今日、いつものようにZZZZZZZZZZZZZZZUUU~Nと寝ていたところに
親父から部屋のノックがあった。
寝惚け眼で時計を見ると午前9時。
俺に電話だというので、急いで身を起こして受話器をもらうと
一昨日、面接を受けた弁当屋の店主からだった。
むこうの声のトーンが低かった気がしたので、ああ断りの電話か、でも助かったな
これで働くのを回避できる、早めに連絡してくれてありがたいなと瞬間的に脳裏で事を
勝手に進めてたんだが、なんと明日から来てくれということだった。

ついにニート大陸から離陸をするときがきたようだ。