カテゴリ: ニート

どうにもならない現実から逃れるべく
最近は毎日深酒だ。
一昨日もグデグデに酔っ払ってしまい気が付くと
ベッドではなくソファーの上で気を失っていた。
午前11時。ニートの標準起床時間に目が覚める。
はぁ・・・よっこいしょ・・・あれ?起きれない。
というより左腕の感覚がほとんど無い。
たぶん、セルフ腕枕がマズかったのかもしれない。
悪寝
こんな状態で寝ていたため、腕が圧迫され
長時間正座した脚みたいになっているのだ。
痺れこそないものの、力がほとんど入らない。
どれくらいかというと、車のシフトチェンジなら
プルプル震えながらの操作、ダイソンのハンドクリーナーに至っては
10秒持つのがやっとといったところ。

さらにマズイのが、2日経った今も回復しないということ・・・。

職業安定所に行ってきた。
検索パソコンの席に着き、呆け眼で求人を見る。
クソガ・・・相変わらず碌なのが無い。
ガ、それ以上に俺自身にも問題がある。

まず今後のビジョンという物がまったく定まらない。
親父の事があるし、いつ不測の事態になるやも分からない。
そうなるとフルタイムは避け短時間、あるいは単発や期間限定での
仕事をしたほうが今は良い気がする。
しかしここは田舎。単発や期間限定での仕事など中々無い。
それじゃ短時間となるのだが、あと4ヶ月、雇用保険に入れる
仕事をしたら失業給付が受けられるのだ。
ここまで来たら失業給付を受けないのは損極まりないが
雇用保険は短時間労働だと入れないので
結果フルタイム、でもあぁ・・・となっている。
先の五行運送ではこれを狙い、とりあえず4ヶ月頑張ればと
約1ヶ月早起きしていたが問屋卸さずな結果となり水泡と化した。


策を練るも、全ての歯車が絶妙にかみ合わない
もどかしい日々だ。

今週も憩いの週末を謳歌できないでいる。

まあ確かに、昨日言われた事だが35歳で新人で
仕事もロクにこなせないような奴は年下先輩にこけにされても
やむなしかもしれないな。
一般の35といえば、会社でそこそこ管理的立場に就き
現場を回すような役割を担う人もいるだろう。
ここに来て今までサボってきたツケが回ってきたといった感じだ。


しかし、俺はどこ行っても一定の人に猛烈に嫌われる癖がある。
もしかすると他の人も表には出さないだけで同様なのかもしれない。
なんなんだろうこれは。
なんかコイツ腹立つフェロモンでも滲み出ているのか・・・

あっという間に2日間の休みが終わろうとしている。

明日から、午前7時半から午後6時過ぎまで働く。
そう考えただけで頭が重く、心は暗黒の底へと堕ちていく。
今更だが3,5時間の補充バイトを辞退したのは失敗だった。
俺という人間はニート業が大好きで労働が大嫌いだという
紛れもない事実。その根本をすっぽり忘れていた。

こんなご時世のせいか、冷静な判断も出来なくなってるな。


昨日職安で応募した求人の面接に行ってきた。

今回、応募した求人は`請負配送`という職種になる。
社長直々の面接という事だったが、職業柄というのか
面接場所は某コンビニの駐車場に停めた軽バンの中だった。

話を聞くと、主にヤマト運輸や日本郵便等の大手物流会社から
配達を委託されている会社のようだ。
個人でも、自分で車を持参してやってるみたいな話は聞くが
ここはそれの会社版だな。
なので車を用意する必要はない。


最初に試用期間が3ヶ月あり月収16万。
それからは配達量にもよるが平均して22万ほど稼げるらしい。
拘束時間が結構長めで8時~18時、それより長くなる日も
あると聞かされ、どうしようかと車中でしばし悩んだが
やります!といえば即決みたいだし、まあいいかと
早速明日から研修に出向く事になった。

前回の仕事を辞(辞退)め早一週間。
労働意欲は浮上することなく底の底をついている。
全てが面倒臭い。俺は考えた。
このまま親のすねをかじれるだけかじり続ける。
いずれ両親倒れる。お金無くなる。どうする。
そうだ生活保護受けよう。

