カテゴリ: ニート

親切女性と久しぶりに会った。
およそ先月の31日以来だな。

メールはちょこちょこしてたんだが事情もあり、2人で会うのは
良くないと言われてて、もう会う事もないのかなと少しシュンとしてたんだが
なんだかんだで小一時間ほど、さわやか号で彼女の
近所のお店に向かいお話することができた。

親切女性との話題は仕事(店)のことが多い。
話の途中、そういや俺の後釜として入ってきたは元気にやってますか?と尋ねると
バックレタという答えが。
ゴフッ。
・・・・・ええぇぇ。
なんと11月も一週間ほど過ぎたある日、突然こなくなったらしい。
親切女性も詳細はあまり分かってないようだったが、まぁそういう事なんだろうな。
数日間とはいえ一緒に配達を回り、色々教え、俺の伝統後継者ともいえる男だったので
ちとショックだった。
親切女性と話すとなんかショックなこと多いな。

とはいえ、やはり魅力的な人で、再度メロメロになるのを
抑えつつ冷静を保っている己が居た。
彼女は今宵も寒空の中配達に出掛け、俺はヌクヌクと暖房の効いた部屋で
ゲームに勤しむのかと思うといたたまれなくなり、web上で見つけたバイトに
応募し明日面接という運びになった。

IMG_20171116_171617

4日ほど前に、実家に米の要請をしててそれが今日届いた。

俺の家は米農家というわけじゃないんだが、田んぼを持ってて
そこを米を作れる人に無償で貸す代わりに、幾場かの収穫した米を
頂いてる。

今までお米はパック飯でチンして食べたり、コンビニおにぎり、弁当に
外食といった現地調達が多かったが今回、この地での戦は長くなると踏んで
要請に至った。
パック飯やおにぎりは一食100円くらいだが、塵も積もれば山となる。
実家から送って貰えばタダだしな。送料は置いとく。


ウォォォォォォーーーーーーーーーーー!!!!!

やばいな。
今の生活ってほんといい。
好きな時間に寝て、目覚ましに起こされることなく
目が覚めたら自然と起きる。

一人暮らしだからニートであろうとも誰の目を気にすることもなく
日がな一日中ゲームが出来、それでいて飯をちゃんと作ったり
する余裕もある。
こんなに‘生‘を感じることって、今までの人生であっただろうか。

だが、こんな生活は仕事を始めれば終わりを告げる。
帰ってきたら風呂入って寝るだけの生活に後戻ることになる。
かといって、仕事を始めなくても収入が無いので
いずれ貯金が底をつき、同じく終わることに。


もう少しゆっくりできるかと思ったが、昨日新聞屋での最後の給料を
確認してそうもできそうにないと思い始めた。

もう11月も半分が過ぎようとしている。
新聞配達の給料日は毎月10日だったので
最後の給料の確認をするべく銀行に向かった。

通帳記入をして、額を確認すると約16万円振り込まれていた。
16万・・・ウァイ?
俺は毎月約17万貰っていた。
10月は集金も半端に終わり、ノルマの手当てが無いにしても
16万は貰えると踏んでいた。
それに年休の10日分、1日6千円計算として6万が10月分の給料と
一緒に出る手筈だったのでまあ20万越えは固いっしょと思っていたが
16万!?

沸々沸いてくる怒りとともに、あの日の話が思い出される。
容赦ないなほんと。




色々と困難はあったが、ようやく新居の陣が完成した。
IMG_20171113_185723
IMG_20171113_185841
もうこれで買い足すものはほとんどない。
約10年ほど前、一度東京で一人暮らしってやつを目論んでいた
過去があるんだが頓挫した苦い記憶がある。
思えばあの日の続きを俺は始めたかったのかもしれない。
知りたかったのかもしれない。

始めよう。
まずはクリアしてないゲームを捌く。

よし、今日こそソファー取りに行くぞ。

カンカンカンとテンポよく階段を駆け下りながら、自転車の鍵をポケットから
弄りつつ部屋の鍵も入れてるのを確認してロックを外す。
店に着き、入荷されてたソファーを貸出車に積み自宅へと走った。

無事自宅アパートに着き、玄関の鍵を手にしようと
ポッケを弄った。
ゴソゴソゴソゴソ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ソファーを部屋に運ぶにはまず玄関のドアを開けなければならない。
俺はポッケを弄った。
ゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソ・・・・・・・・・・・・。
これからうんしょとソファーを部屋まで運び、設置して再び貸出車を店まで
返す。それにはまず玄関のドアを開ける必要がある。
俺は再度ポッケを弄り倒した。
ゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソ
ゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソ
ゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソ
ゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソゴソねえよ・・・・。

