カテゴリ: ニート

約8か月ぶりに新しいPS4のソフトを購入したので
今週末はほとんどそれをやっていた。

思えば1年半前に東京に来た最大の理由は
就職を回避してゲームに没頭するのが目的だった。
それが今や仕事に追われ、ゲームは片手間の日々。
駄目だなあ。
初期衝動が置き去りにされている。

今日もゲームをしつつ、日がな1日株式の知識を取り入れていた。

・・・しかしマズいな。
俺の心に先日から暗雲がモクモクと立ち込めている。
いざ勉強を始めてみると株って相当奥が深い。
基本的に株売買というのは、毎日値動きがある各上場企業の
株を買い、その買った額よりも高く売り利益を得る。
一商売人みたいなもんだ。

当然、その額が買った後に上がる下がるという事にみな四苦八苦しており
これを予測するために様々な手法や考え、法則があるのだが
まずこれ自体を理解するのが難しい。

10万に1人くらいいるであろう、豪運の人なら何を買っても
上がりっぱなしなのでそんなの理解しなくてもいいんだろうが
大多数のそうじゃない人は策を練らないといけない。

売買の前からもう投資は始まってるんだなと感じた。

今日は1日中、株売買についてのサイトを回覧していた。

本格的にニート脱却して早3年、そろそろ俺の体力は尽きようとしている。
と同時に意欲も失いつつある。
この先、何年も何十年もヘトヘトになりながら朝から晩まで
職場に向かう日々に俺はもう耐えられそうもない。

思えば高校を中退して、のらりくらりと30歳目前まで
短時間労働と親のすねをかじってしのいできた身。
今さら普通のレールに乗っかるなんて土台無理なんだよな。
矯正不可。根本にある固い根の部分、すなわち
アイデンティティとさえ言えるものが俺にとってはニートであること。

しかし時代は移ろう。
10代20代では許されても、30代で再びニートに戻るのは
厳しいものがある。
そう考えると、行きつく先はネオ・ニートへの進化しかないのである。


新米警官が一緒に勤務する先輩警官を
拳銃でぶち抜いて射殺するという事件があったようだ。
頭と胸に2発。確実に昇天させるという意志が感じられる
狙い目だよな。

先輩警官に罵倒されたのが動機だったようだが、すごいなと感じ入ってしまった。
俺も脱ニートからこれまで、色々な仕事を転々として
その度に殺したいなあと思う奴は幾度となく現れたが、結局何もできず仕舞いで
袂を分かつこととなり、憎しみは消えることなく蓄積され
今では心にベットリとそいつらが張り付いたままだ。
そして、何もできなかった自分自身にも自己嫌悪して憂鬱な気分に苛まれている。

この新米警官にはこれから多難な人生が待っているかもしれないが
少なくとも俺のようなヘドロを溜めなかった。


そういう意味では、彼が撃ち殺したのは先輩警官だけじゃ
ないのかもしれない。




一昨日の会社見学は電車で行ったんだが
今回の仕事、交通費は出ない契約となっている。
なのでさわやか号で出勤する予定なんだが、一体どれくらい
時間掛かるのか計ってみた。

結果、片道約25分。
結構時間と体力を要す感じだ。
俺が今住んでるとこは東府中ってとこなんだが、勤務先は北府中になる。
反対の西ではないとはいえ、実家にあるスクーターでもあれば
10分で通えるのになあと思った。

腰が痛い。
ゲームしてアニメしか観ない毎日を送ってたのに腰が痛くなった。
重い物持つなんて、4ℓ入りペットボトル甲類焼酎をコップに注ぐ時くらい
だったのになぜか腰が痛くなった。

じっとしてて体を痛めるってどゆこと・・・

午後2時半。

見学予定の会社へと到着。
派遣さんとここで待ち合わせだったんだが、どこに居るのかなと辺りを見渡すと
電話が鳴った。
出ると前に停めてあった車の中から、手に電話を持った女性が現れる。
このお姉さんが派遣会社の人のようだ。

