2018年08月

うだるような暑さと、全身の疲労や痒みに耐え作業してる中
さらにプレッシャーを加えられると全身が液状化するような
ヘブンを感じる。



今日もせっせと鉄を削ってると、主任と数名の上司が何やら
険しい顔をして持ち場に現れた。

昨日のことで説教しに来たのかなうわぁ・・・とゲンナリするも
要件は卸業者から、俺の持ち場のワーク品にクレームが
入ったというさらにゲンナリするものだった。
なんでも、いくつかのワークに錆が発生していたらしく
それらが撮られたプリントを渡された。

今度からちゃんと目視して絶対流すなといい放ち主任一行
は去っていった。
おいおい・・・この錆は俺も作業中見つけてたが、確認しにいったら
流していいといったのは主任さん、あんただろ・・・。

こういう時、舌が回りちゃんと主張できるやつはバシッと事情を
説明できるんだろうが、俺みたいな舌足らずで事なかれ主義のやつは
あ、あ、あ、サーセンとしか言えないんだな。
はぁ・・・。


残業:2時間

午後7時、今日の作業を終え3階に備えてあるタイムカード場へと
重い足取りで階段を上がっていた。
辿り着き、タイムカードに表示されてる時刻を見ると午後7時2分。
ちょっと早く上がってしまったか。
まあ実はいつもの事だけどなククク。

この会社はタイムカード打刻が1時間刻みのようで
この場合、残業2時間分付くのは午後7時10分以降に押して付く。
午後7時2分で押しても定時の午後5時から
午後6時までの、1時間残業にしかならないという
よく分からないけどそういう仕組みだ。

そんなわけでタイムカード片手に、壁に貼ってあるポスターなどを眺めながら
早く7時10分にならねーかなと思ってると何やら階段から人が上がったきた。
俺の持ち場の主任だった。
・・・・・。

その場はお互い無言でやり過ごしたが、その後主任の持部屋に今日の作業日報を
提出しないといけないので秒速で出してスタコラ立ち去ろうとすると
時間までは持ち場を離れちゃいけないよと、呆れたように言われる。


キーーー!!!
この主任、いつも俺より早く帰るのでこっそりフライング上がりをしていたが
今日はどういうワケか7時過ぎまで残ってやがった。
やられた。


残業:2時間

今日もうだるような気温だったが、まずまずの余力が残ってる。

身体は正直なもので、週末のごろ寝は気分こそ落ちるものの
体力の方は大きく回復するようだ。
やっぱ本能というか、疲れてる時はそうなるように生き物ってのは
できてるんだな。
それに抗い、無理にアクティブになったり考えたりする必要はないんだ。


残業:2時間


今の機械加工の仕事を始めてそろそろ半年。
疲労の具合によって週末の過ごし方が3段階ほど
変わる事に気付いた。

1:疲労少
来週分の夕食をすべて自炊する。
部屋の掃除はトイレから床のモップ掛けまで満遍なく行い
ゲームも6時間以上プレイする。
飽きてきたら、用事は無いけどなんとなく外出してみようかしら
という気さえ起こす。

2:疲労中
来週分の夕食は2日分ほど作る。
足りない分は冷凍食品などで補充。
掃除は床のモップ掛けは行わず、掃除機で床のゴミを吸い取るのみで
軽く水回りなどを拭くに留まる。
ゲームは気分によってやったりやらなかったりで
TVの垂れ流しとネットサーフィンが主となる。

3:疲労大
来週分の夕食は全て冷凍食品や惣菜。
それらの購入すらしないこともある。
掃除は掃除機のみ。
ゲームの起動や、ソファーに腰掛ける気にもなれず
押し入れに敷いた布団に横たわりウトウトと寝たり起きたりを
織り交ぜながら大半の時間はTVを眺め過ごす。


本当は1みたいな生活を送りたいんだけど
2,3のように過ごす事がほとんどだ。
今週は3だった。

7月の給料は手取り20万4千円ほどで
久方ぶりに月20万越えを記録した。
しかし、その内10万を貯蓄するとなると
残り10万は家賃光熱費、食費、皮膚科やハゲ薬などの医療費で
ほぼ消えてしまう。

2019年を迎えるまでになんとか目標資金200万を
貯めて、新生活へと移行したいとこだが現状はやや厳しいな。


今日はやばかった。

昼休憩が終わり、後半戦。
何やら足に違和感を感じる。
重い。なんだこの重さとしんどさは。
まるで小泣じじいを背負ってるかのようだ。
さらに、前日の飲酒の酔いが抜けきれてないらしく
気持ち悪く、猛暑に近い気温が追い打ちを掛けてくる。