ありえん。
なんでこうも玄関の鍵が手元から離れる?
今回は部屋に忘れたのではなく、どこかで落としたのは明白だ。
昨日、あんなことがあったので今回は警戒して念入りにポッケに
閉まっていたはずなのにこの始末。
とりあえずソファーはアパートの空きスペースに勝手に置かせてもらい
泣きながら店へと戻った。
車の貸出時間は1時間と決まっているので嘆いている暇はない。

それにもしかしたら店内で落としてて、落とし物として届いてるかもしれない
という期待にかけた。

店に着き、カウンターに車のキーを返す際、俺の部屋のキーも届いてないか尋ねると
ちょっと待ってくださいねと店員さんが後ろをゴソゴソし始めた。
・・・なんか無いっぽいな、ああどうすりゃいいん・・・!!!
絶望しかかっていたところ、店員さんが鍵を手に
こんなん届いてますがと表示してきた。
まさしくその鍵は俺の部屋の鍵!!
地獄から天国。この時ばかりは世間を恨んでばかりの俺も
人の親切に心から感謝した。


落ちていた場所のメモが書いてあったんだが
なんと店入口付近で落としていた。
ほんと何やってんの自分としか言いようがない。
多重人格のように、俺を困らせようとするもう一人の俺が心の中に
潜んでいるんじゃないかと疑うほどだ。

一週間ほど前に購入した冷蔵庫と洗濯機が届いた。
設置も終わったところでタイミング良く、同じく一週間ほど前に
取り寄せで購入していたソファーも入荷したとの連絡が。

気分が乗っていたのでよっしゃ、さっそく取り行くかとアパートを後に。
カンカンカンとテンポよく階段を駆け下りながら、自転車の鍵をポケットから
弄ってロックを外す・・・あれ?
部屋の鍵はどこだっけ?感触がなかったぞ。
様々なポケットに手を突っ込むがどこにもない。

新居のアパートは相当古いので、外から鍵を掛けるタイプのドアノブじゃなく
中から掛けるものだ。
一旦外に出て、扉を半開きにし、内側に手を伸ばしてドアノブの中央にある
ボタンみたいなものを押す。
後はそのまま閉めれば鍵が掛かるという、‘鍵がなくても鍵を閉めれる‘という
奇怪なドアノブだ。

やべえよ・・・。
部屋の中に部屋の鍵を忘れてきてしまった。
開けるときは当然鍵がいるわけで、こうなるとどうすることもできん。
がちゃがちゃがちゃがちゃ!!ボロいドアなのでドアノブを狂ったように回すと
空くかもと思った。が駄目だった。
ベランダによじ登り、窓の鍵を閉め忘れてるのを期待して手をかけるも
数分前の俺は忌々しくしっかりロックしていた。
落ち着け。落ち着くんだ。
・・・そうだ、ピッキングだ!。

20分ほど自転車で付近を探索し、地面に落ちてる髪留めピンを発見。
こいつを鍵穴に差し込んでがちゃがちゃとやってれば
いずれロックは外れるに違いない。
これで一件落着ふっふっふ・・・・・・・・駄目だ!
まるで手ごたえが無い。
こんなんでガチャリと開くのはフィクションの世界でしかなかったんだと気づいた。

どうする・・・石でベランダの窓を叩き割るか・・・しかしそんなことしたら
弁償代がいくらかかるか分からない。
ましてやそんなデンジャーなことしたくない。
一時頭を抱え、やむ負えないがこのアパートを借りる時に契約した
不動産屋に電話して事情を話した。
不動産屋はここのスペアキーを持っていないらしく、とりあえず大家に連絡して
もらったが外出していて、帰ってくるのは午後6時過ぎになるということ。
今現在の時刻、午後1時。
どこかで時間を潰しててと言われ、不安と共に街をブラブラして5時間弱を潰す。

大家はスペアキーを持ってたようで、午後7時前に電話があり
不動産屋の人が鍵を携えアパートまで来てくれた。
ほっ、ようやくこれで部屋に入れる。
が、鍵を何度差してひねっても開かない。
なんで?終わった、完全に部屋から閉め出された・・・。
絶望顔で不動産屋の方を見ると、んじゃこっちでと別の鍵を渡された。
渡された鍵をドアノブに差し込むと・・・ガチャリ!