あらゆる概念を取っ払い、シンプルに自分の事だけを考えると
これこそ黄金ルートな気がしてならない。
こんな人生、間違ってるのかなぁ。


働かないけど草刈りはする。

前回の突発サブクエから早一月弱。
憎たらしく背が伸びた雑草を刈ってくれとの要請を受け
今回も草刈り機を背負い、現地へ飛び立った。
ブイ~ン・・・や、あっつい。ほんとうに。
作業開始30分も経たずに軽い目眩を覚えてきた。
前回は梅雨時期で、お日様もボチボチ。湿度こそあれ
気温は25度前後だった。
しかし梅雨が明けた今、お日様ギラギラ、気温も30度を軽く
超えている。
今回の刈りを終えても、また一月後には今とそう変わらない気候で
このクエストをこなさないといけない・・・。
己が身を考えると何か策を弄さないといけないのは明白だった。
IMG_20200731_151646
植物は光がないと生長できない。
家にあったブルーシートで覆い、光を遮ってやる!
IMG_20200731_151657
こちらは100均で買ったマルチという斜光シート。
横75cm、縦2mと面積は狭いがブルーシートと違い
雑草対策を謳ってるがどうだろう。

一月後の結果が楽しみである。

この前採用されたバイトだが、未だ勤務とは至っていない。

今日本社からやっと入社書類が届き、必要事項を書いて送り返した。
どうやら今月の27日からの勤務となるようだ。
たかが1日3,5時間のバイトなのに色々面倒くさい。

ほんと道、間違えたのかもしれないな・・・。
別の道、例えば実家に戻らず東京に残ってれば。
別の道、例えばどうにかして彼女とよりを戻し
一緒にでも過ごしていたなら。


閉鎖感極まりない現状を持ってして、夜な夜な絞り雑巾のように
たらればが溢れ出してくる。
今となっては戻れない夢幻・・・。

ここ一週間降り続いている令和2年7月豪雨のせいで
長崎行きが延期となった。
宮崎から長崎へ向かうには今回、特に被害の激しい熊本を通るため
道路状況など問題があるからな。
コロナに加えこの天候。更に今現在の打開策を見いだせない
閉鎖的日常が重なって心身共にささくれ立ってる。
近づく物は全て傷つける、尖ったナイフのように。

何も無い。
夢も(株駄目)希望も(親父ピンチ)愛も(彼女ブロック)冨も(無職ニート)
今の俺にはなにも無い

6月始めに東京から田舎に帰り早一月が過ぎようとしている。
今の生活、草刈りなどちょこちょこやってはいるが基本
毎日深夜3時頃に寝て昼食の12時前後に親父に起こされる。
そして親父が用意してくれた飯を寝ぼけ眼で食べ、再び一眠り。
目覚めて1~2時間後に夕食。これも親父が用意する。
その後、ゲームやNetflixに没頭し深夜3時就寝。

この一月、ほぼこんな毎日だ。
俺は一体なんのために東京を離れたんだ?
末期癌に冒されてる親父の負担を少しでも軽くするためじゃ
無かったのか?
これじゃまるで昔のゴミクズニートと同じ。
そんな卑屈さと同時に、最高だなとこの時を甘んじる
自分がせめぎ合ってる。

昨日はサボったが、今日は婆ちゃんから依頼された
畑の草刈りを再開した。
hatake
一昨日と今日、5時間ほど刈って残り3分の1くらいになっただろうか。
畑と言っても、婆ちゃんは高齢なので500坪ほどある領土の内の
ほんのちょこっとの面積しか耕し、作物を育ててない。
なので畑の草刈りというより、畑の周りに生えてる膨大な
雑草群の草刈りといったほうが正しいかもしれない。
俺は長年ニート生活を送ってきたので自然、草刈りは夏になると
強制出兵されていた。
ニートを借卒し、福岡や東京に行ってたここ数年は
やってなかったのだがやはりしんどいな。
この作業を1年で夏から秋にかけ、4,5回ほど繰り返さないといけないのだ!
(刈った草がすぐ伸びるため)

