カテゴリ: 派遣機械工

今は定時上がり、さらに新人おっちゃんと作業を分担してるので
疲労具合はイージーモードといっていい。

しかし、作業中ずっと一緒に居て、さらにおっちゃんは喫煙するので
休憩時間も喫煙場で一緒。常に傍らに居る。
今までずっと一人で作業し1人で煙草を吸ってたので
おっちゃんの存在に少し戸惑いを感じてる自分がいる。

先週の金曜日から、俺の持ち場に引き継ぎの新人さんが来てて
一緒に作業している。
俺より一回り年上のおっちゃんなんだが
なかなか素直で教えがいがある。

今までハイ、ハイと、頭を垂れ教わる側だったのに
逆に教える側、それも一回り年上の人にとなると
ちょっとした優越感というか、年下ながらエリート上司
みたいな気分に浸れるな。

仕事の帰り、耳鼻咽喉科に寄った。
2週間ほど前にも別の耳鼻咽喉科に行ったんだが
直感通り、治らないので。
むしろ症状が増してるので。

今度の耳鼻咽喉科は華やかな大通りにある所で
以前のガラっとした室内から一変、人で溢れかえっていた。
保険証を定時して椅子に座って30分ほど待つも
この人だかりの様子から、診察まであと何分掛かるのか不安になった。

腰を上げ、受付の人に、あの~140なんですが(診察番号券)
おおよそでいいんであと何分くらい待てば診察してもらえるでしょうか
と聞くと、40~50分待ちとの事。
しばし考え、今日のところはキャンセルして引き返すことにした。
こんな人だかりでそんなに待ってたら、別の耳鼻咽喉病も貰いそうだし
何よりだるいからな。

吐き気を抑えつつ、次期を窺うとするか。


バリ取りには‘ベルトサンダー‘という機具を使っている。
41b8GU89hcL__SY355_
引き金を引くと、前部に設置されたヤスリが
ローラーを伝い高速で回転する。
拳銃でいえば銃身の部分といっていいだろうか。
拳銃は引き金を引けばバンッ!と弾が出るが
ベルトサンダーはウィンッ!とヤスリが回る。

いつもこのベルトサンダーを使用してバリを除いているんだが
バリがあるとこ以外を削ると、ちと厄介な事になる。
少しかする程度なら修復できるんだが
大きく削ってしまうと最悪不良品になってしまうと
指導の際教わっていた。

なのでここ1か月、作業は遅くとも慎重にやっていたため
大きな削りミスはなかったんだが今週に入り

ウィンッ!バリバリッ!あ゛っ

ウィンッウィンッ!バリバリバリッ!!!あ゛っあ゛っあ゛っ

と手元が狂いまくり、保留品という不良品間近のワークを
4個も作り出してる。
やっぱ張りなおす必要があるな。
緊張という名の糸を。

11月に入ってからというもの、定時上がりが続いている。
どうやら11月一杯は定時上がりのようだ。
つまり、俺は11月半ばで辞めるので今後残業なし。

緊張の糸は張り直さなくても良さそうだ。

寝坊して一時間遅刻してしまった。

いつも目覚まし時計とスマホのアラームをセットして
2重の体制を敷き、万全の体制で眠りにつくが
今日は目覚ましをオンにし忘れ、さらにスマホも充電器がコンセント根元から外れており
バッテリー切れという体たらく。
あと少しでこの職場ともおさらばなのにとんだ醜態を晒してしまった。

あと少し、が故にピンッと張ってた緊張の糸が緩んでいるのかもしれないな。
また張り直さなきゃ。

朝、いつものようにTVを点け、寝ぼけ眼でシャコシャコと
歯磨きしながらニュースを眺めてると
山崎翔一青森市議
このような顔が液晶パネルに表示された。
・・・・・・・ん?・・・・・・・・・・・あれ。
なんか見覚えある、どこかで見たような顔だぞ。
!!!そうだ、去年宅急便のバイトしてた時、俺の少し後に
入った人
だ。

仕事が終わり、TVを点けるとワイドショーでまた出てて
何やら謝罪会見をしていた。
この人の名前は山崎翔一28歳。早稲田大学卒。
今年10月に青森市議員に当選した政治家らしいのだが
ツイッターで色々悪口を書いてるのがばれて
非難を浴びてるようだ。

議員・・・なんだ、他人の空似だったか。
過去に就いてた職もエンジニアというし
そんな人が宅急便のバイトなんてしないよな。

・・・いや待て。
そういや、社員の人に

山崎君!行くよ!!

