カテゴリ: ニート

もう明日から訓練開始か。
去年の暮れから12,3日休みがあったんだろうか。
なんだかんだいって、たかが2週間なので短いわな。

俺の場合休みというのは、1か月以上はないと実感が湧かないな。
それ未満の日数だと本当に休息、休憩の域から抜けられん。

残り3か月で訓練も終わる。
訓練校側は終わるまでに何かしらの職に就かせたい
ようだが、俺はそろそろ休みたいと思ってるんだよな。
もちろん理は訓練校側にあり、こちらが分が悪いのは承知している。


訓練校に入る前からこうなることは予測していた。
いざその段階になるとやはり悩むな。

休みも残すとこあと2日になった。
この休み期間、訓練の復習なんか1回もせずゲームばかりしてた。

冬~休みは~♪やっぱり~♪♪短い~~♪♪♪

昨日の日記の続きみたいになるんだが
年上の人と話す時、敬語を使うのは当たり前だけど
俺の場合、なぜか年下にも敬語を使ってしまう。
なんでこうなってしまったんだろうかと考えてみた。

思うに、学校もロクに通っておらず長年ニートだったという現実が
劣等感として潜在意識に誕生してしまい、それが卑屈な形となって表れているんじゃないか。
年下とはいえ人生をまっとうに過ごしてきた人に対して俺のような
ロクでもない人間がタメ口をきいていいものかと。

あと、敬語を使うというのは相手に対して
一線を引きたいという心理も働いていると
どこかで見たことがある。
あまり仲良くなりたくないみたいな。

金庫のように固く閉ざされた俺の心を解き放つ
鍵は一体どこにあるんだろう。

昨日、日記を書いた後もう1戦だけやって寝るかと
プレイを始めたんだが、気付くと午前3時を回っていた。

ニートへと還りたい。

従弟の結婚式があるのでスーツ一式を新調してきた。
合計で6万ちょい。
祝儀も3万やらないといけないので合計で10万くらいふっ飛ぶな。
この従弟は父方の方で、まだ母方のほうに2人控えている。
2人ともはたちくらいだが、いずれ結婚すると思うので
単純計算であと2回も祝儀をやらないといけない計算だ。

こうもぽんぽん金が無くなると、交通事故かなんかで
死んでくれないかなという邪心さえ芽生えてくるね。

午前10時から職安で訓練入所案内会あったんだが
15分前に着いたにも関わらず人がもう一杯来てて説明が行われていた。
あ?と思ったが、職員の人に促されて空いてる席に座る。
早めの行動を心掛けたのに実際は遅刻という由々しき事態。
先が思いやられるな。

案内の内容はもう何回もやってる提出する資料の作成。
職員の指示に従い、失業認定申告書という用紙に色々書き記していく。
1時間ほどで終わった。

ところで、俺の給付額なんだが日額5260円となっている。
月30日と計算した場合、157800円。
学校に通う日は昼飯手当てというものが1日500円出るらしいので
月に大体20日通うとすると+10000で167800円。
さらに交通費が俺の場合、8000円ほど出るらしいので合計で175800。
単純計算で月に175800円支給される。


いうて悪くないね。
奮い立つには十分な額である。

明日は職安に行って入校手続きとかをしないと
いけないんだが、必要書類が1枚見当たらない。
ここ一、二ヶ月間の失業申請と職業訓練関係で
腐るほど書類をもらってるから、わけが分からなくなってる。

ここまできて、必要書類が揃ってないからお前駄目なんてことに
なったらたまらんな。

10月だ。

そろそろ準備をしないといけない。
授業で使う教科書代の金も振り込んでないし
作業着もまだ買ってないからな。

残り時間が少なくなった今、ふいに
このダラダラとした日々が愛おしく思えてきた。
失って始めて大切な物に気付くとはよく言うが
そんな心境だ。

今日で9月も終わりか。
訓練校の試験と案内があった2日以外
活動的な事まったくしなかった。

まあ来月からとうとう職業訓練も始まるしな。
狩りをする時意外、ごろごろして体力を温存している
猛獣と同じような原理なのかもしれない。
そういうことにしておきたい。

新型プレイステーションは11月10日に発売されるようだ。
これがプレイステーション4の最新版かつ最終形らしい。

今のTVは4Kというものが最新のデジタル画質で
その4Kにこのプレステは対応してるという。
ただ、俺は最近、街に出たときはちこちこと家電量販店に立ち寄り
TVをチェックしているんだが
今売り出されてるTVは全部が4Kというわけではなく
半分は2Kなんだよな。
そして、映像の違いを見比べてもイマイチ分からんのが現状である。

