取引の手法として、テクニカル分析でやっていくと決めた。
では次に何をするか?
少し考え、何千とある会社の株から
取引する株を厳選する作業へと移った。

株価は企業によってバラバラだ。
中には任天堂や良品価格といった、持金200万ぽっちで取引しようなんざ
話になんねーよといった株もある。
こういった高額な株を排除していき、さらに安すぎる株もふるい落とす。
目安として1000円~2500円前後の企業の株をチョイスしていった。
単元といって、最低でも×100を買わないといけない決まりなので
10万~25万の株だな。

1つの会社に全資金を投資するのが手っ取り早いんだけど
上がればウハウハなれど、下がれば致命的となりリスクが大きくなる。
それを回避するため、いくつかに分けて運用するのが
株取引のセオリーのようだ。


厳選した結果、およそ1800社に絞られた。
・・・なんか多いような気もするがまあいいか。