多少のお小遣いは貰えるとしても、またこの不死身な緑共と
毎年戦うのかと少し鬱屈してたんだが朗報が。
なんと、この土地を買って家を建てたいという人が現れてる
らしいのだ。
親や婆ちゃんから少し聞いただけで詳細はまだ分からないが
1坪あたり2万で買い取りたいとの事。


これ、500坪売るとしたら500×2で1000万。
相当なビッグビジネスになる。
もし、もしもだがこの数字通り契約が成立したなら
毎年草刈って環境維持してた俺にも
100万くらい頂く権利が・・・ハァハァ

今日で東京から戻り早2週間が経った。
コロナは無症状の場合でも2週間は菌が体内に残る事があるらしく
大事を取ってこの2週間はほぼほぼ家はおろか、部屋からすら
出ずに自粛して過ごしていた。

問題は自由の身となる明日からどうするかだ。
正直今の、自粛という名のクッチャネアイランドから
出たくないというのが本音なんだが月4万円を家に納めないと
いけないとなると、そうも言ってられないのが現状だ。

参ったな。

ごっそさん。

今日も親父が用意した夕食を親父と2人で食べ
そそくさと部屋に戻ろうとすると、親父から

ちょっと待て

と背中越しに声が掛かった。
?なんだろうと足を止め、親父の方へ。
お前、東京に住んでたとき家賃幾らだった?
へっ、家賃?なんでそんな事聞くんだろうと思いつつ
25000円だったけどそれが何か?(キリッ
と答えると、そうか・・・と、しばし何か考えてる面持ちで
束の間沈黙したのち、よし来月から4万家に入れてくれ!

・・・4万・・・よ、4万!?
まさに青天の霹靂な文言に耳を疑い
膝から崩れ落ちそうに。
もしくは寝耳に水。


2020年6月13日午後10時。
俺の脳内は緊急事態宣言。
大会議真っ只中だ。

今日は午前3時頃就寝し、昼の12時半頃
飯の仕度が出来たと起こされ、まだ寝ぼけ眼で食し
食べ終わると眠気が襲ってきたので再就寝。
夕方6時半頃に飯の仕度が出来たと起こされ昼と同じように
寝ぼけ眼で食す。

1人暮らしだと自分のタイミングで飯食ったり
風呂入ったりと好きにできるが、家族と住むとなると
その辺合わせないといけないんだよなぁ。
金の心配が要らない実家暮らしニートも、こういう制約を
課せられるんだなと、3年ちょいの金の心配が必要だけど
自由な1人暮らし生活を経て気付いた。


今現在、1年程前に親が購入した中古住宅に親父と2人で住んでいる。
俺の家族は他にも母親と婆ちゃんがいるんだが
婆ちゃんが旧家を離れたくないということで
1人にはしておけず、今は母親も旧家に住んでる。

そんなわけで、親父1人でこの中古住宅に移り住んでたのだが
6月から俺が加わり今は2人暮らしという流れだ。


親父は重い肺癌を患っているがいまのところ
日常生活に支障は無い。
洗濯掃除をこなし、食料の買い出しや料理も
作ってくれる。
おかげで幸か不幸か、立派なウンコ製造機と化している。

気が付くと退去まで後4日。
最近、DAYS GONEというPSのソフトを買ったんだが
ど嵌まりしてしまい一向に荷造りが進んでない。
このままではマズイ。
己を律するため、とうとうTVを封印(梱包)する事にした。
IMG_20200527_190713
後4日しかないしな。
・・・後4日あるともいえるが。

ここ1ヶ月弱、たまにスーパーに買い出し行く以外は
部屋に籠りっぱなしでゲームかアニメ鑑賞かネットしかしてない。
そのせいか心身共に淀んでいるのを感じる。
何をしても心底楽しいという事柄は見いだせず、ブスンブスンと
燃焼しきれない黒い煙を吐いて過ごすような日々。

正直な所、冷静に考えて八方塞がりな状況だ。
齢34で無職、起死回生で始めた株取引も上手くいかず
初めて出来た彼女には振られ大樹である親父は実家で病に倒れようとしている。


色々とチェックメイトなのかもな・・・。

昨日、ついにご贔屓のスーパーマーケットのポイントが
上限の1万点に到達した。
実は買い物した後に、レジの人からちょっと待っといて下さいと言われ
?と思いつつも待ってると現金1万円が入った封筒を渡され
その時初めて、上限の1万点に到達したのを知った。

しかし、半ばあぶく銭ともいえるこの1万円どうしよう。
ロクに仕事もしてない今、ここは慎重に慎ましく使うべきか・・・。
・・・否!こんな時こそいっちょう景気づけにパーっと使うべきだろう!!
そんなワケで第一回サミット祭を決行する事に。
肉
肉!
酒
酒!!
寿司
寿司!!!
蟹
カニ・・・が食べたかったけど売ってなかったので
瓶詰めのかにみそ!!!!