部屋の中には、どしたん?なにかあったん?というように部屋の鍵が
寝そべっていた。

医学ボランティア会、JCVNってところの説明会に行ってきた。
開催場所は五反田という、新宿駅から5,6駅ほどの都心で
ビル2Fの一室で行われた。
一杯人がいるのかな?と思っていたが俺含め10人ほどだった。
IMG_20171110_180209
初めに30分ほど、治験とはどういうものかという説明があり
その後、身長体重を計ったり自身の所在地や疾患を紙に記入したりして
1時間もせず説明会は終了した。

説明会が終わった後、スタッフの人に質問などできたんで
ちょっと話をしたんだが、やはり健康体でなく疾患持ちだと
治験の参加も限られてくるようだ。
事前に今募集してる治験をまとめた用紙を貰ってたんだが
そこには健康な人対象、事項の疾患を持ってる人のみ対象という風に
はっきり区分された内容が書かれてあった。

俺はアトピーという皮膚疾患を患ってるが、健康な人対象の募集でも
受けれますかね?と聞いたところ難しいという返答が返ってきた。
健康な人対象というのは文字通り健康な人。常用して薬を服用しておらず
病院にも通ってない健康人。
それ以外ではまず受けいれないらしい。


募集してる項目の6割は健康な体人用。
治験って思ったよりハードル高い。

チャリを買った。
IMG_20171108_121750
これまでは配達に使っていた新聞屋のカブがプライベートでも
使えてたので、足には困ってなかったが
退職してカブを手放した今現在、徒歩しか移動手段が無い。
東京なので交通の便はどこよりも発達してるが、ちょっとスーパーなどに出向く際
はやはり歩きになるのでかったるいなあと感じていた。

そんなわけで、今回購入に至ったがなかなか良い。
徒歩よりは格段に早いし、バイクのようにうるさくなければ
ガソリンを食う事も無いしな。
自転車なんて何年振りだろう。
俺に青春なんてあったのか定かじゃないが、なんかそんな気分だ。
走ってて、ひとけのない場所に入るとベルをリンリン鳴らしまくってる。

医学ボランティア会、JCVNってところの説明会予約をした。

JCVNとは治験を斡旋してる会社で、俺は3か月ほど前に
WEB会員登録をしていた。
登録してからこれまで、色んな治験案内のメールが(機械的に)届いてるんだけど
結局はこの説明会に参加しないと治験は受けれないらしい。
ちと面倒だが、無職になった今がその頃合いだと判断した。

良い方向に転がるといいが。

今日は市役所、銀行、警察署、3カ所の施設に出向いた。
いずれも住所変更の手続きをするためだ。
事務的なことはこれで一応完了となる。
後は冷蔵庫と洗濯機、それからソファーとちょっとした小物入れなどを
用意したら暮らしは万全の態勢となる。

問題はそっからだな。
まだ万全とはいえない今の環境でさえ、気を抜くとドロッと溶けてしまいそうな
多幸感が度々襲ってくる。
働かない事、毎日の時間を全部自分のためだけに使えるということが
こうも幸せな事だということを最近の俺は忘れていた。
思えば昨年、職業訓練校に10月から入校して今年の11月まで
走りっぱなしだったからな。
約1年1ヵ月の走破。普通の人ならはっ?って感じだろうが
俺的には相当頑張ったんじゃないかなと思える歳月だ。


この辺で少し、骨休めが必要かもしれないと考えている。
心と身体を労る時ではないかと。

今日は電気屋に行き洗濯機と冷蔵庫を購入した。
前に使っていた冷蔵庫は40Lと、ちょっと小さすぎたので
新聞屋のアパートに寄付という形でそのまま置いてきてる。
一週間後に配送される予定だ。

その後、家具屋に行きソファーを購入。
そのまま寝れるような大きいのを所望していたが
どう考えても玄関の入り口幅が狭く入らないので幾分小さいのを購入。
取り寄せなのでこれも一週間後になるが、送料が掛かるということで
軽トラ無料貸出制度を利用して自分で運ぶことにした。
そこでついでにカーペットなども購入する算段だ。
フローリングってむき出しで使うと思ったより傷が付く。
ここにきてようやく学んだのでケチるのはやめようと思う。

合計で6万ちょい掛かった。
しかしこれは必要経費だ。
vs東京の地盤を固めるための初期投資。


今度の戦は長くなる。
いや、長引かせたい・・・。

今日は9時頃起きて少し荷物の整理をした。

去年行ってたトヨタ九州での派遣、そしてついぞ退職した新聞屋。
いずれも派遣先や店が借りている賃貸に住ませてもらっていた。
いつクビになったり、へこたれて追い出されるかも分からないので
身軽さを求めて、部屋に余計な物を置かないようにしていた。

