2017年02月

変わらずCAD。

最近、また仕事探そうかなと思い始めた。
真っ暗な画面を前に、6時間延々と線を書き続ける毎日を続け
俺の心は壊れかけている。


今日もCAD。

教科書が全部終わったので、今はプリント課題に入ってる。
あと1か月、ずっとこんな感じでモニターとプリントとの
睨めっこな日々が続くんだろうな。

耐えるしかない。
耐えてしかるべし。

教会に行ってみた。
勇気を出して、行ってみた。

自宅から約40分くらいの、職業訓練所に通う時見つけた場所で
ホームページを拝見すると日曜日は朝6時と10時からお祈りのようなものを
やってると書いてあり、誰でも気軽にご参加くださいとの事だった。

ということで、早速おじゃますることにしたんだが10時開始のやつに
10分遅れてしまい、入り口に着くと中で何やら歌(讃美歌?)を歌ってるのが
聞こえたので入り口で固まっていた。
一時そのままボーっとしてると、初老の男が姿を現し、初めての方ですか?
どうぞお入り下さいといって中に招いてくれた。
後にすぐ分かるんだけど、この人はこの教会の牧師さんだった。

中に入って空いてる椅子に座る。
辺りを見回すと20人前後の人が同じように座っており、前の祭壇の方では女性3人が歌とオルガンを弾き
男性が一人ドラムセットでリズムを刻んでいた。

歌が終わると牧師が出てきて聖書の朗読、そして解釈等を話す。
これが説教というやつなんだろうか。
俺は聖書を持って無かったので貸してもらい、隣に座っている中年の女性の方に
今読んでるページを教えて貰ったりした。
この中年女性、牧師の説教中、30秒に1回くらいアーメンと唱えるので
熱心な教徒なんだなあと思った。

牧師の話の要約は、我々は一人一人がイエスの教えを伝える伝道師であり
サタンに負けてはならない。
何かを成す時はかならず精霊が降りてきて力を貸してくれる。
・・・あと他にも色々話してたけど忘れてしまった。


1時間半ほどで終わり、俺は牧師にありがとうございましたと伝えた。
牧師はまた来てくださいと言い、一冊の本をくれた。
聖書
聖書よりも幾分コンパクトで、色んな箇所を抜粋した
本らしい。

訓練校に入所して早5か月も過ぎようとしている。

俺は今、疲れている。
毎日同じ教室同じ顔で、移動もせずひたすら座って授業を受ける。
訓練校といえどもやはり学校の部類に入るな。

過去2回高校をドロップアウトした俺。
この訓練校が仮に3年だとしたら、やはり途中でドロップアウトすると思う。




はぁ・・・やっと今週も終わりか。

俺のクラスに一人、相当のゲーマーがいてひょんな事からそいつとオンライン上で
同じゲームをプレイすることになった。
今までオンラインゲームといっても、リアルでの付き合いがある人とは
やった事がなかったので新鮮感があり、楽しいっちゃ楽しいんだけど
いつINするかなどの打ち合わせが煩わしくも感じている。




今日もCAD。

なんなんだろう、この労働とは違う、だがお金を貰いつつ嫌々勉強をしている
という複雑怪奇な現実に俺の心が少し狂い始めている。





一昨日、女性は偉大と書いたが例外もある。

俺のクラスに朝青龍のような横柄かつ粗暴なデブ女がいるんだが
授業の休憩時間、そいつに髪薄いね~禿げてきてるんじゃないガハハといきなり中傷された。

平和をモットーとする俺、そっすかね~ハハハと苦笑いしたが
内心ではこの豚を屠殺してやりたい気持ちでいっぱいだった。

しかし実際の所、薄くなってきてるのは否めない・・・。
合わせ鏡なんかで頭頂部をみるとつむじも広がってる気がするし
前髪もなにか寂しさが漂ってる感じだ。


AGA治療を開始する時期に来ているのかもしれない。

相も変わらず今日もCAD。

教科書に載ってる図面を講師が一から書いていき
それを後から追って書いていくという形で進められている。
前の講師とは違う講師の人で、割とスピーディーに進められている。
そのせいか、少しボーとしてて工程を聞き逃すともうその図面は書けなくなる。
それで怒られることはないけども。


疲れるぜ。

先週の週末にクラスの飲み会があった。

はぁどうしようマジで行きたくないなあと、訓練が終わって
飲み会が始まるまでの時間、パチンコ店で漫画を読みながら思ってた。
そう思いつつも、金払ってるし、いかないわけにはいかないよなと漫画を戻し
飲み屋へと向かった。