車の中へと促され、用紙に住所氏名電話番号や直近までしてた仕事等を
書かされる。
この前の派遣会社、エスプールでも書かされていたのでまたかよと少し
ウンザリしつつも記入が終わった。
その後、俺と同じくこの日見学をするという中年男性さんが合流し
派遣の姉さんと中年男性と俺の3人で会社の中へ。

会社の中に入ると部長?らしき人に一同、一室へ案内されるがなんという事だ。
なんとこの会社、機械加工をする会社らしく俺が約1年ほど前まで通っていた
ポリテクと同様の機械がズラリ並んでいるではないか。
ここに来るまで、派遣会社とは電話でしか話してなく、仕事の内容も
工場での作業ということぐらいしか知らなかった。

見学中、懐かしい思いが蘇ってくる。
あの日もこうやって工場内を講師と共に見て回った。
金属を削るけたたましい音、溢れる鉄と油の匂い・・・あぁ。


結局、明々後日の8日から勤務となった。
まさか巡り巡って機械加工をすることになるなんてな。
あの日、この仕事は‘無いな‘と思ったが、人生どう転がるかほんと分かんない。
まぁとりあえず職を得た。それだけでも今は良しとしよう。

明日の職場見学は現地集合となっている。
そこでまず派遣会社の人と面通し、それからおそらく
職場に派遣会社の人とお邪魔する事になるんだと思う。

教えられた住所を地図で確認すると結構遠かった。
四の五の言ってられないが、なんだかなぁ・・・。

1日が早い。

朝9時頃、押し入れに敷いた布団からのそのそと這い出し
ぼーっとした意識をコーヒーと煙草で覚醒させる。
その後、ゲームを起動しちょっと気が付くと昼になってる。

冷蔵庫の中をチェックし、今日の昼食をゆっくり作り平らげると
再びゲームの世界へ。
プレイに疲れてきた午後3時頃、適度にTVやネットを挟んで過ごす。

そうこうしてる間に時計の針は午後6時を過ぎて
この時間頃から酒を飲み始める。
ここでゲームのプレイは打ち切る。
アルコールとゲームはすこぶる相性が悪いからな。
飲みながら夕食やシャワーを完了させ
前後不覚で午後11時頃就寝。


1日の内、まともに起きてる時間が9時間ともなれば
早いと感じるのも当然かもな・・・。

どこかを妥協しなきゃこのジョブハンターライフ、着地点が見えない
なと俺はうすうす感じていた。

ではどこを妥協するか?
高時給、短通勤時間、軽作業、あまり人と関わらなくて良さそう・・・
こういう条件を重点に探してきたが現実なかなか厳しい。
ただ、そんな上に挙げた条件も、1ランク下げれば今まで見えなかった
モザイクが掛かってたような求人募集もちらほらと顔を見せ始める。
時給1500円→1200円 通勤時間10分→30分といった具合に。

ここ一週間ほど世話になった派遣会社エスプールとはまた違う
派遣会社が出してた求人に応募してみた。
話は今日の内にとんとんと進み、来週の月曜日に職場見学の用意をしてくれて
うまくいけばそこで働くことになりそうだ。


好待遇の仕事を追い求め、見つからないまま燻ってるうちに
労働意欲の炎が完全に消えてしまうのが怖かった。
そうなるとその後、貯金を食い潰すまで引きこもるのが俺だ。
今までもそうだった。
この辺で精神の舵取りをしないとな。

午前11時頃、昨日エントリーした派遣会社エスプールから電話が入る。
電話が無ければ不採用ということだったのでおっ、と思い出るも
今回は審査の結果残念ですが・・・と告げられ、なんじゃそりゃ、でも電話くれたのは
有り難いなと思いながら切ろうとすると別の仕事があると提示される。
なんでもコールセンターという仕事で、電話を受けたり掛けたりして色んな事を
教えるというものだ。

