昼休み、昼食を取ってぼーっとしてると
彼女からのLINEが届いた。
次の週末は〇〇屋へ行こ~、と。

OK!と返信しつつ、午後の作業へ。
黙々と刺身にタンポポを乗せてる途中
ドス黒いしこりのようなものが
心に生じてきてるのを感じた昼下がり。