今宵は盛大な宴になりそうだ。

自粛活動言いながらも、俺は今3つもの会社に所属している身だ。
1つは昨年から始めたオフィス移転の日雇い
2つめは2週間ほど前登録した日雇い
2つめは骨折って登録しに行っただけで1回も働いておらず
何してる会社か知らない。
そして3つめは交通警備。
日雇いの仕事が無いから応募したこの警備会社も
電話して今後の出勤を確認した所、とりあえず今は仕事が無いから
GWが終わる6日にまた電話を入れてくれとの事だった。


なんか面倒臭いな。
4月は日雇い1日と警備の研修3日+現場1日しか働いてない。
長期休みという、甘い蜜を全身でたっぷり吸い
昔封印したニート魂がすっかり顔を出し始めてる。
電話しないで霧のようにフェードアウトしたいなという
気満々だ。

今は引きこもりニートこそ正義
模範とするべき姿で、普段は疎まれる存在のはずが全肯定されてる。
そんな今後2度と訪れないであろうこんな時期にアクセクと
狭い求人を探し仕事するのもどうなんだろうかと。


安倍首相からの10万支給もあるしもう半端に動かず、働かず
のんびり過ごすのが吉なのかもな。

親父の癌が発覚して早3ヶ月。

これまで一時的に実家に帰ったりメールしたりと
色々話し合ってたんだが4月一杯をメドに、今住んでる荘を
引き払い実家に戻る事になった。
本当はもっと東京に居たかったが状況が状況だからな。
両親からの帰還要請とあらば無下にはできん。

しかし、こういう時って長兄が戻るのが筋ってもんだと
思うんだがご指名は俺だ。
まあ兄貴は正社員、俺はしがないプータローでしかも今は無職。
身軽な俺が戻るのは選択的に必然なのかもしれない。

ただ、兄貴は20代前半で家を出ており、俺はスネかじり糞ニート身分で
30過ぎまで両親と一緒に過ごしてきた。
その間、スネむしゃぶりつつも、ちょっと家の事(簡単な家事や雑用)を
してたせいか、ニートなのに20代前半で家を出た兄貴より
両親から信頼が生まれてるように感じるんだよな。


やるしかない。

親父が癌になった。
・・・かもしれない。

昨日、帰宅途中に電話が鳴った。
電話の主は母親だった。
ったく、こっちは超単純労働ではあるが、それ故にクタクタで
一刻も早く家路に着きたいんだ。
下らない電話だったらすぐ切ろうかと思ったんだが
`親父の具合が悪い`という一声を聞き歩を止める。

なんでも去年の暮れ、定期健康診断で癌と思わしい箇所が見つかり
その後、病院で検査を受けていたが症状は決して軽くないと。
肺を中心に、全身に転移してる可能性もあるらしく
ついには県で一番でかい病院で精密検査を受ける事態になったので
電話したとの事だった。


親父には俺が赤子の頃から面倒をみてもらい、まあそれは親なのであれだが
成人してからも、通算十年近くのニート生活をも支えて貰った
大黒柱、大樹ともいえる絶対的存在だ。
家に着き部屋でボーセンとしてると
涙、また一涙と溢れ出す物を止められなかった。

日曜日。午後12時前に目覚める。
2週間ぶりの真休日とあって、半日近く眠っていた。

あー、昼飯作るのも面倒だ。
買い置きしていたカップ麺の蓋を開け、お湯を浸す。
ぼーっと待ってる間、ふとほっちゃけた蓋の裏側に目が入った。
koupen
今日はちゃんとご飯をたびただけで
満点なんだよ~