未経験でもできるか、給料は幾らかなど色々聞くもどうもピンとこなかった。
第一にあんまり喋りたくないんだよな俺は。言葉を発したくない。
コンビニの時、糞店長から声が小さいもっとハキハキ等ぼろくそに言われた
反動もあり今度は黙々と仕事がしたいと思ってた。

すんませんと電話を切り一呼吸着いたあと
外に出てさわやか号に跨り、ハローワークへと向かう。
これまでweb求人ばかり見ていたが、ハロワの求人はどんなもんなんだ!?
ロクな経験も知識ももたないスッピンフリーターが
東京で得られる給料の相場というものを確かめるためにはやはり必要だと
感じた故の行動だった。

1時間くらいで帰宅し、再びweb求人探索を開始する。
うん、あんまりwebと変わらない!!
しかしどうするか・・・。

俺が登録した派遣はエスプールってとこなんだが
なんか他にも色々高時給で似たような仕事が掲載されていたので
今度はスマホから応募してみた。
すると2時間後くらいに電話が来て、また明日の昼までに電話がなければ~
という運びになった。
登録うんぬんの話は無かったので、一応俺が登録済みというのは把握してた
ようだがどんな仕事がいいか、時給はどれくらいがいいかなど登録時に話した
内容を再度聞かれたので今回も怪しいな。

心もとないので他にもweb求人で探してるが、なんかどの求人も派遣会社が1枚噛んでる上に
色んな仕事を複合して載せてるせいか、検索にやたら引っかかりピンポイントで
求めているものになかなか引っかからないのが現状だ。


求職活動は心身ともに疲れる。
今日は9時間ほど睡眠を取っていたが、さらに2時間ほど布団に潜り休眠した。
何か分からないがとても眠い。

12時を過ぎてもコールは鳴らなかった。

昨日は昼までに電話が無かったら不採用といっていたが
午後1時くらいまでは十分昼じゃないのかと考えもう1時間待つも鳴らず。
もう1時間くらいくらい昼の範疇に入るんじゃないかと再度待つが鳴らず。
もしかしたら、採用だったけどランチとか食ってる間に連絡し忘れて
今頃掛かってくるんじゃないかと、3時までスマホが鳴るのに神経を向けてたが
鳴らなかった。

はぁ・・・・。

COW121000831_TP_V
面接を受けに新宿へ。

この街にも大分足を踏み入れて、さすがになじんできたというか
歩いててもあまり緊張しなくなった。
今回は駅から徒歩5分ほどの場所にあるビルで面接だ。

と思ったが、どうも実際は面接ではなく登録会というものだった。
俺が昨日webで見つけた求人は、派遣会社を通して掲載されていて
今日はその派遣会社に登録するというものだったのだ。
持参するものがペンと印鑑と身分証明書だけだったのであれ?履歴書は?
と不思議だったがそういうことか。
ざけんな帰るともいえず、とりあえず一室に用意された椅子に座って様子を見る。
俺の他にも3人ほど登録者が居た。

3分ほどぼーっとしてるとアナウンスが流れ始め、事前に配られていた
冊子に沿ってこの派遣会社の概要が説明されていく。
20分ほどで終わり、今度は自分のスマホでこの派遣会社への個人登録に入る。
この作業で俺に8桁の番号が与えられた。

その後、適性検査といういわゆる性格をみるテストや、知能指数を計る問題を行なった。
適正検査は問いにはい、いいえ、どちらでもないの3択を選ぶもので
最初の5問ほどはう~んと考えたが面倒くさくなり後は全部どちらでもないを選択。
知能指数を計るテストも5択だったが1問目で分からず後は思考を巡らすことなく
終了。
コナンでも金田一でも、俺は推理場面を飛ばして読んでたくらいだからな。