と呼ばれてた気がする。
俺がよく一緒に配達してた江戸っ子も、ここは高学歴の奴らも
冬休みとかバイトしに来るんだぜ~、時給良くて期間決まってるからな~
と言ってたような。
現に、慶応大学に通う現役のバイトの子も居たし
少しだけ彼と会話した時、青森出身と言ってたような言ってないような・・・。
しかし、今年10月に市議に当選したとしたら、繁忙期バイトが終わってすぐ東京から
青森に帰郷して色々画策してもわずか10か月しか期間がない。
となるとやっぱただ似てる人なのか、うーんヤキモキするなあ。


ただの野次馬根性だが。

歯医者の予約があるからと、今日は定時で上がらせてもらった。
皮膚、毛根、のどちんこに続き、ついには歯まで・・・

なんてことはなく、今日はよく行くラーメン屋が
並盛サービス価格になる日なのだ。
残業してるといい時間になって人も多くなるので
早めに行こうという魂胆からだな。

予想通り客はまだまばらで、空いてる席に座り
食券を渡して静かに待っていた。
少しして入り口の扉がウィィーンと開いた。
チラ見すると男2人女1人の3人組らしく、俺の真後ろにある
テーブル席に座したようだ。

なんてことはない。
ここまではてんでなんてことなかったし
ラーメン(並盛)はやく来ないかなと気分はウキウキ♪♪してた。
だが、後ろの奴らがオシャベリし始めた辺りから俺の心に
暗雲が立ちこんでくる。
聞きたくなくても奴らの話し声が全部耳に入ってくるのだ!
しかし、奴らの話し声の音量は別段大きくはない。
そう、奴らに対して真後ろに座っている俺だけが会話の内容も判るような、そんな絶妙な
位置空間にスッポリ嵌ってしまったといえる。
なのでお前らうるせえぞ!なんて言おうものなら逆に俺がはあ?と
周りに思われる恐れもあった。
まあ言わないけど。

ほどなくしてラーメンが到着したが、なんか食に集中できない。
会話の内容から推測するに、どうも3人は同じ会社の同僚らしく(たぶん)
声色で男2人の内の1人が8割方べらべら喋っていると気付いた。
それも、あの先輩はどうだとかあのプロジェクトはうんぬんかんぬん
第三者が聞いててまったくつまらん話だ。
あとの2人ももうちょっと喋れよ!もしくはそいつを黙らせてくれと
心の中で願いに似た突っ込みを入れながらも完食し店を後に。

別に話すなとは言わない。
このラーメンおいしいね、そうだねなどの感想や
ちょっとトイレ行ってくる、そんなのは全然気にならない。
けど、立ち入った話はしなくていいだろ。
ラーメン屋でせずともそれはファミレスや喫茶店など
もっと然るとこでやるべきだと俺は思う。

もう何度かこの手の類に遭遇しており、ウンザリぎみだ・・・。

俺は昔、悪童だった。

どれほどの悪かというと、俺にはじいちゃんがいたんだが
小学校に上がるかどうかという頃には
脳梗塞で寝たきりとなっていた。
ここから、ばあちゃんから最近になって聞かされた話で、俺は覚えてないんだが
寝たきりになってからというもの、俺はその祖父の耳元で
死ね、早く死ね・・・と嬉々とした表情で毎日囁いていたそうだ。
その度に祖父は、ボロボロと涙を流し枕を濡らしていたらしい。
間もなくしてじいちゃんは天へと旅立った。
元気な頃はやれ山だ川だと連れだって遊んでもらってたのに
とんでもねえよな。