・・・そう、そうなんだ。
職を失おうが彼女に振られようがそんなの実際
大した事じゃない。
ご飯をたびただけで結局、毎日満点なんだ。

税抜き59円の激安カップ麺で一つの真理を得た昼下がり・・・

飛行機は3ヶ月前くらいから予約を入れると
安くなると聞き及んでた。

昨年8月、実家に青春18切符で帰省したんだが
とにかく疲れたので今年は正月辺りひとっ飛びに
飛行機で帰るかと考えてた。
しかし、さてそろそろ予約入れるかと調べると
3ヶ月前でも全然高いではないか!
そんなわけでちょっと安かった、天皇行事が絡んだ
今週の4連休にちょろっと実家に帰省してきた。

祖国の両親に元気な顔を・・・なんてのは建前で
今回の帰省は少し前に購入したという中古住宅の視察が目的だった。
IMG_20191020_145017
いいじゃん。
IMG_20191020_145041
なるほどな。
2000万したってだけあって、中古でも全然良家だ。
部屋も余裕あるようだしこれは・・・

鼻息荒くハロワへ。

兎にも角にも、問題は先の面接の連絡が無いとこだ。
一体どういう神経をしてるんだ。
こっちは無職をこじらせて焦ってるというのに
さらにこんな焦らしプレイを食らってたら堪らない。
その辺の不満をハロワの職員さんにぶつけるつもりで向かった。


祝日で閉まってた。

サポステの人に髪、どうにかした方がいいよと言われてたので
散髪に行ってきた。

もう1年近く切ってないから食事中、自分の髪を食ってしまう事も
しばしばだったのでこの辺が頃合いなんだろう。

適当に短くお願いしますと頼んだ所、想定より遙かに短くカットされてしまった。
俺はアトピーを患っており、首の炎症部分を髪で覆い隠していたんだが
ここまでバッサリやられると隠しようがない。


切ってる途中で店員さんに言えばいいんだけど
なんかそれも言い出せず結局成すがまま成されるがまま・・・


調布にある若者サポートステーション
行ってきた。

以前登録した際、次に面談をしてもらうという事で
この日来るように言われていた。
面談内容は登録の時と変わらず、経歴とか
これからやりたい職を聞かれたり。

この若者サポートステーション、来訪者には
何年も仕事に就いてない人や、そういう人の親なども
利用しているらしく、なんというか
結構こじらせてる人もいる中ではあなたは特に
そう問題でもないという見解のようだった。


就職活動実績欲しさにここに来ているため
そう言われて少々場違い感を覚えたが
5日後の5月17日にセミナーの予約が取れたので
よしとしよう。
イルスケジュールが崩壊した今、今後の活路になるやも
しれないしな。

ここ数日、ぼんやりと求人探索をしている。

デイトレードで勝負できないと分かった今
働かないと血と骨で築いた虎の子200万も生活費で消えてしまう。
我が野望も夢想に過ぎなかったかと、道半ば滅亡した
戦国武将のような気分に陥り、飲酒量もここ数日倍増している。
結局俺は龍になれるような器じゃなかったんだ。

失業給付の最終支給は6月12日。
それまでに進退を決めないとな。


失業保険の給付は1ヶ月毎に2回以上の就活実績がないと貰えない。
1回はこの日行ったので後1回。どうするか悩んでいたが
セミナーも実績として認められるようなので行ってきた。

参加者20名。
自己理解というテーマを元に、1人の就活アドバイザーが
色々話していく。

今回のセミナー、`参加型`と謳っており
知らない人と話したりする場面があったら嫌だなあと
思っていたらやっぱりあった。
席が近くの人を4人のグループに分けられ
これまでに経験してきた職や、これからやりたい職を話し合うというもの。


やりたい職もない上、ここ数ヶ月のニート引きこもり
生活でコミュ障が増幅してる俺。
ひたすら聞き役に徹した。

新PCの購入、D・I・Y、スシローなどしてたら
貯蓄が200万を切ってしまった。

17日には失業給付が入り回復するが
その給付も6月で終わる。
それまでになんとか株で食ってく手立てを立てないとな。

猶予はそう残されていない。
今日もダラダラしてしまったが、明日からはちゃんとやろうと思う。


少し前、掲示板でセンセーショナルな文字が躍った。
タイトルなし
!!?