不幸にも畳みかけるように状況は悪化する。
今日の昼食は、いつもの会社御用の仕出し弁当では無く
月一あるカレー曜日で、300円でカレーが腹いっぱい食える日だった。
もちろん俺はたらふく食ったんだが、それがまずかったのか分からないが
凄まじい便意と眠気まで合流してきた。
最近、そういやトイレも睡眠もややおざなりだったとこの時気付く。

‘苦‘のカオスとしか言いようが無い時間帯だった。
仕事以前に、もはやその場に立ってるだけでも精一杯。
いつもの半分の量も加工できなかったが、休憩時間までなんとか持ちこたえて
ブリり、それからはしんどさも幾分収まったのは不幸中の幸いだった。

しかし、暑さや足の疲労は仕方ないにしても、酔いや眠気は自己管理で
なんとかなるんだからちゃんとしないとな。
今日という日には本当に恐れ入った。


残業:2時間

7月の終わりに隔日飲酒の誓いを建てたけど
その誓いはあまり果たせずにいて、昨日も今日も呑んでいる。

未だ冷めない猛暑の中、意識虚ろでワークを加工する日々。
シラフで過ごすには辛すぎる。
窮屈で苦しくて抑圧感が酷い。



残業:2時間

どうも8月一杯はずっと残業があるようだけど
半ば長期休みが入ってるのでだるさが増し増しだ。
1日の内、ところどころ意識が無い。
というよりほとんど無意識だ。


残業:2時間


9連休明け初日からの残業は身体にこたえる。
その9日に及ぶ連休の内、半分はひたすら電車の中で
揺られてたとなると尚の事。
時間差で疲労(主に腰)が襲い掛かってきた。


残業:2時間

現実逃避するかのように1日中ゲームに没頭してた。
一昨年の11月に買った、バトルフィールド1を
今だちょこちょことやり続けてるんだけど今だ基本やられ役で
上級プレイヤーの養分枠から抜け出せない。
オフラインでもオンラインでも全然ぱっとしないな俺は。

来年はこのバトルフィールドの最新作が出るようだ。
ほんと、時が経つのは速い・・・。

昨日、俺の城(荘)に約一週間ぶりに戻ってきたが
やっぱいいな。
この6畳足らずのちっぽけなスペースも
今やホームグラウンドのようにしっくり馴染みつつある。

ところで実家に帰った時、親と今後の事などを少し話した。
俺がいつまで東京に居るかとか将来の身の振り方、親自身の生活など。
俺の両親は宮崎の片田舎に住んでるんだけど、家がぼろい事や
交通の便などを踏まえて、どこか都会に移住しようかと考えているようだった。
2人共齢70もそう遠く無く、いずれ車の運転もできなくなるし
ボロ家の維持もきついものがあるのかもしれない。
仕事の事も聞かれたが、そんな状況で近く仕事を辞め株で食っていく算段だ
なんて夢想をいえるはずもなく、まあボチボチとしか言えず。


今まで自分の事しか考えず生きてきたが
そろそろそういう時代じゃ無くなってくるのかもな。
当たり前だけど、時は確実に過ぎ去っていってる・・・。

昨日(今日)は駅のベンチで酒を引っかけ一仮眠し
朝4時半に始発に乗り家路へと出発した。

岡山、京都、兵庫、大阪、岐阜、愛知と東海道路線をひた走り
さらに静岡、神奈川を経て無事東京府中へとたどり着いた。
寄り道一切無しの、鈍行だが最速の帰還経路だったと思う。

なぜこんな急いて帰ったかというと、早く帰りたいってのもあったが
青春18切符は5日間しかなく、行きに3日分使ってたので
あと残り2日しか無かったからだ。
この2日で帰り着かないと後の移動代は自腹になる。
それが帰路を急がせた最大の理由である。


日本地理には少し詳しくなったが
もう買う事はないだろうな・・・。

3泊ほど実家で過ごし今日の早朝、東京へと引き返す事にした。
大分、福岡、山口を経由し、14時間かけ午後8時広島県の尾道に到着。

尾道は広島の東側にあり、ほとんど岡山県よりだ。
実家に帰る際は、1日目で東京から岡山まで来てたが2日目
寝過ごしと乗り換えミスで結局2日半も掛かってしまった。
だか今回は大丈夫のようだ。

この広島県にある尾道市、俺の兄貴が住んでるんだけど
この機会にちょっくら寄ってみた。
が、あまりにも部屋が汚れ散らかってたのでもっとビシッとしろ
と指摘したところ、逆上され30分足らずで追い出された。
 