他にもまだある。
登校すがら、ぼろっちい家の窓に石を投げたり(人が住んでる)
弱そうな上級生を叩いたり蹴ったりして遊んでた記憶がある。
なんかムカつく奴の家に夜中忍び込んで、買ったばかりだと日中話してた
ゲームソフトを盗み叩き壊した事もあったし
夏に花火をさすれば、花火の美しい閃光そっちのけで虫を生きたまま
焼き殺すのに夢中になってた。
とある空き家に入って中のものをさんざ物色したり、親戚の家の漫画本をごっそり
パクリ売り飛ばしたこともあったっけな。(後にばれた)
そんなだから、窃盗を行なった事も一度や二度じゃない。

賽の河原で小石を積む子供のように、俺の今のこのうだつのあがらない現状は
過去の報いからきてるのかもしれないと、鉄を削る日々にふと思い起こした。


残業:2時間

今日は定時で上がれたので帰りすがらにある
耳鼻咽喉科に寄った。
3ヶ月ほど前から喉に違和感があったんだが
どうにも治らずそろそろ限界を感じていたので。

外からはよく分からなかったが、中に入るとこじんまりとしており
何やら古臭、いやレトロな趣のある診療所だ。
他の患者はおらず、受付も女性が一人いるだけ。
保険証を提示し、椅子に腰かけ5分ほど待ってると奥の一室に促される。
そこには腰というか、肩付近から前方に90度くらい背が曲がった90歳くらいの
白衣を着たおじいちゃんが居た。
まさかこの人が医者か!?
動きもスローで、悪戯に軽くこずいたら天に召しそうなヨボヨボ具合だ。

色んな意味で不安だったが、症状を告げ口の中をみてもらうと
ああ~、のどちんこが垂れ下がってるね。
これが喉に当たって苦しいんだなと、ちゃんと見る目はあったようで
一応安心するも、炎症等はないのでほっといても大丈夫みたいな事を言われたので
ほっといても治らないから来たと言うと
ヨードチンキみたいなものをのどちんこに塗りたくられて
うがい薬10日分を処方された。

・・・治らない気がしてならない。




ふぅ・・・やっと今週の勤務が終わった。
先週は土曜日も出勤だったためほぼ11連勤が如く
さらに残業の追従。
冗談でなく生き延びたって感じだ。

帰りに戦勲を引き落とす。
今月は(9月分の給料)手取り19万だった。
ここから例に習い、10万を口座に残し9万を引き出す。
この9万から家賃2万5千。薄毛薬、アトピーの皮膚科代2万。
さらに今月は住民税の支払いもあるので追加2万。
おまけに、俺は金が無くなった月用に、金利0の自分金融を設けてある。
今月はそこから2万借りてるので返済に2万。

残り5千・・・。

昨日のがむしゃらが祟ったのか
今日は凄まじい肉体疲労に見舞われた。

ここの持ち場は10時間(残業2時間含む)で250個前後の
ワーク加工を標準としている。
その数を昨日はなんとかクリアできたが、今日は170個ほどしかできなく
詰められるがよもや立ってるのもきつい。ワークを蹴散らかして帰りたく衝動に
見舞われた。
持ち場が変わって約2週間だが、見習い優遇期間が短すぎる。


残業:2時間

がむしゃらに作業し、今日はなんとか目標個数を捌くことが出来た。

ほとんどタイムアタックのような作業模様だが、時間に追われると
必然的に体感時間速度も速くなる。
さらに、つまらない作業から逃れるための下らない妄想や思念も
片隅に追いやられるので自身との対話に疲れずに済む。
肉体的にはきついが、ここは仕事に集中するのが吉だな。