最後に面談があり、先のスマホで登録した個人登録の内容を
見ながら話が進んでいく。
時給1500円の仕事はどうなった!?と説明会の間中思っていたが、ちゃんと
計ってくれてて明日の昼までに電話があったら採用、なかったら不採用ということらしい。


今日は色々面倒だったのでそのかいも含めて受かってほしい。
久々に祈るような気持ちになってる。

誰にも気兼ねない生活。
起きたい時に起き、1日中ゲームやアニメをみて
頃合いがくればその日食べたい飯をスーパーで買ってきて食らい
酒を飲んで酔いと共に寝床に就く。
何一つ嫌な事が無い、そういう疑問の余地を挟まないパーフェクトな日々。

が、実は一つだけこの生活にも暗雲が入り込んでる。
そう、有り金がジワジワと減っていく事だ。
やはりパーフェクトではないな。

もはや今の俺は、この100万ぽっちの有り金だけが心の支え。
この素晴らしき日々もこれがなくては心もとない。

そう考え、再び求人活動を再開した。
う~ん・・・。カチカチカチ。
俺はこのところ、ハローワークにはいかずもっぱらネットで仕事を探している。
正社員ならともかく、バイトだと案外バイトルやアルバイトEXといった
web求人サイトの方が探しやすいと感じているからだ。
先のコンビニは店頭の張り紙を見て応募したが、その前の宅急便や新聞配達
さらに前の自動車派遣というものは全部webで見つけたものだ。

そんなわけで、何かいいのないかなと30分ほど探してると・・・・・・・・・・!!!
時給1500円、仕事の内容はパソコンでの簡単なデータ入力という
求人を発見。
さっそく電話して明日面接の運びとなった。


時給1500円といえば、去年の暮れまでやってた宅急便の繁忙期補助と
肩を並べる高額時給だ。
起死回生、長き不明の挽回となるか。
なってほしい。

仕事に行かなくていいって本当に幸せだ。
もうそれだけで俺の心は満たされる。

色々考えたが、やはり俺の人生目標は雇われ労働からの永久脱却。
これしかねえ。
そのためにはされどやはり今一度、泥沼に入り金を得るしかない。

はぁ・・・。

昨日は怒りと屈辱と解放感から深酒をしてしまい
久々にアセトアルデヒドに襲われた。
気持ち悪い。

仕事を辞めた直後、俺はなぜかいつもラーメンを食したくなる。
夕方になりやっと酔いが治まってきたので、とあるラーメン店へと向かった。
ここのラーメン屋は二郎(じろう)系列と呼ばれる店で、二郎は他店のラーメンより麺も
トッピングも多い事で知られているが、食べたことはなかったので今回初だ。

注文から15分ほどで出来上がり、山盛りに乗ったもやしをほおばりながら考える。
一体この先どうするかと・・・。
今回のコンビニ、苦労してやっとレジ業務や仕事の流れを覚えてきたところ
こんなことになり水の泡となった。
俺は仕事が嫌いだし、職もポンポン変えてるがよくいわれる<人間関係>が原因
ということはこれまでなく、単に仕事がかったるくなったり、ニートに戻りたいという願望からである。
まぁ人間関係自体、なくてもたいして困らない仕事ばかりやってたせいもあるが。

しかし今回は明らかに<人間関係>ってやつが原因だ。
ハイ!ハイ!と一生懸命真面目に人畜無害っぷりを見せても
ふざけた態度で接してくる人間って一体どういう頭の作りをしてるんだろう。
逆にそういう奴にはこっちもそういう態度で接すればいいのか?
とするとそのタイミングは?そういう人間も最初はごく普通なんだが
ある時を境から急に様子が変わってくるパターンが今まで何度かあった。
今回のコンビニ店長は最初から嫌な奴だったのであれだが。
次の仕事を探さないといけないがまた
こんな風になったら面倒なことこの上ないなあ・・・。

