今日から加工するワークが
軽
こいつから
重
こいつへとチェンジ。

工場内のワークはどれも1個あたり何分で作る
1時間だと何十個という基準の作業速度が設けられている。
誰が加工してもこれくらいの時間という風に、作業手順書に照らし合わせ
マニュアル化されているんだな。
俺のような派遣などは、いつでも辞めていつでも入ってくるから
熟練の工員と違い、このようにマニュアル化されてる作業場の
仕事をやるんだと思う。

ところが、魔法使いが時間あたり馬鹿みたいな数作ってるせいか
俺も平均を上回る数作ることを主任に要求される。
同じ時給戦士なんだからもっと手を抜いてやってくれよと憤慨しつつ
作業に励んだ。


残業:2時間