場所に着くと、何人かのクラスメートが店の入り口前に立っており
隣の席のかわいらしい女性もいた。
普段作業着だが私服となるとこれまたキュートだったので少し興奮する。
それから2,3分で全員が集まり店へと入った。

テーブルは2台あり、自然と女性陣と男性陣で分かれた。
料理が次々と運ばれてき、女性陣の方はワイワイキャッキャッ♪♪とする中
男性陣のテーブルは沈黙が支配してた。
前にも書いたけど、なんか俺みたいな性格の奴がたまたま集まってしまったのか
自分から話そうとする人がいないんだよな。

そんな感じにみかねたのか、途中から女性陣の方が男性陣に色々話しかけてきた。
その効からかは分からないけど、宴は徐々に全体がくだけてきて結局
店の閉店時間まで飲んでいた。
終わってみればわりかし楽しかった気がする。


とにもかくにも、円満に終わってくれてよかった。

一旦は燃えていた就職の火も、今や完全に消え失せ
俺の心の中はもはや白い煙がプスプスと漂ってるだけだ。
火を起こすことはできても、それを持続させるだけの燃料が無い。


さて、残り1か月半頑張るか。

今日も授業を抜けてアドバイザーの元へと向かった。
面接の報告、そして辞退したいという事を話すために。

まず、勤務時間が長い。
求人票では朝8時始業の午後5時までという表記だったんだが
面接で話を聞くと、1時間半も早い朝6時半頃には会社に来て荷造りなどを行わないと
いけないらしい。
月残業時間が平均20時間とあったので、それを朝に回してるんじゃないかと推測した。
他にも勤務地が遠い事や、ボーナスが寸志だった事、土曜も隔週出勤だった事などを
アドバイザーにぶちまけた。

アドバイザーは少しなんとも言えない表情をして
そう・・・でもどこの会社でもこんなもんだよ。
求人票通りなんてまずほとんどない。
特に君の場合は選べる状況ではないから、ある程度は妥協も
必要だよ。嫌ならしょうがないけど、あまり間を置かず次の求人を探した方がいいよ。
こんな感じのアドバイスを受けた。
ぐぬぬ・・・。

その後、昨日面接を受けた運送会社に電話を掛けた。
出たのは昨日面接をした人だった。
辞退したいというと、そうですか、じゃあ履歴書は自宅に返送しておきますね
と言われ申し訳ないので断った。


運送会社なだけに、その辺はしっかりしてるなあ。

昨日、1枚の求人を持ってアドバイザーの元へと向かった。
求人の内容は運送業で、今勉強してる機械加工とは関係ない業種だけど
特にアドバイザーの人は突っ込む事も無くその会社に電話を入れてくれた。

で、明日面接という急な展開となり、アドバイザーの人と一緒に履歴書等の
作成を授業を抜けて行った。
やはりプロだけあって経歴の書き方や志望動機など、俺の陰の部分をうまい具合に
隠しながらそれらしく陽に仕上げてくれた。
結局、アドバイザーがPCの履歴書に書き込んだのをほとんど丸写ししたくらいだからな。

そんなで今日はその履歴書を手元に携え、午前で授業を抜けて運送会社に面接に行った。
15分くらい業務の内容や勤務形態を聞き、本日はありがとう御座いましたと
その場を後にした。


ブラックだった。

俺が通ってる訓練校はキャリアアドバイザーと呼ばれる人達が居て
求人に応募する時はその人達を通して進めるようになっている。
このキャリアアドバイザーの人達は、他にも模擬面接や履歴書の正しい書き方
を指導してくれたり、働くにあたっての相談や悩み等も聞いてくれるスペシャリストな人達だ。

明日はそのキャリアアドバイザーの予約をとっている。
人数が多いわけじゃないので1時間単位の予約制なのだ。
俺は今回、応募で予約してるので履歴書ももっていかないといけない。


めんどいな。

今後の事だが、訓練校を6ヵ月目一杯受けて
その後2~3か月ダラダラニートして職探し始めるかなと今まで漠然と思っていた。
しかし、企業説明や工場見学を受けて少し計画を変えることにした。

