昨日は最悪だった。

残りの集金に向かうため、バッグから領収書を取り出そうとすると・・・
無い。
頭の中が???で覆い尽くされた。
そして次第に膨れ上がる不安と焦り。
なぜない?考えろ・・・・・・・考え・・・・・まさか!
2日前、最後に集金した極悪不良読者のところに置いてきてしまったのか!?

領収書はケースに束なって綴られてある。客からお金を受け取る時
引き換えにケースの中の領収書(半券)を1枚、ビリっと千切って渡すんだが
その時、ケースの方をどこか地面や手すりなどの適当な場所に置いとく事がある。
金と半券のやりとりで両手が塞がってしまうからだ。

急いで不良読者の住むマンションに走り、部屋付近を探索する。
が、無い。
もしかしたら不良読者が取っといてくれてるかもと思い
電話を掛けるも繋がらず、新聞自体抜かれてない。
管理室や近くの交番にも行ってみたが×。
ちくしょう・・・泣きてえよ。成す術なく、仕方なく店に戻り店長に報告すると
個人情報ウンタラでウンタラだから見つかるまで探せと怒られ、たまたま店に居た専業さん
4人ほども強制的に探索に加勢させられる。

計5人でマンション周辺を探すが、集金にきたのは2日前。
今さら見つかりっこない。
探してる間、強制参加させられた専業さん達からはなんで失くす?信じられん
タダ働きだ等チクリチクリと小言を言われる。まさに針のムシロだ・・・。

そんな時、携帯からピロリロリーンという音が鳴った。
電話の主は例の極悪不良読者で、今回の件を話すと
ああ、それドアの前に落ちてたからうちで取ってあるよ。明後日はずっと家に
居るから取りに来なよ
、と告げられる。


悪かったと思ってる。
今まで極悪不良読者などと日記で罵って。
最優良読者の間違いだった。