残業:2時間

面倒くさいとはいえ働かなければならない。

今日も黙々と作業をこなしてると、この持ち場での主任がやってきて
作業が遅いからもっとスピードを上げろと言ってきた。
前の持ち場でも完成品1個作るのに何々分~とか決まってたが
ここもそうらしい。
というより、これまで働いてきた職場、どこもそんな風だ。
正確かつスピーディーにという、矛盾した要求を当たり前のように
押し付けてきて嫌になってくる。

俺はもっとまったりとやりたいんだよ。
というより、そんな事言うけどあんたはできるの?
質と量保てるの?
そう思い、一時交代して主任の作業をみせてもらった。

シャッ!シュッ!!ババッ!!!
・・・おk。
俺が悪かった。


残業:2時間

毎日毎時間毎分毎秒、同じ作業の繰り返し。
毎日毎時間毎分毎秒、はぁ・・・面倒くせえと思いながら
作業している。

しかし、たまに違う作業が加わるとこれまた面倒だと思う自分がいる。
全てが面倒くさい。
心肺停止な労働意欲。
何もかも冷え切っている。


残業:2時間

今の俺は土日が休みの週5勤務なんだが
土曜日に炊事洗濯掃除等を全てこなし、日曜は完全オフとしている。
明日の労働の為、この1日を完全に骨抜きして休息し
パワーを蓄えるんだな。

今週は土曜も勤務だったので日曜の今日、炊事洗濯掃除等を行った。
疲れてる。力が出ない。
月火水木金土月火水木金・・・。


こんなの、実質11連勤務に相当する。

しかもこの土曜出勤、会社カレンダーに記載されてて
突発の出勤じゃないから休日出勤の25%賃金アップじゃないんだよな。
何が楽しくて本来休みの日まで会社に出向き、鉄を削らないといけないのか。

はぁ・・・。

毎日終業時に、今日作ったワーク数(加工物)を書く日報を提出
するんだが、そこに誰かの年休休暇の申請書らしきものが出されていた。

おや?名前をみると以前刃物交換してくれた人ではないか。
この人は主任とは違うが、この持ち場での作業を一通り教えてくれた人だ。
この持ち場、主任はほとんど顔を出さない。

よくよく申請書を覗き込むと、明日からの休暇を申請していた。
おう、そろそろ刃物交換しないといけないのに
誰に教えを乞いたらいいんだよ!?と一瞬思ったがなんせきつい持ち場だ。
ゆっくり休むがいいさ。


残業:2時間

朝7時15分。

今日もさわやか号に跨り、職場へと向かうも
ペダルを踏む足取りが一段と重い。
ガッタン、ガッタンと変な振動まで感じてくる。
慣れない新しい持ち場で毎日毎日残業の日々に
体調をきたし始めてるのだろう。
それでも俺は会社に行き業務を行わなければならない。

ガッタンギッコ、ガッタンギッコ・・・。
しかしおかしい。なんだこの重さは?
全然スピードが出なく、重さと振動ばかりが際立ってる。
いくら疲れてるとはいえ、このノロノロは異常だ。
途中で足取りを止め、タイヤをチェックすると後輪がへしゃげてるではないか!
ジーザス・・・。

どうするかと迷ったが、そのままガッタンギッコ、ガッタンギッコと会社まで向かった。
後輪不全とはいえ押して行くよりは速い。
パンクした状態で乗るとフレームに付加が掛かりよくないのは知ってるが
遅刻は避けたかった。
満身創痍状態ながらも仕事を終え、自転車屋で無事治してもらうと
うひょ~~とテンションがFULLMAXになり、滑走して家路に着いた。

なんか最近、不幸中の幸いばかりで喜んでる気がする・・・。


残業:2時間

今月は24日も勤務日があり、えらく多いなあと思ってたんだが
気になって社内カレンダーを見直すと今週の土曜が勤務日になっていた。
・・・まずいな。
持つのか己の身体に問いかけている。


