勤務3日目。

今日からベテランのおばちゃんがいなくなったせいか
面接中年おばさんがカリカリしていた。
ここでの勤務はまず最初に使い捨ての帽子、マスク、手袋をはめるんだが
その帽子の被り方が不味かったらしくお説教。
入念に手洗いしたのに、また帽子を被り直したせいで手洗いすることになり
この準備時間は勤務時間に入ってないから!8時半出勤だからもう5分遅刻よ!
なんてほざきやがる。
お笑い芸人のハリセンボンのメガネデブみたいなババアなのでさらにイラついた。

弁当作りの時も忙しい忙しい雰囲気を醸しだしながら、これこの前教えたよね?
を何回も連発。
盛り付けに使うトングで背後から頭はじこうと何回か思ってしまった。

その後、配達の方でも俺の二種免上がりの安全安心快適走行を
それじゃ遅いわぁ、前の人も配達が遅くてそれで契約止められた家もあるのよぉ
とネチョネチョいってくる。
いいか?お前のような利己的かつ営利的な奴のせいで一体どれだけの
人命が交通事故でこの世を去ってるか分かってるのかと
口元をガバッと押さえつけたくなる衝動に堪えながら車を走らせた。


その後、配達が終わりすぐさま食器洗いを命じられる。
ここまで約3時間半、煙草はおろか水を飲むことや休憩等一切なし。
これ、実はものすごく重要。この休憩ってのは決定的にすごく大事なことなんだよ。
過去に結構俺は新聞配達以外のバイトもチャレンジしてきたが
1,2日でばっくれるのは大抵休憩時間がないとこ。
例えば俺は魚をさばくとこで半年ほど、1日5時間くらいのバイトをしてたこともあるんだが
そこは75分に1回、確実に全員が10分ほど休む休憩時間があった。
その休憩時間で疲れた手足頭ををほぐし、煙草や水分で英気を養って次の75分に挑む。
その結果、5時間ぶっ通しで仕事をやるよりも、間に30分くらいの休憩がある4時間半
のほうが実は作業が進んでるんだよ。
馬鹿な雇用主というのはその辺をまるでわかっていない。

このBBAもどうやら馬鹿の部類に入ってる感じがする。
俺はいつも仕事をやめる時、頭の中で導火線を想像してて
火がついてから線が無くなるのを目安に去っている。
火は大抵どこでもつくんだけど、線の消化具合はその後変わってくる。

ここは今もう線の半分がチリチリと燃えつきてしまっている・・・