と、頭を抱えながらラーメン(700円)を啜ってたがやばい、なんだこの量は。
そろそろお腹一杯にも関わらず、まだ3分の1くらい残ってる。
まずくはない。しかしこの麺は一体なんだ!?妙に極太で色は黒く粉っぽい。
蕎麦とうどんが合体したような珍妙な麺だ。
おおよそラーメンの麺じゃない!
必死で頬張りなんとか完食するも、スープは丼に半分以上残してしまった。
俺はラーメンを食す際は、身体に悪かろうとも一滴残らず飲み干す。
スープが無くなったら閉店とするラーメン屋もあるくらいだからな。
ある意味スープを飲みに来てるといっても過言ではないけど
ここのは油の塊がブカブカ浮いてるし、塩っ辛いのでさすがにスルー。


うっ、また気持ち悪くなってきた。

このところの畳みかけるような出費に不安を覚えた俺は
気が付くと求人に応募していた。

ピッポッパ・・・トゥルルルル。
電話が繋がり、まだ募集してるのか尋ねると募集しており
さっそく今日面接という運びになったので、急いでスピード写真を撮り
履歴書を書いて店へと向かった。

店に着くと、スタッフルームに通され履歴書を見ながら
色々話される。
ハイ、ハイと頷きながら話を聞いていたが、次第に俺の経歴から
給与や仕事内容について話はシフトしていった。
おや?この流れは・・・もしや・・・採用?
勘は当たっていたようでさっそく明日から入る事になった。

まさかこんな覇気の無い、まだ肩までニート気分でいる俺を即決してくれるなんて
実は予想してなかった。
とりあえず面接とか受けて、ボチボチ下界に慣れていくかと思ってたくらいだからな。
少し戸惑いもあるが、まあやってみるか。



IMG_20180118_172614
今月は電気代も6000円近くまで膨れ上がっていた。
しかしガス代とは違い、この電気代はある程度予測できた額でもある。
なんせ仕事を止めてから一日中部屋に篭り、エアコンの暖房を入れ
大型TVでゲームに勤しむ毎日を送っている。
さすがに3000、4000円じゃ済まないだろうなという覚悟はあったので
粛々と支払うしかない。

ところで、これは数か月前まで働いてた新聞屋のある月の給与明細なんだが
給与
光熱費が4500円ほどしか引かれてない。
おそらく水道代が2か月一度の引き落としなので、この月はそれが引かれていない
と思うんだがそれでも安い。

新聞屋で働いてた頃は寮費3万、それに新聞購読料2千、さらに管理費という名目で
2千が給料から引かれてた。
今は家賃2万5千、そして新聞購読料や管理費といった物は支払いの必要がないので
ただ住むだけを考えた場合、34000-25000で9000円が新聞屋の頃より
浮いてるんだよな。

そんな感じで正直なところ、ウッシッシと余裕をこいてたわけなんだが、このボリュームアップした
光熱費でその余裕も消えつつある。
とんだ伏兵が現れたものよ。

やっと宅急便の残りのバイト代が振り込まれた。
IMG_20180117_162727
その額119552円。
合計すると12月の給料は35万3千50円だったということになる。
実際は交通費代で3000円ほど足が出てしまったが
それでも35万には達している。

やはり時給1500円+毎日残業2,3時間というコンボは
バイトとはいえそれなりの太い額になるな。
以前、トヨタの工場派遣をしていた9カ月間で、月の最高所得額は
約30万だった。
それが俺の生涯で最も稼いだ月でもあったんだが
今回、それを更新した結果となった。


ほんの一月前までは、せっせと荷物を届けていて
その成果でこの給料も振り込まれたんだよなぁ。
完全なるニートと化し、朝から晩までだらだらしてる今の俺には
もはやあの頃の姿は思い出せない。

約18日振りに新宿へと降り立った。
COW121000831_TP_V
この街は宅急便のバイトをしていたところで
写真に見える電気屋LABI、向かいのドンキホーテといった商業ビルを挟んだ
大道をテクテク歩いて毎日通っていたんだ。
ちなみに、右下付近の緑色のガード下にはホームレスが2体ほど住んでいる。