今回、自分で借りて制約が無くなったこの部屋には、少なくとも1年以上は住みたい。
故に快適さとインテリアにも少しこだわった模様にしたいと思っている。
なので間取りを考えここにこれを置く、いやそうするとこれが置けないといった
具合に少々頭を悩ませている。
まあいうて楽しい悩みではある。


掲示板で、親切女性さんと食事行った時の装いを見たいと
あったのでこんな感じだ。
IMG_20171103_183551
ポイントは七分袖にプリントされたいきり立った白熊だな。
こいつがワイルドさを演出している。

アパートを借りるには保証人が要る。
家に電話して親に頼むことにした。

俺の両親は、親父の方はすでに定年退職しており
今は年金を受け取ってる身のネオ・ニートだ。
ニートでは保証人になりませんという世知辛い規約だったので
まだ働いている母親の方に事情を話した。

契約書には母親の勤務先や年収等、いくつか書く項目があり
分からないとこもあるので調べて後日連絡してもらうことに。
断られるかもしれないと不安だったが、了承してくれたんで助かった。

いくつかの治験サイトに登録してみた。

治験とはまあこんなもので、名目上はボランティアとなっているが
協力費として円が出る。
中には入院するものもあるようだが、その間採血の時以外は漫画やゲームが
できるということで、ぜひとも参加したいと常々思っていた。

一応、サイトで個人登録こそしたものの、実際に治験を受けれるようになるには
登録説明会というものに足を運ばなければならない。
都内で行われているらしいので、休みの日にでも行ってみよう。


しかし俺はよく物を無くしたり落としたりするな。
過去の日記を見てみても、スマホや印鑑、帽子にカッパなど千差万別に
失ってきてる。
不幸中の幸いで、財布は未だ落としたことないが時間の問題かもしれん。

忘れ物をしたり落し物をよくする人間は脳に障害があると聞いたことがある。
ADHDとかSADだったか、忘れたがそういう人によくある傾向らしい。
やはり俺は脳に異常があるのかもしれない。

そう考えれば、長年引きこもりニートだったのも頷ける話かもしれない。
物を落としたり失くすというのは大抵外出する時だ。
んじゃ外に出なければ何も失くさないという潜在意識があったんじゃないかと
今になって思っている。

6月分の給料で手持ちが約137万になった。
先月が確か131万くらいだったので、たった6万しか増えてない。

俺、何もしてない。どこにも行ってない。
仕事しかしてない。
ナノニドウシテ?

6月は市民税の支払いがあったのでそれが響いてるのかもな。
これから隔月で15000円、12月まで合計で6万ちょい支払わなければならない。
ちなみに市民税なんてもの、今回初めて払ってる。
今までどんだけ低収入で生きてきたかがうかがい知れるな。

もう明日から訓練開始か。
去年の暮れから12,3日休みがあったんだろうか。
なんだかんだいって、たかが2週間なので短いわな。

俺の場合休みというのは、1か月以上はないと実感が湧かないな。
それ未満の日数だと本当に休息、休憩の域から抜けられん。

残り3か月で訓練も終わる。
訓練校側は終わるまでに何かしらの職に就かせたい
ようだが、俺はそろそろ休みたいと思ってるんだよな。
もちろん理は訓練校側にあり、こちらが分が悪いのは承知している。


訓練校に入る前からこうなることは予測していた。
いざその段階になるとやはり悩むな。

休みも残すとこあと2日になった。
この休み期間、訓練の復習なんか1回もせずゲームばかりしてた。

冬~休みは~♪やっぱり~♪♪短い~~♪♪♪

昨日の日記の続きみたいになるんだが
年上の人と話す時、敬語を使うのは当たり前だけど
俺の場合、なぜか年下にも敬語を使ってしまう。
なんでこうなってしまったんだろうかと考えてみた。

思うに、学校もロクに通っておらず長年ニートだったという現実が
劣等感として潜在意識に誕生してしまい、それが卑屈な形となって表れているんじゃないか。
年下とはいえ人生をまっとうに過ごしてきた人に対して俺のような
ロクでもない人間がタメ口をきいていいものかと。

あと、敬語を使うというのは相手に対して
一線を引きたいという心理も働いていると
どこかで見たことがある。
あまり仲良くなりたくないみたいな。

金庫のように固く閉ざされた俺の心を解き放つ
鍵は一体どこにあるんだろう。

昨日、日記を書いた後もう1戦だけやって寝るかと
プレイを始めたんだが、気付くと午前3時を回っていた。

ニートへと還りたい。

従弟の結婚式があるのでスーツ一式を新調してきた。
合計で6万ちょい。
祝儀も3万やらないといけないので合計で10万くらいふっ飛ぶな。
この従弟は父方の方で、まだ母方のほうに2人控えている。
2人ともはたちくらいだが、いずれ結婚すると思うので
単純計算であと2回も祝儀をやらないといけない計算だ。

