もう後4時間ほどしたら床に就いて
12時間後にはラインの場へと立っている自分がいる。

夜勤の週はほんと休みじゃなく、小休憩といった感じだ。
来週の飯の支度をし、掃除や洗濯といった雑務を挟むと
あっという間に月曜の勤務が襲来してくる。

ただ、これはこれでいい気も最近してきた。
暇を持て余して余計なことを考えずに済むし、どこかに遊びにいって
出費するようなこともできないしな。
酒煙草や、暴飲暴食もおのずと節制されている


この地にきたのは労働するためと思えばむしろ健全、順調といえるので
そう嘆くこともないのかもしれない。