その4Kにもまた色々違いがあるようで
ある店舗で、70万くらいするTVが展示されてあったんだが
そのTVは動きの滑らかさというものがまったく違っていた。
隣に40万くらいのTVもあり、同じ映画を流していたんだが
まるで別の映画のようになってたからな。


そんな感じなので、こだわってしまうとキリが無い。
大枚をはたいて新型プレステ4と4KTVを買うのもいいが、据え置き価格の
プレステ3と2KTVを買ってのんびり遊ぶのもありかもしれないと考え直してる。


釣具屋に行った。

俺の婆ちゃんは今、栗を収穫してる最中なんだが
その栗の中にこんな感じのウニウニした幼虫が入ってることがある。
くりむし
通称クリムシ。
栗の中に入ってて、大きさは直径1~1,5cmくらいで
カブトムシやクワガタなどの幼虫と姿形は似ている。
ミニチュア版といったところか。

このクリムシ、栗を食い散らす害虫であると同時に益虫でもある。
というのもこのクリムシは川釣り用の魚の餌に使われていて
釣具屋に行くと、1匹10数円で売られている高級餌なのだ。
それだけに魚の食いつきはバツグンで、イワナやヤマメといった
レアな魚も釣れることもある。


そんなわけで、久しぶりにこのクリムシを使って川釣りでも楽しもうかと
思ったわけだが、お目当ての竹竿が売ってなかった。
普通のステンレス製の釣竿はゴマンとあったが
川釣りで竹竿以外の釣竿を使うなんて邪道なので何も買わず店を後にした。

もう今日も終わりか。
まったく、30分前に昨日の日記書いたような感覚だ。
レポートを白紙で提出するような日々が
ここ最近続いている。

充実不足。
週1くらいでいいから実のある日を過ごしたいものだ。

歯医者に行った。
今日で終わりかと思ったら歯石を取るといわれ
次回の予約を入れられた。
去年からほんと、歯を弄くり倒されてる印象だ。
治療費も5万くらいいってる気がする。

職業訓練は10月4日から始まる。
その前日にまた職安で事前案内のような会が催されるので
10月2日までが今のニート生活を満喫できる期日となる。

何かやっといたほうがいいのだろうか。
しかし何をすればいいか分からん。
そんな後8日。

財布を買った。
saihu
いつも金はポケットに入れて持ち歩いていた。
ポケットが財布代わりだったのだ。
今まで財布を買わなかったのは、財布を買ってしまうと
財布に入れるお金が無くなってしまうからだった。
本末転倒の事態を防ぐためである。

昨日も書いたように、今の俺には金がある。
まずはこんな小物からぼちぼちと消費活動をしていこう。

なまじ金を持つのは良くない。

俺は今、100万近くの資産があるが持て余してるのが現状だ。
無職ニート時代は欲しいものがあっても金無いし別にいいかと
物理的にも精神的にもスルーできていた。
だがそれらを買える様になった今、本当に必要か?という思いが
購買欲を押さえつけてる。
真の意味で何も買えなくなってしまってる。
こうなると元々特に何も欲しくなかったから、ずっと無職ニートで
いられたのかもしれないな。


資産を削るほど食指が動く魅力的な品が今の世の中には無いのか。

あるいは俺自身がその魅力に気付けないのか。
しかし欲が無いわけではないから苦しいんだよな。

ネトカフェで6時間読書をした後
家に帰り冷蔵庫を漁ってると、母親からいとこ(親父の兄貴の次男にあたる)
が結婚するという報告を受けた。
式は12月らしい。

あああ・・・

7月には105万あった貯蓄も今現在95万に減少している。
大きな買い物をした覚えは無い。
やはり年金の支払いがでかかったな。


2週間ほど前、歯の詰物が取れたので
今日歯医者に行った。

取れた詰物も持参していったんだが
金属の一部が曲がってるらしくて新しい物と取り替える
ことになった。
詰物を敷いていた歯は虫歯になっていたらしく
表面をガリガリ削られた後、ヌチャアとした物質を塗りたくられ
歯形を取った。
来週にはできあがるらしいので、次で終わりだといいけど。

しかし、歯科助手って若くてきれいな女の子ばかりだな。
こんなド田舎であんな子らが集まるのが不思議だ。
俺はこの歯科医院にはガキの頃から通ってるが
常に歯科助手は若くてかわいい女の子という印象がある。
どっかから定期的にさらってきてるんじゃないかと不安になるほどだ。

marakasu
台風16号、名称マラカス(MARAKASU)が九州に最接近している。
中心気圧945hPa、非常に強い台風のようだ。
しっかし、凄い曲がり方で
バナナシュート的な進行をしているな。