懐かしいなあと思いつつも、今回新宿に来た理由は別にある。
俺はついにAGA(はげ)治療をうけるため、専門クリニックに足を向ける事にしたのだ。
そのクリニックはビルの一室にあり、予約をしていたnitoですと告げると
さっそく問診を書かされ血圧測定に入る。

その後個室で、若い女性カウンセラー?から
いつ頃から気になりだしたか?家系にハゲはいるか?
どのあたりが薄くなってると感じるか等色々な質問を受け答えしていくが
俺の頭髪は‘スイッチ‘が入ってるとプロからはっきり言われ軽くショックを受けた。

次に、男の院長さんから治療の種類の説明を受ける。
最後にまた若い女性カウンセラーと話をし、とりあえずハゲの進行を止める薬と
髪を生やす薬の2種の処方という事になり、血液検査をして終了となった。
この髪を生やす薬は本来高血圧の人用の薬なのだが、なぜか頭髪もフサフサになるという
2次副産的効能も認められたため使用されるようになったとか。
医学の謎は2018年の現代でもまだまだ研究途上にあるらしいな。


掛かった費用は血液検査+薬1ヵ月分で計21600円。
はぁ・・・。
自己投資と思うしかない。

IMG_20180115_191502
ガス代である。
ポストに入っていたこの小さな白い紙と、そこに一行書かれてある
請求額を見て思わずなんじゃこりぁぁあぁぁと叫んでしまった。

新聞屋で働いてた頃は東京ガスで、一月2500円ほどだったが
今のアパートはプロパンガスだ。
プロパンは高いと聞いてはいたが、まさか倍以上も差があるとはな。
おまけに今年に入ってから完全無欠のニートとなり、風呂(シャワー)に入るのも2日に1日という
ぐうたらペースにも関わらずこの高額請求。
ガス会社を変えるってのも今は結構スタンダードみたいだが、賃貸じゃ難しい
というのを調べた。
どうしようもねえなこりゃ。
食器を洗う際、湯沸かし器じゃなく水道水ですすぐくらいしか節制対策が思い浮かばねえ。


風呂を3日に1日するって手もあるが・・・。

宅急便のバイト代が振り込まれない。

12月分の給料なんだが、20日分までは働いてた時に貰っている。
年の瀬で金もいるという配慮から2回に分けて支給されると
事前に聞いていて、残りの約10日分は年を跨いだ
1月の13日に振り込まれるという話だった。

しかし入っとらん。面倒くせえな。
なんか、給与明細自体、物凄く簡易的だし残り10日分はいつ貰えるのか
聞いた際もよく分かってない感じだったので、疑心暗鬼になってきた。

この10日分の給料がどのくらいの額かで、次に動き出すタイミングを
計るつもりだったのに・・・。



JCVNからの応答は未だ無い。
合格だった場合、2日ほどで電話かメールがくると書いてあったので
おそらく不合格なんだろうな。

説明会では、人が足りていません!本日はお越しいただき
誠にありがとうございますとかほざいてたくせに、どういう領分だと
ちょっと腹立ってきた。

俺が今やってるゲームはキングダムハーツといって
ディズニーアニメのキャラと一緒に冒険するRPGだ。
ストーリーも‘アラジン‘や‘美女と魔獣‘といった、ディズニー作品に
沿って各作品ごとの主人公と共に悪者をやっつけていく。

ふと、‘ライオンキング‘のストーリをクリアした後に思った。
本物のライオンみてーなと。
俺が住んでる東府中から5駅ほど離れた場所に多摩動物公園なるものがある。
ゲームを中断し、リアルの姿を拝むべく電車に飛び乗った。