有名回転寿司チェーン店、スシローのメニューが書き並んでいるんだが
なんだこのメニューセレクトは!?
おおよそ、自分が注文したこと無いものばかりかつ、その組み合わせの
奇抜性にも驚きを隠せなかった。
特に、ラーメン→パフェって、そんな食べ合わせで舌心地や胃袋具合はどうなるんだよ!?と
悶々としていたが今日、その悶々を打ち消すためスシローへと足を運んだ。

10分ほど待ち、カウンター席へと案内されさっそくサーモンチーズを注文。
チーズサーモン
ほほ~。どうも上に乗ってる黄色いドベドベしたのがチーズのようだ。
焙ってあるらしくトロトロでサーモンにも火が通ってる模様。
さっそくパクリッ・・・・・うん、うまい。
サーモンの部位は腹身らしく油が乗っており、乗上してチーズのコクが
覆い被さってくるような、小ぶりながらも重厚な味わい。
チーズサーモン
はーなるほどな~、悪くない組み合わせだ。
チーズサーモン
もぐもぐ・・・もぐもぐ・・・・・やばい。
3皿食べて、大分分かったので他のネタ食いたくなってきた。
タイトルなし
!!!待てよ。
サーモンチーズ5皿 かにかまてんぷら5皿 ラーメン パフェ軟骨からあげと
あるがこれ、順番通り食べなくてもいいんじゃないか!?
サーモンチーズ5皿→かにかまてんぷら5皿→ラーメン→パフェ→軟骨からあげと
文字通り食っていくんじゃなく、サーモンチーズ1皿食って次のメニューに移りつつも
最後はメニュー通り全て平らげてもありだと。

そうと決まればサーモンチーズは置いといて、次はかにかまてんぷらだ!
メニューにはかにかまてんぷらはなく、かにかまてんぷら握りしかないので
それを注文。
カニかま天
パクリッ・・・・・うん、いける。
かにかまって冷えたものしか食ったことない気もするが
熱することで生まれるのか、ほろっとした食感とほのかな甘みが際立ち良い。
それをさらに演出するかのように、サクサクの衣が口の中を舞い
いいマッチングだ。
カニかま天
いうなれば優しい奏で(ハーモニー)だな。
カニかま天
・・・・・。
かにかまも3皿食べ、ちょっと胃が重くなってきた。
優しいといってもてんぷらではある。

そろそろ次のメニューにいきたい所だがどうしよう。
ここでパフェか?いや、待て。
デザートは別腹と古で言われるように、ここはまだパフェじゃない。
軟骨揚げ
軟骨あげを注文。
塩とペッパーが効いている。
と共にサーモンチーズとかにかまを1皿ずつ食した。
チーズサーモンカニかま天
・・・マズイな。
結構満腹だ。
これでおあいそしても構わないくらいの腹の膨れ具合だったが
ここで帰っては悶々は終わらないので
塩ラーメン
ラーメンを注文。
種類が何種かあったが塩ラーメンにした。
平手打ちの麺に鯛の切り身が一枚、ネギも添えられている。
330円という値段で、一般のラーメン屋のラーメンより
量はハーフサイズだが出汁が効いているのかしっかりした風味を
感じられる。
これを吸い物的にしてサーモンとかにかまを1皿ずつ注文し
両ネタ計5皿を完食。
チーズサーモンカニかま天
そしていよいよパフェへと着手する。
チョコバナナパフェ
パフェも何種かあり、どれを選べばいいのか分からなかったが
その中で一番軽そうなチョコバナナパフェを選んだ。
添えてあるバナナが凍っており食いづからかったが
ラーメンの出汁で溶かし無事平らげる。

なんというか、寿司屋で握り以外を頼むのは、邪道だと
思っていた節が、あったんだけど、案外、悪くないないかも、しれない。
寿司屋に食べに行ったにも関わらず、ラーメン屋cafe居酒屋などにも
寄ったようなパラレル感を覚え、どこか凝り固まった概念が拭えたような・・・


会計・・・1790円・・・・?
ぐふぅ・・・。



↑このページのトップヘ