今日もワークは入荷されず。

いつもは3階で朝礼が済んだ後、1階の持ち場に
向かうが今日は4階へと促された。

4階の一角に着くと、今日やる作業の手順を教えられる。
簡単に言うとバリ取りだ。簡単に言わなくてもバリ取り。
‘バリ‘とは、加工する際にワークに残るギザギザで
ba57154c21d6a650114f9fe7f6bfd8ee3c9209e5_57_2_9_2
↑こんなやつのことを指す。(画像は拾い物で木だけど)
それをヤスリや電動ヤスリで削って滑らかにするのがバリ取りだ。
子供の頃、学校の図工の授業や
プラモデル作り、その他色々な場面で多くの人が、人生で一度は
このバリ取りをした経験があるだろう。
角が取れ滑らかつるつるになる様は、手触りも見た目も
気持ちがいいものだよな。

だがこれを、何のパーツかよく知らないが面白味の無い
まったく同じ形状をした鉄の塊を、ひたすら8時間、何百個とただただ削ったとしたら
どういう気持ちになるか?


俺は今日それを体感した。