30分ほどで現場に着き、ライオンがいる場所を案内板で確認する。
ふむふむ、ここを右に曲がって左に向かった場所か。
が、テクテク歩き目的地に着くとなんとライオンパークは工事中で、仮設場みたいな場所に
ライオン達は追いやられてるという。
百獣の王に対しなんたる無礼。しかし姿は拝まなければ。

どこで見れるのかしばし彷徨っていたが、どうも仮設場にいるということで
近くでは見れないらしく、橋の下からでしかその姿を拝めないようだった。
その橋に行き下の広場を見渡す・・・居ないじゃん。
上から360度ぐるりと見回してもライオンどころか生物の気配さえ感じられない。
どゆこと?と思い、橋から身を乗り出して真下を見ると・・・!
シンバ
あれか?
寝てるのだろうか、ビクともしない。
おい、起きろ!仕事しろ!!。

一時見てたがずっとこんな調子だった。
しょうがない。違う動物でも見てる間に目を覚まし
次来たらその獰猛な姿を披露するだろうとその場を離れた。

その後2時間ほどゾウさんやキリンさんなどを見て回り、再び
橋へと戻ることにした。
なんだかんだいって、あんな頭頂部と前足しか目に見えなくても
畏怖感はあった。
全身を捉え、歩く姿をみたらというゾクゾク感と共に橋に着く。が・・・

居ねえよ。
橋から身を乗り出し先ほどと同じように下を覗くと
シンバ  
まだ寝てた。
どうしたってんだよ。
お前をみるために電車賃往復360円+入場料600円も
払ったのに、頭頂部と前足だけの披露って高すぎるだろ。

午後5時の閉園時間ギリギリまで粘っていたが
結局このポジションを崩す事はなかった。

2か月ほど前に治験の説明会に行ったJCVNってところが
AGA治験の募集をしていた。

AGAってのは、いわゆる男性の禿げ治療の事で
今回の募集は20歳~64歳までを対象に行われるらしく
お、これはと思い応募してみた。
ちなみに禿げ方にも色々特色があって
hage
基本的にはこの6種に分かれるようだ。
応募フォーラムに記入する際、どのような禿げ方をしているか
選べとあったのでⅣを選んだ。
まだこの絵のようにまでは禿げてはないけど、俺の頭髪はたぶん
このような衰退をしてる。

事前審査2回+入院3日+3日で協力費16万ほど。
各々で日程に間が空いてるので面倒な感じだが
せっかく説明会まで行ったんだから1回は治験を体験したい。
そしてお金欲しい。さらに俺はガチで禿げてきてるのか確かめたい。
禿げてきてるなら治してほしい。

そんな4つの願望が絡み合いとりあえず応募してみた。

ゲームばかりしてるのも心身によくない。
何度も説いてるが、そもそもビデオ・ゲームの類は
楽しいものだがどうやって攻略するかという頭脳的負荷と
コントローラー、あるいはマウスキーボードを操作する指先や肩
それを支える腰やおしりにも肉体的負荷があるからだ。
故に長時間のプレイは疲労をきたす。
IMG_20180108_182708
そうなったらアニメを観賞しよう。

年末に買ったウォッチドッグスというゲームをクリアし
次なるゲームに手を出している。
このウォッチドッグス、主人公はハッカーなんだが
なんというか今一得体の掴めないオッサンハッカーで、ハッキングで通行人の
金や車を盗んだりしてストーリーを進める一方、街の防犯係という立場でも
あるようで犯罪者を懲らしめる事も行う。
勧善懲悪的な境がほとんど無いゲームだと思った。
ウォッチドッグス
アメリカ産のゲームはやはりぶっ飛んでる。


今回手を出したゲームはキングダムハーツという
国産ゲーだ。
今やってるのはⅡで、Ⅰはクリアしている。
これも違った意味でストーリーがぶっ飛んでるんだよな。
最近のゲームはほんと手が込んでるよ。
IMG_20180107_175948

↑このページのトップヘ