日本人2人が今、シリアで武装勢力に拉致され大変な事になってるな。
この、「イスラム国」という名の武装勢力(通称isis)が、2人の解放と引き換えに
72時間以内に200億円以上の金を日本政府に要求しているらしい。

今までも何人かの日本人がこんな風に捕まって、中には殺された人もいたよな。
思うんだが、なぜジャーナリストを筆頭にこんな危険極まりない場所に
単身足を踏み入れる人がいるんだろうな。
今起きている現状を伝えたい、現地の人の手助けをしたいという気持ちは
分かるが、むこうにいるゴロツキ共にしてみれば飛んで火にいる夏の虫に
しかならないんじゃないか。

神の名の下に、別の神と戦ってる人々の価値観は俺にはあまりにも規模や歴史
がでかすぎて分からないが、触れずに近寄らない方がいいと思っている。
どう頑張っても結局理解などできない気がする。
こんな「聖戦」が起きているような場所に足を出向くのは、狂犬が喧嘩してる
間に割って入るようなものだよなあ・・・。

でも2人を助けるにはやはり200億支払うしかないんだろうな。
これを機に、紛争地帯には軍兵以外は立ち入りを禁止するような
措置を取ったほうがいいな。
前線の情報は記録兵などに任せるべきだよ。