残業:2時間

俺が今やってる機械加工という仕事は
ワーク(加工物)を機械にセットして削った後
寸法を計ったりバリを取ったりを延々と繰り返す。

ワーク(加工物)は機械内に装着されてある刃物で削るんだが
何百個と削っていると摩耗していき、一定の数量削ったら
交換しないといけない。

前の持ち場では小さい刃1本を使用してて、おうそろそろかと
何気に交換していたが、今度の持ち場は3本、それもドリルや
重量感のある螺旋状の刃物等、扱ったことないハードコアなものばかり。
今回はやってもらったが、次回からは自分でやらないといけないようだ。
嫌だなぁ・・・。


残業:2時間

バリバリとバリを削ってると、主任に話があるからと会議室に促された。
昨日の記録改ざんがばれたか!?とヒヤリとしたが
どうも違うらしい。

会議室には工場長、えらい人(たぶん)、主任の3人が居て
話というのは契約期間の事だった。
俺は今、この会社に派遣社員として入社している。
3か月毎の更新の際、例の計画に沿って
11月で契約を終了するという旨のメールを派遣会社に送っていたんだが
終了せずに続けて欲しいとのこと。
えぇぇ・・・。

今後何をするつもりかだの
これはあくまでもこちらからのお願いだの、どこかで聞いたようなセリフに
はいはい頷きながら、結局後日また返事を聞かせてくれといって
お茶を濁すような形で話は終了した。

黙々と作業してると、あれ?何か違和感が・・・。

完成品と未完成品の数が合ってない気がした。
作業を中断して調べたら一箱空、完成品が入ってないではないか。
危ない危ないと補充したが、逐一書いてる記録の記入で矛盾が出てくる。

面倒くせえ・・・。
この持ち場ではぺーぺーな俺。
どうやり過ごせばいいか分からないのでとりあえず帰る事にした。


残業:2時間

今日から完全に次の持ち場へと移行した。
結局、これまでちょこちょこやってたバリ取りが俺の新任務のようだ。

始業早々、フロアの作業者全員が集められ、この場の主任さんから
クレーム報告とその対策の話がされる。
ある1人の作業員が何かやらかして卸元の会社からクレームがきたらしく
作業手順の見直しがされるようだった。
ミスはやらないことに越したことないけど、朝8時から夜8時までなんて
長時間働かされてると頭も身体も回んなくなるよな。

ここでの作業はまだよく分かってないので
なんとなく話半分に聞いてたが、次に晒し上げられるのは俺かもと思った。


残業:2時間

今日は午前中で現持ち場での作業が全て終了し
午後は機械や周辺の掃除する予定だった。
しかし、主任が午前一杯で帰るという急用で
午後からバリ取り作業に回される事態に。

いやいや、掃除やりますよと嘆願するも
1人だとサボる可能性があるだろと言い放ち
結局、午後からは7時までバリ取り。

定時で確実に帰れると思ってた日に2時間の残業。
これは辛い。精神的にも肉体的にも。
持ち場が変わり、責任者自体も変わるのでもう絡む事もないだろうが
最後までとんだクワセ者だった。


残業:2時間

今日は定時で帰れた。
しかし、さわやか号を漕ぐ足取りは重かった。

今やってる作業がとうとう明日で終わりを迎えるのだ。
その後、おそらく明後日になるだろうか
先週やったバリ取りへと作業場が変わる。

何を危惧してるかって、作業を覚えたり慣れたりもだが
一番は残業時間である。
先週ちょっろっと作業して分かったんだが、ここの作業場
残業が半端じゃない。
人によっては午後8時過ぎまで残ってやってるらしいのだ。
俺もそうなる可能性はなきにしもあらん。

ワーカーホリックの巣に放り込まれるような気分になっている。

今日もバリ取り。
しかし昨日とは違い、機械で削ったり寸法を測ることはせず
ただただバリ取りに専念する持ち場に移された。
まあここなんだけど。

バリバリトリトリ・・・・。
1時間、2時間・・・、ひたすら黙々とバリを取っていく。
はっと気が付くと、作業着が粉塵まみれになっていた。
一応、粉塵を吸い取る機械の前で作業してるんだが
老朽化してるのか、ほとんど吸い取ってる様子はなかった。

