いて良かった。


治療費4120円、されど全然高くないなと思える己がいる。

↑このページのトップヘ