明日、昼過ぎに歯医者の予約をしているが
厳しいかも知れん・・・。

ホームセンターで作業服と安全靴を探してみた。
作業服は1番安いやつで上下合わせて1000円。
安全靴は1500円くらいだった。
先っぽが鉄板じゃなく硬い樹脂製のようだがまあいいだろ。

一品一品は安物でも、頭の先から足の先まで揃えると
総合的には結構な値段になる。

失業手当を受ける場合、その期間はアルバイト等の
労働行為は申告しない限り禁止されている。

まあ、10月から職業訓練を受ける俺にはあまり関係ないし
訓練が始まる10月まで短期のバイトでもしようかという気もないんだが
今日、婆ちゃんに農作業の手伝いを促された。
俺の婆ちゃんは一人で野菜やら果樹を作っている。
今は栗のシーズンで拾ったり拭いたり運んだりと忙しいみたいだが
手伝うことはできなかった。

というのも、失業手当の労働禁止枠には実家でやってる自営の手伝い
等も含まれてるからだ。
とにかく1円でも金を稼ぐ行為を行えば違反と取られるらしい。
これは自分は金を貰わないボランティアのような立場だとしても
その先に営利が発生してれば同等とみなされる。
厳しいな。





職業訓練の受講案内に行ってきた。

午後1時開始で俺は15分前くらいに着いたんだが
もうたくさんの人が椅子に座って待っていた。
入り口で小紙を貰うと、指定された席に座り
案内の開始を待つ。

今日は案内なので試験は無い。
職員の人の指示に従い、色んな用紙にしこしこと
ひたすら記入し、1時間半ほどで終わった。


今日の話を聞いて、初期費用が結構掛かると
いうのが分かった。
事前に職安でテキストなどは実費で購入しないといけなのは聞いてたんだが
そのテキスト代が1万3千円。保険(訓練中の怪我とかを保障する)が4千円。
雑費千円。
さらに安全靴と作業着もいるみたいで合計で2万以上は掛かることになりそうだ。
その作業服と安全靴は帰る時、ロビーで販売してたが全部揃えると1万近く掛かったので
買わなかった。
ホームセンターでもっと安い奴がありそうなので。
トヨタの派遣で安全靴は2足も支給されてたので持って帰れば
良かったと後悔している。

大衆床屋に髪切りにいったら客に親父がいた。

それも、入り口正面の台ですでに散髪中で
ガラッと入り口を開けた瞬間、鏡の中の親父と目が合う始末。
・・・5秒くらい固まった後、俺はスッと戸を閉め踵を返した。
なんてシチュエーションだ。なんてシチュエーションだ!!
このまま帰りたかったがふと振り返ると、店員さんがおい!空いてるよ空いてるよと
いうようなジェスチャーを入り口前でやっていたのでしぶしぶ中に入る。

親父の方はまったく見ずに促された台へと座り
適当に希望髪型を伝える。
しかし、なんなんだよ本当に。
なんともいえない羞恥心が胸を覆ってくる。
風俗店に行って出てきた女の子が実娘だった、または海外旅行してる時に
前から日本人が歩いてきたというような種のものだろうか。
そんなこと考えてると、俺の髪を切ってたババアが仕事何してるの?
と聞いてきたのでまあ今は特に何もハハ、と言うと
そーなの?親のスネかじってるのねギャウギャウとババアは誹り笑った。
普段の俺ならはっはっと軽く流し、心に波一つ立てないが
親父がすぐ近くで髪切ってるというこの状況だとまさにタイフーンだった。

俺は前髪と横をちょこっと切ってもらっただけなので
親父より早く散髪が終わり、また親父の方を見ず店を出た。
・・・というよりあれは親父だったのか?
実はよく似てるだけの他人だったのでは!?
俺の親父はネオニート、まあ定年退職して仕事してないので
平日の昼間に散髪してもなんらおかしいことはない。
しかし、街に何十件とある散髪屋で、年に2回くらいしか散髪しない俺が
偶然親父と出会うなんて生涯を通じても確率的に1%も満たないんじゃないか!?