まず俺には機械加工は無理だ。
あれは職人の世界。
1年2年やってもぺーぺーの域で、一端の仕事ができるようになるのは
3年ぐらい掛かるだろう。
それも並みの人の話で、俺みたいな向上心が無い奴はもっと年数が掛かるのも否めない。
そうなると途中で投げ出すのは目に見えてるよな。
訓練校の授業や職に就いてからもそうだが、とにかく俺は勉強したくない。
頭を使いたくない。
知識を増やしたくない。
カラッポでいたい。


運良く今は好景気らしく、求人もすごく多いらしいので頃合いなのかもしれない。
ぼちぼちと来週あたりから就職活動を始める。
一週間くらいで業務の9割方は覚えられるような仕事を探そう。

企業説明会が授業後に行われた。

大会議室という広い部屋に10社ほどのブースが
企業の人事の人と共に設けられ
各自が話を聞きたい企業のブースにいき、15分くらいの企業説明を聞いて回る。
よくニュースなどで新卒者を対象に、大きな会場らしき場所で
こういうのをやってるのを観るがあれの縮小版みたいな感じだな。

1時間しかなかったので、話を聞けたのは3社ほどだった。
2社は俺が訓練を受けてる科(機械加工)に関連した会社で
あと一つは住宅営業で訓練とは関係ない会社。


俄然興味を引かれたのは関係ない住宅営業の方だった。

授業が終わった後、講師と共にある製造会社の工場に見学に行った。

入り口をガラガラっと開けると、訓練校にもある馴染みのNC旋盤や汎用旋盤
がズラリと並んでいた。
nc旋盤
中はやや薄暗く、油の匂いがする。
旋盤は機材の可動部に油を塗るのでそのせいだろう。
去年まで工場で自動車塗装やってたけど、それとはまた別の工場臭だなと感じた。

従業員の人達は4時半にはみな帰り、講師にこれはああだぞといった説明を受けながら
工場内を練り歩く。
旋盤の上には図面が張り付けてあり、それを何個作って納期がいついつまでといった事が
書かれてあった。
その図面は授業で作成した物とは段違いに複雑で、講師もウ~ンこれは俺も
作れんと唸ってたほどの物だった。


そんな感じで20分ほど講師と歩き最後、社長に挨拶をして見学は終わった。
社長はにこやかな人だったが、ぜひうちに来てくれとは言わなかった。




毎日毎日CADで図面書き。
今日の課題でヒーヒーなのにまた次の日には
新しい事を習わされる。

もう職探ししてもいいかもと思い始めた。
講師共も早く職を決めろと言うし・・・。


しかし、求人を見るとどこも賃金低い。
ゆうて今貰ってる失業手当とたいして変わらない額だ。
汗水垂らして怒られ貶され8時間働くのなら
勉強面倒でもやはりこのまま、残り2ヵ月の訓練通うかと思い直してしまう。

はぁ・・・。
これからどうするべきか悩んでいる。

訓練校も残り2か月となり、進退を決めないといけない時期に来ている。
最近クラスの人も、求職に向けてソワソワと動きを見せ始めてる。

はぁ・・・。

今日も居残りして、しこしことCADで図形を描いてたら
講師がつかつかと隣にやってきた。
こいつには最初反感を抱いていたが、そんな悪い奴じゃなさそうだ。
今日も勉強教えてくれたし、職探しのアドバイスももらった。

この講師、結構顔が広いらしく、色んな企業の社長や人事から誰か連れてこいと
ねだられているらしい。
まあ機械加工系の分野に限られるが。

色々話して、というか講師がほとんど一方的に話してたんだが
ある会社に授業が終わってから見学という形で行ってみないか、と言われた。
そこは人が足りなくて困ってるらしく、素人に産毛が生えたくらいの人でも
雇うというような所らしい。
とりあえずはぁ、考えときますと答えといた。


それにしても講師の話す声がでかかった。
他の科の訓練生も同じ教室で黙々と居残り勉強してるので
心の中で周囲の人スンマセンと唱えてたほどだ。

今日は授業が終わった後、2時間居残り勉強した。
居残り勉強もそう悪くない。
なぜなら、解らないところがあったら講師にすぐ質問できるからだ。
何十人といる中での授業は、講師が問題を出しそれで解ってない訓練生
を数人教えてあげたらすぐ次へと進む。
解らない人全員に構ってると授業が滞ってしまうから。

教えてもらえたらいいが、教えてもらえないと
その工程は解らないままとなってしまう。
それが後になって響く事もままある。
積極的な人ならガンガン声を上げ、講師を呼ぶんだろうが
俺みたいな消極的なやつはなかなか呼びづらいものがあるからな。

明日も残ろう

↑このページのトップヘ