この会社、派遣社員は作業着を自分で洗濯しないといけない。
こんな汚ったない作業着を自宅の洗濯機で洗ったら
壊れちゃうんじゃと危機を感じ、近くにいた社員さんに見てもらうと
ああ、ほとんど吸い込んでないねー。
ちょっと待っててと言われ、ゴミ袋とハサミを渡された。
どうやらこれを被り粉塵から身を守れということらしい。

・・・・・。
チョキチョキチョキチョキ。
ゴミ袋を逆さにし頭と手を出す穴をくり貫き、それを被って
作業再開。


みじめだ・・・。
あまりにもみじめだ・・・。

俺が今作業している加工物は近い内
卸元が自社で加工する計画となっている。
つまるところ、ここでは生産終了ということになる。

今日はその前段階として、卸元が加工技術習得のためやってきたため
俺は別のフロアで違う作業をすることになった。
おいおいおい。
ここは毎日毎日、地縛霊のようにここで毎日毎日作業して
ここに毎日毎日張り付いてここの酸いも甘いも知ってる
この俺が教えるべきだろとも思ったが、会社間での業務委託という
責任あるものなのでやっぱ社員の人が行った方がいいんだろう。

で、今日やった作業は、少し前にやった奴と似てるが
今回はそれ+、ワークを機械にセットして寸法まで測るというものだった。
ひたすらワークをセットして削り、バリを取り取って寸法を測る。


午後になるとワークを持つ左腕は重みを増し、バリ削り機を持った右腕は
プルプルと震え始め、ちゃんとバリを取り除いているのかも分からなくなっていた。

休憩時、誰も居ない喫煙所で煙草を吸ってると
1人のおっちゃんがオッスと現れた。

この人は俺より3,4か月後に入ってきたんだが
まあまあ同時期、そして同じ派遣会社から派遣されてるということが分かり
たまに顔を合わせば話をする間柄だった。
俺もッスと挨拶し、また煙草を吸いながら他愛もないことを
話してたんだが、おっちゃんは今日でこの職場を辞めるらしかった。

同じ派遣会社なので分かるが、契約は3ヶ月ごとの更新だ。
今日は10月3日なので辞めるにしても日付が少々半端だなぁと思ったが
無理やりねじ込んだようだった。

このおっちゃん、話してる時もちょこちょこ小ギャグを挟んできたり
陽気な人だったので、この黙々と殺伐で単調な職場に耐えられなかったのかも
となんとなく思った。
そんな環境を最良とする俺でさえ、時々叫びたくなるくらいだから・・・。


残業:2時間

10月だ。

今月は勤務日数が24日と過去最多で
近いうち今やってる持ち場から、新しい持ち場へと変わることもあり
かなりハードな月になるのが予想される。
そんなハード月間初っ端も変わらず残業。


残業:2時間

はぁ・・・やっと今週の勤務が終わった。
月曜日の起床から頭の中で鳴り始める不協和音もこれから
日曜日の就寝まで一時止まる。


帰り、8月分の給料約170000円ほどが振り込まれたので金を引き出してきた。
俺は今、毎月10万貯金を目途に付けやりくりしている。
そうすると自然、この17万から10万残した
7万円。この引き出し額が来月の給料までの生活費となる。

ここで頭を巡らす。
家賃2万5千。薄毛薬、アトピーの皮膚科代2万。
これらは毎月必ず出費で、7万円からこれらを引くと
残り2万5千。
この額で飯、煙草、酒その他諸々の雑費を補えるのか?
欲しがりません勝つまではの精神でなんとか・・・。

しばし思考したがもり(無理)と判断し
その反動か、勢い余りちょっと高級なウイスキー、ジャックダニエルを
衝動買いしてしまった。
俺に反発した自分のような、よく分からないが少し不思議な感覚だ。

↑このページのトップヘ