そう思いながら家に戻ると、頭がスッキリした親父が居た・・・

明日への希望もやる気も無い。
生きてく上での目標というものが無い。

思えば人生の羅針盤というか、そういうものを
物心付いた時からずっと欲していた気がする。
強烈なやつを。


この年になってもそれが無いとなると
もうこの先も見つけられないんだろうな。

ここ最近、深夜2時頃寝て昼の1時とかに起きる

生活を送っている。

やっぱ仕事しないとどうしても深夜逆転の生活になってしまうな。


しかし生活に張りが無い。

2015年から今年の6月まで、フルタイムで働いてたので

ニートの感覚というか息遣いというような物を忘れてしまってる。

俺は高校を16歳で中退してからというもの、ほとんど何もせず

今現在の31歳まですごしてきた。

その15年の間、働いてた期間はおそらく合計で4年も無いだろうな。

いわば11年以上ニートに身をやつしてきてるわけだが

11年間、一体何をして過ごしてきたんだ!?と

今さらながら自問している。


これはもちろん、おまえ何やってたんだよ馬鹿というような叱咤の意味合いじゃなく

どうやってニートという立場で、11年の時空を跨いできたかという純粋な問いだ。

俺の中にいるはずの先人の俺にすがる様な気持ちになっている。


実際、自分のことだから覚えてるハズなんだけどあんまり覚えてないんだよな。

ただ、それなりに楽しかったような思いもある。



齢30を過ぎて自分の中にある価値観や物の見方考えというものが

少し変わってきたのかもしれない。

変革期とさえ思ってる。。

16日に訓練受講手続きがある。
その時に、自宅から訓練校までの距離と順路を記した
用紙を提出しないといけない。
タクシーの時やトヨタの時も同じように提出した記憶がある。
面倒くさい。
そんなもん、こっちの住所分かってるんだからそっちで適当に
調べてくれよって話だよな。
距離に関しては小数点第一まで正確に測れと
まるで伊能ただたかみたいなことをさせやがる。


だが、交通費はこれで決められるという事だから
やはり正確に測った方がいいんだろうな。
後で虚偽報告とか言われたらシャレにならん。

4月頃からやってた戦国プロヴィデンスも飽きてきて
最近はまったくやっていない。
このゲーム、ロード時間が長すぎる。

そんなわけで一昨日から新しいゲームを始めた。
蒼の三国志というスマホゲームだ。
三国志
箱庭ゲーというのだろうか、資源を溜めて建物なんかを作って
いくゲームなんだが、このゲームはもう一つの面があり
三国志3
こんな風に実際に三国志の武将をスワイプして戦わせる
アクションゲームの要素も含んでいる。
上の画面みたいに街を発展させて武将を強くし、下の画像のように戦わせる
ゲームシステムなので両方のゲーム性を楽しめてる。

オンライン対戦もあり、他のプレイヤーと戦う事もできるし
一人プレイ用のモードもある。
俺は今、一人プレイを中心にやってるけど
戦国プロヴィデンスはかなり簡単ですぐコンテンツをクリアしてしまったが
このゲームはかなり難しく、プレイ2日目で今現在まったく進めない
手詰まり状況だ。
もっと街を発展させて、武将を強くする必要がある。

ところで、このゲームは長く続けられそうな気がする。
というのも、プレイ1日目でこんな武将をGETできたからだ。
三国志2
左上を見て欲しい。
SSという表記がある。
このSSというのはこのゲーム内における最高ランクの武将なのだ。
たまたまキャンペーンが行われており、運良くGETできた。
僥倖。まごうことなき僥倖だよな。
しかも中国4大美女と謳われる貂蝉ときた。


ただこのゲーム、戦国プロヴィデンスのように武将とえっちしたりは
できない。

ポストを覗くと俺宛に封筒が着てた。
手紙
とうとう着たか。
なんだかんだで昼起きるとすぐポストチェックしていた己がいた。
指折り数えて待ってたぜ。
中身を見るとどうやら合格の様で、これから受講手続きを進めることになる。

俺はこれから職業訓練に通うのか。
そう思うとなんだか不安になってきた。
実は、不合格にならないかなぁ・・・という想いもあった。
知らない人らと一緒に半年も知らない事を学ぶ。
対人恐怖の俺にとってハードルが高いのは間違いない。
そもそも学習についていけるのだろうか!?


タマネギがこのところ高い。
いつもは中玉3個で120~150円くらいだったが
今はどこの店を回っても倍近くしてる。
俺は7月まで一人暮らししてたので、自分で食材を買いに行ってたんだが
こんな値段高い記憶はなかった。

調べると、べト病なる病気が発生してて収穫が減少してるようだ。
タマネギは使用頻度が高い野菜だよな。
なんといっても旨み成分がある。
他の野菜では代替できない存在だ。


まあ、今の俺は体たらくニートで
飯を作ってるのは親父だから懐は痛まないんだが。
これから高級食材になるのかもしれないと危惧している。

↑このページのトップヘ