色々悲しくなったが今夜は駅のベンチで一泊し
また始発で東京を目指すことにした。 

11日早朝、東京を出発し今日13日の午後
実家にたどり着いた。

完全に舐めていた。
東京から宮崎まで在来線のみで帰るという行為を。
駅弁でも頬張りつつ酒でも飲みながら気楽に行脚するか
なんて考えてた己が恥ずかしい。

あと数日実家で過ごしたら、また2日半掛けて
東京に戻らないといけない。
リフレッシュするはずの夏休暇が苦行に変わった・・・ 

重
死闘の果てに、今日でやっとこいつの加工が完全終了した。
腰、肩、膝、首、あらゆる関節がバキバキに軋んでいる。
無事完遂したという達成感もあるが、気の緩みで
7月31日から続けていた隔日飲酒の決まりを破ってしまった。

ともかく、明日から9日間の夏休暇だ。
明日は早朝から電車に揺られ、国に帰る予定だったけど
どんどん酔いが回ってきてて帰るの面倒くせえという思いが
高まってきてる・・・。


午後の休憩時、食堂に行くと
机にコーヒーやジュース、缶ビールなどがずらりと並べられてた。
暑中見舞いか台風の中出勤ご苦労さん的なものかは分からないが
会社から全従業員への差し入れらしく、欲しいのを2、3本持っていけとのこと。

俺は迷わず缶ビールをチョイス。
これを飲んでハイになり、再び鉄削りに邁進せよということだな。
まったく、社畜冥利に尽きるぜ。
IMG_20180809_194938
残業:2時間

SHANSHAN
台風13号、名称SHANSHAN(サンサン)が接近中だったので
今日は早上がり、遅くても定時だと思っていたが儚く
その予想は散り、普通に残業の命が下された。


残業:2時間

土曜日は休むことにした。

ちょっと考えれば天秤に計るまでも無く、正解は‘休‘なんだが
少し焦ってるな。
危ない危ない。
お金を稼ぐのは大事だけど、それよりも自身の健康やゆとりある時間は
さらに尊い。


残業:2時間


来週から夏休暇ということもあってか
今週は土曜日まで出勤日となっていた。

が、どうも出勤しなくてもよくなったと主任から話があった。
工場全体今はどこもあまり忙しく無く、他の作業員の人達も多くは
出勤しない方向にあるという。

ただ、仕事したいなら出勤してもいいと言われ少し悩んでる。
8月は上に書いたように夏休暇があり出勤日19日と少ない。
それがさらに減って18日となると8月の給料は相当寂しいものになる。
ならばここは予定通り出撃したほうがいいんじゃないかと。

9600円を取るか安息を取るか天秤中である。


残業:2時間

しかし暑い。
今週末も食料の買い出し以外は一歩も部屋から出ず
引きこもってた。
いつも週末は引きこもってはいるんだが、この暑さで引き引きこもり
引きごもごもみたいな、身を守るためという動機も加わって
さらに強い引きが発生している。

部屋に居ても特にこれといったこともせず。
テレビやyoutubeを垂れ流しで観賞し、合間に軽く掃除や洗濯を
するぐらいだ。
株の勉強や、来週に青春18切符で帰省するためのルートを
調べたりと、やらなければならないことは全くやれてない。


やられてしまってるな。
前進するためのエネルギーがまるで蒸発している。

今週は後半から
重
こいつの加工に明け暮れて終わった。
このデカブツ、本当に手が焼ける代物だぜ。
手首と腰をバキバキにやられている。

こんな調子だが気分は悪くない。
なんせ後数か月でここでの作業は終わる
いわば最終決戦を迎えようとしている。

会社ではこのワークを受け持って4年近くになるらしい。
その間に起きた、不具合報告や寸法調整といったこいつの悪事が
作業場に作業注意書きとしてつらずらと貼られているので
その歴史は感じていた。


そんなワークに、入って半年足らずぺーぺーの俺が
引導を渡せると思うとちと胸熱になってる。

今日から加工するワークが
軽
こいつから
重
こいつへとチェンジ。

工場内のワークはどれも1個あたり何分で作る
1時間だと何十個という基準の作業速度が設けられている。
誰が加工してもこれくらいの時間という風に、作業手順書に照らし合わせ
マニュアル化されているんだな。
俺のような派遣などは、いつでも辞めていつでも入ってくるから
熟練の工員と違い、このようにマニュアル化されてる作業場の
仕事をやるんだと思う。

ところが、魔法使いが時間あたり馬鹿みたいな数作ってるせいか
俺も平均を上回る数作ることを主任に要求される。
同じ時給戦士なんだからもっと手を抜いてやってくれよと憤慨しつつ
作業に励んだ。


残業:2時間

↑このページのトップヘ