こうもぽんぽん金が無くなると、交通事故かなんかで
死んでくれないかなという邪心さえ芽生えてくるね。

午前10時から職安で訓練入所案内会あったんだが
15分前に着いたにも関わらず人がもう一杯来てて説明が行われていた。
あ?と思ったが、職員の人に促されて空いてる席に座る。
早めの行動を心掛けたのに実際は遅刻という由々しき事態。
先が思いやられるな。

案内の内容はもう何回もやってる提出する資料の作成。
職員の指示に従い、失業認定申告書という用紙に色々書き記していく。
1時間ほどで終わった。

ところで、俺の給付額なんだが日額5260円となっている。
月30日と計算した場合、157800円。
学校に通う日は昼飯手当てというものが1日500円出るらしいので
月に大体20日通うとすると+10000で167800円。
さらに交通費が俺の場合、8000円ほど出るらしいので合計で175800。
単純計算で月に175800円支給される。


いうて悪くないね。
奮い立つには十分な額である。

明日は職安に行って入校手続きとかをしないと
いけないんだが、必要書類が1枚見当たらない。
ここ一、二ヶ月間の失業申請と職業訓練関係で
腐るほど書類をもらってるから、わけが分からなくなってる。

ここまできて、必要書類が揃ってないからお前駄目なんてことに
なったらたまらんな。

10月だ。

そろそろ準備をしないといけない。
授業で使う教科書代の金も振り込んでないし
作業着もまだ買ってないからな。

残り時間が少なくなった今、ふいに
このダラダラとした日々が愛おしく思えてきた。
失って始めて大切な物に気付くとはよく言うが
そんな心境だ。

今日で9月も終わりか。
訓練校の試験と案内があった2日以外
活動的な事まったくしなかった。

まあ来月からとうとう職業訓練も始まるしな。
狩りをする時意外、ごろごろして体力を温存している
猛獣と同じような原理なのかもしれない。
そういうことにしておきたい。

新型プレイステーションは11月10日に発売されるようだ。
これがプレイステーション4の最新版かつ最終形らしい。

今のTVは4Kというものが最新のデジタル画質で
その4Kにこのプレステは対応してるという。
ただ、俺は最近、街に出たときはちこちこと家電量販店に立ち寄り
TVをチェックしているんだが
今売り出されてるTVは全部が4Kというわけではなく
半分は2Kなんだよな。
そして、映像の違いを見比べてもイマイチ分からんのが現状である。

その4Kにもまた色々違いがあるようで
ある店舗で、70万くらいするTVが展示されてあったんだが
そのTVは動きの滑らかさというものがまったく違っていた。
隣に40万くらいのTVもあり、同じ映画を流していたんだが
まるで別の映画のようになってたからな。


そんな感じなので、こだわってしまうとキリが無い。
大枚をはたいて新型プレステ4と4KTVを買うのもいいが、据え置き価格の
プレステ3と2KTVを買ってのんびり遊ぶのもありかもしれないと考え直してる。


釣具屋に行った。

俺の婆ちゃんは今、栗を収穫してる最中なんだが
その栗の中にこんな感じのウニウニした幼虫が入ってることがある。
くりむし
通称クリムシ。
栗の中に入ってて、大きさは直径1~1,5cmくらいで
カブトムシやクワガタなどの幼虫と姿形は似ている。
ミニチュア版といったところか。

このクリムシ、栗を食い散らす害虫であると同時に益虫でもある。
というのもこのクリムシは川釣り用の魚の餌に使われていて
釣具屋に行くと、1匹10数円で売られている高級餌なのだ。
それだけに魚の食いつきはバツグンで、イワナやヤマメといった
レアな魚も釣れることもある。


そんなわけで、久しぶりにこのクリムシを使って川釣りでも楽しもうかと
思ったわけだが、お目当ての竹竿が売ってなかった。
普通のステンレス製の釣竿はゴマンとあったが
川釣りで竹竿以外の釣竿を使うなんて邪道なので何も買わず店を後にした。

もう今日も終わりか。
まったく、30分前に昨日の日記書いたような感覚だ。
レポートを白紙で提出するような日々が
ここ最近続いている。

充実不足。
週1くらいでいいから実のある日を過ごしたいものだ。

歯医者に行った。
今日で終わりかと思ったら歯石を取るといわれ
次回の予約を入れられた。
去年からほんと、歯を弄くり倒されてる印象だ。
治療費も5万くらいいってる気がする。

↑このページのトップヘ